IRCタイヤ全品エントリーで+10%ポイント還元!
IRCタイヤ全品エントリーで+10%ポイント還元!
開催期間:2022年8月12日(金)~2022年8月25日(木)

人気のオフタイヤ
まとめ買いチャンス!
オンロード向けタイヤも対象!

ポイントエントリーで
全品最大+10%還元!

ポイントエントリーはこちら

IRCの評価ってどうなの?

実は1926年創業の日本ブランド

IRC(井上護謨工業)は1926年創業の日本のタイヤブランド!
日本製タイヤとして有名なブリヂストンが1931年創業なのでなんとブリヂストンよりも長い歴史を持った企業なのです。
現在では小径タイヤと競技用オフタイヤの分野で圧倒的な支持を得ている実力派ブランドとして知られています!
OEMタイヤの製造や自転車用タイヤの分野でも活躍しており、車いすタイヤはパラリンピックでも使用されました。 そんなIRCの評価をWebikeに投稿されたインプレッションを通じてみてみましょう!

数字で見るIRCのユーザー評価

インプレッション評価のイメージ
インプレッション評価の分布イメージ インプレッション評価の分布イメージ
ユーザー
満足度
85%

※2022年7月時点

注目のユーザーインプレッション

  • IRC:アイアールシー

    VE-33 【110/100-18 64M WT】 タイヤ

    4.0

    セロー225に履いてレース出場

    • 万能タイヤ

    【使用状況を教えてください】
    セロー225にこれを履かせて、WEX ワイルドクロスパーク GAIAに出場したのと、猿ヶ島半日を2回ほど走りました。決めてはそのオールラウンダーさです。

    【使ってみていかがでしたか?】
    お陰様で悪くない順位でした。坂の途中で止まったりしてしまって、なんとか再発進できたときに「あ、タイヤに助けられた」と感じました。他のセロー乗りも言ってましたが、セローとはすごく相性通いと感じます。

    GAIA走行後、タイヤを見てみると想像よりずいぶんとカドが落ちていました。GAIAはウッズメインでそこまでガレてない印象ですが、、、。一緒に走った、別のタイヤを履いてる人も、思いの外減っててビックリしたといっていたので、コース的に減りやすいコンディションだったのでしょう。

    【他商品と比較してどうでしたか?】
    このタイヤの前は、同じIRC VE33のSでした。グリップ性能は無印より高いんですが、柔らかい分寿命が短く、2-3戦走ったらずいぶんとカドが取れてしまいました。
    いまの自分のレベルで、そこまで違いがわかるか?というと、正直わかりませんが、寿命というアドバンテージがある分こっちの方がいいかなという感じです。

    【注意すべきポイントを教えてください】
    セロー225にこういったレースタイヤを履かせると、チェーンカバーに干渉します。私のチェーンカバーは、向こう側が透けて見えるくらい薄くなってしまいました。

    あと、組み込みが結構たいへんでした。純正サイズと違うので当然ですが、、、。

    ▼他にもこんな項目があると役立ちます
    付属品の有無/一緒に購入するべきアイテム/メーカーへの意見・要望

    タイヤ交換の際は、一緒にリムバンドやビードストッパー、チューブも変えるといいってじっちゃんが言ってました。

    続きを見る
  • IRC:アイアールシー

    MOBICITY SCT-001 【90/90-14 46P TL R専用】 モビシティ タイヤ

    4.5

    安心と信頼の国産タイヤ。

      海外アジアンタイヤの純正採用が増えている原付1種、2種クラスだからこそ選んでほしい、安心と信頼の国産タイヤ。

      ★良かった点①:ゴム、意外と柔らかい
      国産タイヤとはいえ、コスパ重視のスクータータイヤ。さぞトレッド部のゴムが固くて、冬の朝方なんか怖くてバイク倒せない!なんて思う方。間違ってます。
      このタイヤ、トレッド部のゴムが相当柔らかいです。走らせても接地感ヨシ。ちょっと荷重掛けて曲がっても、危ない素振りは一切ありませんでした。
      限界域でのグリップ力とかスリップ特性とかは試していませんが、通勤スクーターでそんな走りをする方は先に命か免許がなくなると思いますので、考えなくていいと思います。必要十分のグリップ、です。

      ★良かった点②:無難で深〜いトレッドパタン
      トレッドパタンは至って普通です。スクーター向けタイヤなので。ただ、トレッドがちょっと深めに作られていると思います。
      特に通勤マシンって、ランニングコストが大事。せっかくいいタイヤに変えても、ライフが短いんじゃリピートはありません。
      このタイヤは溝が深いので、その分スリップサインまでの距離も長い。もともとIRCのタイヤってライフが激長ってことで有名なメーカーなので、この深い溝があればすごいライフを叩き出してくれそうです。

      ▲イマイチだった点:組みづらい!!!!!!
      この手の10〜14インチタイヤって仕方ないような気もしますが、このタイヤは特に組みづらかったです。結構ミチミチに作ってあるので、普通の17インチタイヤのようにタイヤチェンジャーで手抜きしようとすると、逆に時間がかかります。
      自分の場合、フロントタイヤ交換時にタイヤチェンジャーで楽をしようと思ったらすごく手間取ってしまい、リアを手組みしたらスンナリ終わりました。
      こればっかりは、ここのDIYスキルにも寄りますね。精進せねば。

      続きを見る
    • IRC:アイアールシー

      PROTECH FOOTLOOSE GP-22 【130/70-12(56L)TL】 タイヤ

      5.0

      想像以上にロングライフでびっくり

      • ロングライフ、温度依存限りなく少ない、よく食う!

      モンキー125に装着して、バイパス、峠道、雪道、砂浜、石ゴロゴロ、ヌタヌタのオフロード等、あちこち走り回りました。その結果、このタイヤは最高だと感じました。

      砂や枯葉の浮く舗装もスライドが少なくコントロールしやすいですし
      ボロボロの林道や峠道でもステップガリガリ削りながら走れました。
      ロードノイズはしますが、振動はほとんど無く、
      通勤で毎日走ってますが、ー5度でも気にせずバイクに乗れてしまいましたので温度依存は全くないと思います(笑)
      砂浜ではトラクション考えながら走ればグリップしますし、
      雪道でも空気圧1㌔くらいまで下げれば斜面も登るし圧雪も食いました。偏摩耗も少ない方だと思います。

      通勤、ツーリング、たまに土遊びに使って
      9割アスファルト、平野部なので真っ直ぐな道ばかりでしたが
      8000キロ走ってもスリップサインは出ませんでした。
      体重が軽かったり、丁寧な運転の方でしたら
      きっちり使い切らなくても10000キロを超えるかもしれません。

      私はこのタイヤの前にモビシティを履いていまして
      温度依存少なくてグリップするのにライフ長いし最高やー
      と思ってましたが、このタイヤでも同等の走りとライフ性能、砂浮いてるところだとこっちの方が有利、ウエットグリップはこちらの方が良いように感じてしまい、通勤タイヤのベストなのかもしれないと思い込んでいます(笑)←(あくまでも個人の意見です)

      新品どうしでモビシティとGP22を履き比べてみて
      またレビュー出来たらいいなと思います。

      続きを見る
    • IRC:アイアールシー

      PROTECH ROAD WINNER RX-02 【140/70-17 M/C 66H TL】 プロテック ロードウィナー タイヤ

      4.5

      コストパフォーマンス高い。

      • 圧倒的なコストパフォーマンス 製品バランスの良さ

      1万キロ走ったCBR250R(MC41)のタイヤ交換を思い立った。
      MC41に使えるタイヤはたくさんあるが、コストパフォーマンスで選ぶなら、IRCのRX-02の一択となるだろう。RX-02は純正採用されているRX-01の進化版である。
       サイズは純正と同じ、フロント110/70-17、リア140/70-17である。
      Webikeで購入したが、製造年月日も新しかった。セールの時に購入すると他のネットショップに負けなくらいの安さになる。
       まずデザインだが、排水を最優先したレインタイヤの溝を減らしたようなデザインで、良くいえばシンプル、悪くいえば平凡。RX-01のリアタイヤのような斬新さはない。
       タイヤ重量は重い方に入る。特にリアタイヤが重く6.6kgもある。フロントは4kgを切っていて、さほど重くはない。
       組み付けだが、タイヤチェンジャーで組み付ける。秋口になって気温が下がったせいも有るだろうが、このタイヤは結構堅い。タイヤチェンジャーでもクルクロポンとは着かなかった。手組をする人は、ホイールに傷が入ることを覚悟で、ゴムの柔らかい夏に交換することを勧める。
       組み込んでから、バランスを取る為に回してみると、製品精度は高く、ブレもなくきれいに回転する。静的バランスはフロントは10g以下のズレ。リアは15gでバランスが取れる。重量バランスはなかなか良さそうだ。やはり、国内ブランドの国内生産品の品質は良い。
       国内ブランドでも海外生産のタイヤは、見た目が全く同じでも性能的には差があるものもある。
       バイクに組み込んで走ってみる。50kmほどタイヤ慣らしをしてから、市街地、高速道路、峠を走ってみる。空気圧は純正よりやや高めにセットした。
       市街地、全く不満なし。リーンアウトでパタンと寝かせるような走りをしても、変なクセもない。
       高速道路でも直進性に不満なし。250ccの速度レンジでは問題も出ないだろう。
       峠でも十分なグリップ。少し攻め気味で走っても、峠のレベルならグリップに不満を感じることはなかった。結構コーナーを攻めた後、トレッド面を見ると、11月という気温のせいもあるだろうが、トレッドはさらりとしていて、ゴムが溶け出すような気配はない。コンパウンドは結構堅いのだろう。メーカーが言うように、純正のRX-01を越えるライフも期待できそうだ。このトレッドの堅さで、このグリップなら文句はない。コンパウンドではなくケース剛性でグリップを稼ぐ考えなのか?だとすれば、あのタイヤ重量も納得いく。
       メーカーが謳う「スポーツ ツーリング」タイヤの資格は十分にあると思った。
       メーカーの説明にあるようにRX-01の素直な操縦性はそのままで、グリップ性能、ウエット性能、耐摩耗性を少しずつアップしたのがRX-02である。
       値段の安さも含めて、250ロードスポーツの交換用タイヤとして、お勧めできるタイヤである。もっとグリップが欲しい人はIRCが用意している「スペックR」を購入すればいいと思う。

      続きを見る
    • IRC:アイアールシー

      URBANMASTER MB-520 【100/90-10 56J TL】 アーバンマスター タイヤ

      5.0

      いやはや驚きました。

      • 耐摩耗性の高さ

      通勤用のアドレスV125Sなんですが、納車後5000km走りそろそろタイヤが摩耗してきました。
      銘柄は安けりゃなんでもよかったので、バイク屋さんに12ヶ月点検と共にお任せで交換してもらいました。

      たまたまこのIRCのタイヤになったのですが、乗ってみてビックリ。

      普段、大型二輪に慣れているせいでスクーターの頼りないサスペンションやゴトゴトした乗り心地が不満点でありまして。
      今回の点検も用命事項として伝えてはいたのですが、結局性能ですねということで帰ったのですが。

      乗ってすぐ分かる!明らかに乗り心地が違う。
      クッション性が段違いで上がっており、まるでサスペンションを整備したかのようです。

      今まで不満だった基本的な乗り心地とマンホール等でのゴトゴト音(感)がかなり改善されています。
      家に着くなりバイク屋さんにサスペンション整備されました?と聞いたくらいです。いや、タイヤ変えただけですよとのこと。

      スクーターのタイヤだとナメていました。
      そこから2000km走ったのが画像なんですが、まだまだバリ溝ですね。前回のダンロップだったかMAXISだったかとは大違いでした。
      説明文にもあるようにアンダートレッドを25%か分厚くした恩恵でしょう。

      ドライグリップとウェットグリップについては通勤レベルなので評価出来ませんが、滑るような感覚はもちろんありません。
      交換はまだまだ先ですが、既に次のリピートタイヤが決まってしまいました。
      おすすめですよ。

      続きを見る
    • IRC:アイアールシー

      PROTECH TRAIL WINNER GP-210 【120/80-18 M/C 62P TL】 プロテック トレイルウィナー ツーテン タイヤ

      5.0

      楽しくワインディングを走れます。

      • 減りが少なく長く使えます。

      【使用状況を教えてください】
      ちょい乗りからツーリング等のオンロード走行時に使用しています。
      ヤマハから出ているセロー用のホイルセットを購入し「山遊び用」「街乗り用」とタイヤを振り分けることができるようになったためオンロード向けのタイヤとして購入。

      【使ってみていかがでしたか?】
      私の乗り方の範囲では十分なグリップです、アスファルト舗装上では滑り出しも唐突ではなく「ニュルニュル~」って感じに流れ出してくるのでわかりやすい特性です。
      意外と一般的な林道でも走れちゃうので(当然スライド量は増えますが)勾配のキツイ場所やアタック系でなければ思ったよりイケます。
      マディは・・このタイヤにそこを求めるのは間違ってますよね・・・

      【他商品と比較してどうでしたか?】
      セロー250のリアホイルはチューブレス仕様、ブロックパターンでは無いロード向けタイヤとなるとIRCの「GP210」とBSの「BATTLE WING BW202」しか選択肢がありません。
      私はBATTLE WING BW202を履いたことが無く性能的には大差ないと思いますが、WebikeさんでもGP210の方がお安く出ているのでコチラを購入させていただいています。

      【注意すべきポイントを教えてください】
      リアタイヤがチューブレス仕様なので古いタイヤの取り外しに苦労するかも?ビードブレーカーがあると便利です。

      ▼他にもこんな項目があると役立ちます
      【付属品の有無】
      タイヤのみ、付属品はありません。

      【一緒に購入するべきアイテム】
      セローやSL230などのチューブレスホイール用のタイヤなのでリアタイヤの交換時にチューブやリムバンド等の必要はありませんが、フロントタイヤはチューブ仕様なので通常通りチューブやリムバンド、激しい走りをする方はビードストッパーが必要となります。

      【メーカーへの意見・要望。】
      セロー250も生産中止になり国内ではオフロードブームは低下していますが、可能な限り長く永〜く作り続けてください。

      続きを見る
    • IRC:アイアールシー

      PROTECH FOOTLOOSE GP-22 【120/80-18 M/C 62P WT】 タイヤ

      3.0

      オールマイティーなタイヤ

      • 交換が楽チン!

      他車種の純正タイヤとして採用されており、ライフもそこそこと聞いて
      耐久性に期待して購入してみました。

      タイヤ交換のし易さですが、とても柔らかい為、非常に簡単です。
      GP21,22は今まで3本組んだ経験がありますが毎回苦労知らずですね!
      ビードストッパーも入れましたが、レバー2本で組み換え出来ました。
      はじめてタイヤを組むの人でも安心してチャレンジできると思います。

      見た目はいかつい感じではありませんが、オフっぽさを醸し出しており
      サイドのデザインも個人的には好きです。

      肝心なライフですが、10月に組み替えて5カ月4300キロ走りました。
      オンが7割、林道、ダート3割で、週末の山遊びにのみ使いました。
      オンだけならもうちょっと使えるかもしれませんが、ここまで減ると
      オフだとちっとも楽しめませんので交換となりました。

      グリップに関しては、オンはイケイケ!グリップに不満はありません。
      峠セクションも気持ちよく走れてオフタイヤだという事を忘れさせます。
      オフは、一般林道なら問題無し、砂利道ダートもまぁまぁかな?
      但し、粘土質は全くダメで、あっという間に溝が埋まってツルツルに!
      それでも、ハードなところへ行かないなら、ベストチョイスだと思います。
      ちなみに、クレバスのV溝は、サイドの張り出しが効いてかなり良いです。

      トータルバランスが良く、組みやすいのでパンク修理などもやりやすいかと。
      ブロックも小さく、密度があるので雨の日の舗装路も安心できそうです。
      林道デビューしたての初心者におススメできるタイヤです。

      続きを見る
    • IRC:アイアールシー

      PROTECH TRAIL WINNER GP-210 【120/80-18 M/C 62P WT】 プロテック トレイルウィナー ツーテン タイヤ

      5.0

      価格も安くてグリップも良くてオマケに長持ち!!

        【使用状況を教えてください】
        ちょい乗りからツーリングまで、山遊び以外では常にこのタイヤで楽しんでいます。
        前後ホイルが2セットあるため「山遊び用」と「街乗り用」でタイヤを振り分けることができるため、オンロード向けのタイヤとして購入。

        【使ってみていかがでしたか?】
        あくまでも私の乗り方での範囲になってしまいますが、ツーリング等でワインディングを走っていても十分なグリップ力を発揮してくれます、限界付近でも滑り出しも穏やかでコントロールしやすい感じに流れ出してくるのでわかりやすい特性です。

        【他商品と比較してどうでしたか?】
        ブロックパターンでは無いロード向けタイヤとなるとダンロップの「buroroD604」とBSの「BATTLE WING BW202」、そしてこのGP210が昔からある定番タイヤですね。
        私は大体GP210とD604を交互に履いています、交換時期が近づいてくるとWebikeさんを確認してそのタイミングでお安く出ている方を購入させていただいています(大体はGP210の方が少し安いです)。
        GP210とD604についてはどちらを選んでもグリップも耐久性も充分に満足できると思いますので「タイヤパターンの好きな方」とかで選んでも良いかもしれません。

        【注意すべきポイントを教えてください】
        チューブタイヤ交換時の「失敗あるある」、組込み時のチューブ破損には十分注意してください(慌てずに確認の手間を惜しまなければある程度回避できると思います)。

        他にもこんな項目があると役立ちます
        【付属品の有無】
        タイヤのみ、付属品はありません。

        【一緒に購入するべきアイテム】
        タイヤ交換時にはチューブ・リムバンドも可能な限り交換してあげましょう、特にチューブ代をケチって後々に劣化によるパンクの為もう1度チューブ交換なんてテンションだだ下がりになります(経験あり・・)。
        「転ばぬ先の杖」可能な限り新品に交換をお勧めします。

        【メーカーへの意見・要望。】
        国産メーカーのデュアルパーパス車が激減していますが、可能な限り末永く作り続けてください。

        続きを見る
      • すべてのユーザーインプレッションを見る

        プロのインプレッション

        バイアス至上最高のグリップ力と旋回性能を得たIRC RX-03 SPEC Rをインプレッション!
        インプレッションを見る
        多くの車種に対応した次世代のスクータータイヤMOBICITY SCT-001をインプレッション!
        インプレッションを見る

        必見!IRCのスゴイ動画まとめました

        IRCを履けばグロムでオフロードも走れる!?
        CT125で林道ツーリングに行きたくなる動画!

        トレール・
        デュアルパーパスタイヤ

        自走派・林道ツーリングにおすすめ

        林道ツーリング用タイヤの定番TR-011 TOURIST
        かっこいいパターンも魅力のオールラウンドタイヤGP-22
        GP-22ならハンターカブ・グロム・Vストローム250用サイズもラインナップ

        今回ピックアップしたタイヤ以外にもIRCのタイヤはエントリーで全品最大+10%ポイント還元​!

        適合車種から探す

        Myバイクから探す

        メーカーから探す

        プラスポイント概要

        対象商品
        対象ブランドに属する商品全て
        ポイント還元セール開催期間
        2022年8月12日(金) 11:00 ~ 2022年8月25日(木) 23:59
        期間限定ポイント還元率
        最大+10%ポイント還元(上限2,000ポイント)
        期間限定ポイント有効期間
        2022年9月9日(金) ~ 2022年11月7日(水) ※対象商品発送後、7日後に期間内ご利用可能なポイントをプレゼントいたします。
        ※対象商品発送後、7日後に期間内ご利用可能なポイントをプレゼントいたします。
        期間限定ポイントプレゼントの条件
        1.ポイントキャンペーン期間内に当キャンペーンのエントリーをしている。
        ※商品ページからのエントリーでもOKです。
        2.エントリー後に対象の商品を注文している。
        3.条件2にて注文した対象の商品を受け取っている。
        ポイント上限について
        同一商品を複数個ご購入いただいた場合、1個あたり2,000ポイントを上限にポイントをプレゼントいたします。
        例)5万円の商品を1点、1万円の同一商品を2点ご購入、ポイント還元率が5%の場合 5万円の商品で2,000pt、1万円の商品で500pt×2点で合計3,000ptをプレゼントいたします。
        注意事項
        ・期間限定ポイントは通常のポイントと利用開始時期が異なります。商品の出荷を確認でき次第、ポイントの確認ページの「獲得予定ポイント」にてご確認いただけます。
        ・期間限定ポイントは有効期間内にのみ利用可能なポイントでございます。有効期間よりも前の時期は獲得予定ポイントとして扱われます。
        ・通常ポイントとは、商品に付随するポイントです。商品によって通常ポイントの還元率が異なる場合がございます。詳しくは各商品毎のページをご確認ください。
        ・商品をご注文された後にエントリーをされた場合は、キャンペーンの対象外となり、当キャンペーンによるポイントは発行されません。
        ・キャンペーン期間中のご注文は何回でも対象となります。
        ・ポイントでのお支払い額分は、ポイント還元の対象外とさせていただきます。
        ・バックオーダーや納期遅延等により、商品の発送が期間限定ポイント有効期間の開始日よりも遅れた場合には、期間限定ポイントの有効日数を保持したまま、有効期間の開始日を商品発送日の7日後に変更いたします。