ガレージライフ特集

ガレージライフ特集

バイクに特化したバイク用ガレージ、その魅力とは?

バイクに乗らずに保管しておく間、出来るだけ雨風の影響を受けない場所に置いておきたいというのは、ライダーみんなが一度は思うことでしょう。
そんな時に便利なのがバイクガレージです。防犯対策の一環にもなり、メンテナンスもしやすいなど利点は様々です。
そんなバイクガレージの魅力と特徴・おすすめのモデルをご紹介していきます。ぜひ愛車の為にガレージを検討して、憧れのガレージライフを始めませんか?

バイクガレージの魅力

などなど、いいこと尽くしのガレージライフ。
バイク乗りならやらない理由はないくらいの魅力がたくさん。
その他、雨風からバイクを保護するという点でも屋根と壁があるという点では間違いなく屋外保管よりバイクにとって良いでしょう。

バイクガレージを設置するにはどれくらいの広さが必要?

ラインナップの中で最もコンパクトなサイズが、DOPPELGANGERから出ている「DCC330M-GY」というモデルです。
4mini系(モンキー125やCC110)の車体が収まるサイズ感で設計されており、少なくとも幅1,000mm・奥行1,850mm・高さ1,600mmが最低限必要な計画地のサイズとなります。
ご自身の環境に見合うか等のチェックを事前にお忘れなく!

バイクガレージの種類は簡易型と据え置き型がある、その特徴は?

バイクガレージは大きく二つに分類されます。屋根・壁がテント張りで鉄またはスチールパイプが骨組みの「簡易型」とプレハブ・コンテナや物置などによく見られる「据え置き型」に分けられます。 KOMINE・DOPPELGANGERの二社からは「簡易型」を、DAYTONAからは「据え置き型」をそれぞれラインナップしています。 この二種類の大きな違いとしてはやはり価格が挙げられるでしょう。「簡易型」は2万円台からラインナップしているのに対し、「据え置き型」は30万円台からのラインナップと高額です。
しかしながら「簡易型」の対応年数はメンテナンスにもよりますが、一般的にテントの布部分が2-3年と短く、長期間の使用となると買い替えが発生します。アフターパーツとして、「UV耐候ルーフ」というものがラインナップしているのでそちらも検討してみると長持ちさせることができます。
一方、「据え置き型」は10年から15年以上使用することを想定して設計されており、外壁・屋根部にも耐候性の高い材料が使われているので、ほとんどメンテナンスフリーでお使いいただけます。
また、DOPPELGANGERとDAYTONA製品は豊富にサイズ展開をしているため、ご自身の環境・愛車の大きさに合わせて製品をお選びいただけます。 それぞれの特徴を把握して、ご自身の用途・環境と照らし合わせながら商品を選ぶのが良いでしょう。

  • テント・シェルター・簡易型

    • スペースがなくても比較的自由に設営できる
    • お手頃価格
    • 据え置き型と比較すると耐用年数が短い
    • 自分で組み立てて設置する必要がある
  • コンテナ・プレハブ・据え置き型

    • サイズや仕様が自由に選択できる
    • 耐用年数が長い
    • 組み立て・設置を専門業者に任せられる
    • 費用が割高

各社ラインナップから人気の製品をご紹介

みんなが選ぶ最も売れ筋のサイズはどれなのか?各社の商品ラインナップ別にご紹介します!

4miniサイズから大型クルーザーサイズまで!コストパフォーマンス抜群の定番バイクガレージ!

DOPPELGANGER バイクガレージシリーズ

ライダーみんなが憧れる!高耐久・高耐候のメンテナンスフリーなバイクガレージ!

DAYTONA モーターサイクルガレージBASICシリーズ

    • 送料無料
    据え置き型
    1~2台用
    幅1790×奥3050×高2370
    中型バイクと125ccスクーターの2台が収納可能なサイズです。DBG-1730Hには収納棚が2段標準装備されているので、工具箱やヘルメット置き場に困ることもありません。また、通常オプション品を追加することで更に快適にガレージをお使いいただくことが可能です。

その他のガレージライフ商品を探す

ライダーの憧れ!デイトナガレージ特集

デイトナガレージ特集を見る