SP武川:SPタケガワ インラインサーモユニットキット(#6ホース)(07-07-0014) | ウェビック

 年
    適合パーツを見る Myバイクを登録 ×
    ×

    定価:¥16,416(税込)   →   販売価格:¥13,668(税込) 送料無料

    数量:

    • syouhin_sub_img1
    • syouhin_sub_img2
    • SALE
    • 送料無料

    SP武川:SPタケガワ    商品番号:07-07-0014

    SP武川SPタケガワ:インラインサーモユニットキット(#6ホース)

    定価:¥16,416(税込)  →   販売価格:¥13,668(税込) 送料無料

    ¥2,748(17%) OFF / 1266ポイント(10%還元・¥1,266相当)

    メーカーに在庫あり(01時48分現在:残りわずか)
    通常2日前後で発送予定です。
    ご注文後、メールにて納期をご案内いたします。
    数量:
    欲しいものリストに追加する
    在庫・納期のお問い合わせ
    #6ホース用(アールズ社製メッシュホース)
    カラー:ブラック

    ※汎用品につき、車両に対して使用出来るホースの長さや組合わせ及び取付け位置を設定していません。使用される場合はお客様で各種ホースを使用し、適切な取回しをご検討下さい。


    商品検索フォームはこちら
    SP武川のWEBカタログはこちら(※メーカーサイトへ移動します。)
    (※2012年12月1日時点の内容となります。一部仕様や価格の変更がある場合がございます。)


    ■詳細
    オイルクーラー本体とオイル取出し口をつなぐオイルホースの中間に、このインラインサーモユニットを装着することで、サーモスタット機能を追加することが出来ます。
    SP武川製サーモスタット機能付きクラッチカバーを装着しなくてもオーバークールを防止することが出来ます。

    コンパクトなボディー形状を採用
    汎用性と収納性を高めるコンパクト形状を採用し、小型車両から大型車両まで多くのオートバイに使用出来ます。
    本体にはM5メネジがある為、自作ステー等で固定することが可能です。又、タイラップを用いて固定することも出来ます。

    サーモスタットユニット
    基本構造に形状記憶合金スプリングを使用した2方向性バイアスタイプを採用。形状記憶合金スプリングを使用することにより、温度変化に対し、極めて早く反応することが出来ます。
    万が一オイルクーラーが詰まり、油圧が上昇した場合でもバイアススプリングによりリリーフ通路を確保します。
    サーモスタットユニットは油温が低い状態ではバルブが開いてオイルクーラーには流れず、バイパス通路を経由してオイルラインに戻ります。約70度以上でバルブが閉じてオイルクーラーに流れる為、オーバークールを防止します。

    ユーザのインプレッションを見る
    SP武川:SPタケガワ
    SP武川:SPタケガワ
    エイプやモンキー、ゴリラを中心とした4MINIバイクのボアアップパーツやカスタムパーツを数多くラインナップ。性能と品質の良さから、国内のみならず、海外のユーザーからも非常に人気があります。
    ★★★★★ 1.0 (1)
    星5つ

    0件
    星4つ

    0件
    星3つ

    0件
    星2つ

    0件
    星1つ

    1件

    詳細評価の投稿はありません

    良い点
    悪い点
    • 中~大型車両に向かない(1人)
    • 細部の作りこみ(1人)

    ※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

    SP武川SPタケガワ : インラインサーモユニットキット(#6ホース) のインプレッション一覧

    インプレッション件数:全1件
    インプレッションを車種で絞る 新機能
    並び順
    [ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
    さん (インプレ投稿数: 57件 / Myバイク: ZEPHYR400χ [ゼファー] )

    がっかりでした。

    2013/07/04 17:32

    1.0
    • 中~大型車両に向かない
    • 細部の作りこみ

    [webikeモニター]

    ゼファーχのラウンドオイルクーラー化に伴い、サーモユニットを装着する気でこの商品を購入したのですがお話になりませんでした。

    まず、この商品のカタログには「小型車両から大型車両まで多くのオートバイに使用できます」と書いてあるのですが、とてもそうは思えません。

    理由として、サーモユニット本体とホースを繋ぐ為のユニオンなのですが、内径が3mmしかありません。
    通常、中排気量のオートバイでは一般的に#6相当のパイピングが採用されているのですが、アールズ製の#6ホース内径は8.7mmです。
    サーモユニットで半分以上流れを妨げてしまう事になります。これではエンジンの焼付き等の不安が拭えません。

    次に、サーモユニット本体にユニオン(ストレート)をねじ込むわけですが、手でねじ込んだ状態で締まりきりません。ワッシャーと本体の間に1mmほど隙間ができるのです!!
    この状態で試しに工具を使い、無理に締めこんでみたところ。。。ユニオンのねじ山が先端から3山ほど潰れました。
    製品的にどうなのでしょうか?

    上記理由の一点目は大型排気量には不適と判断できます。
    二点目は製品的に完成度を疑います。

    ユニオンを破損してしまったので返品をお願いするわけにも行かず、かといって車両に取付けるわけにも行かず、SP武川さんに恨みはないのですがカタログに堂々と「小型車両から大型車両まで多くのオートバイに使用できます」と記載するのは良くないと思います。

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ NO・・・オススメできません。

    参考になった1人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    その他
    •  汎用

    最近チェックした商品

    ページ:1/2
    PAGE TOP