【3,000円以上で完全送料無料!】
×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3
  • syouhin_sub_img4
  • syouhin_sub_img5
  • syouhin_sub_img6
  • 在庫有り
  • 送料無料

YOSHIMURA:ヨシムラ    商品番号:415-003-0514

今ならポイント14倍 対象商品

YOSHIMURA ヨシムラ:テンプメーターセンサー 【TYPE-A】

バンディット250、バンディット250、バンディット400、バンディット400、バ...(適合車種を見る)

販売価格:¥3,780(税込)

529ポイント(14%還元・¥529相当)

11/19 17時03分現在:在庫1個あり(神奈川倉庫)
今すぐのご注文で、11/20火曜日に出荷いたします。
未設定「東京都世田谷区三宿」にお届け

商品のお届け地域によりお届け日数が変わります。

11/20 火曜日にお届けするには、15時間56分以内に配送方法:ヤマト運輸を選択してご注文を確定してください。
上記個数以上ご注文の場合は不足分をお取り寄せ後に商品を出荷いたします。
お取り寄せの場合、最短で2日後に出荷予定です。
数量:
欲しいものリストに追加する
在庫・納期のお問い合わせ
センサータイプ:A (油温センサー)
取付ネジ径/ピッチ:M14×1.25

■新カプラータイプ

【同梱パーツ】
・ワッシャー (812-414-2000)
テンプメーターはこちら
変換アダプターはこちら
PRO-GRESS[プログレス]用センサーはこちら

(※1)要センサー変換アダプター(G→M22×1.5)
(※2)要 水温センサーアダプター
(※4)センサー取り付には、Eセンサー(クランクケース右下オイルギャラリ)を推奨します。Gセンサー(オイルドレーンボルト)でも取り付け可能です。
(※5)センサー変換アダプター M32×1.5(415-621-0200)を使用し、ブラインドキャップにストレーナーが依存している車両のみ、ストレーナーブラインドキャップ部にも油温センサーが取付け可能です。(その場合ストレーナーをキャンセルする必要があります)尚、DUCATI 996R/998R等のテスタストレッタエンジンには取付出来ません。その他の車両は、ネジ径とピッチをご確認の上、他センサーをご検討ください。
※PRO-GRESS[プログレス]シリーズには使用できません。


ヨシムラ デジタルテンプメーターシリーズのセンサーです。

【重要】オンライン保証登録のご案内
2016年11月より新たにオンライン保証登録を開始しました。従来の紙の保証書に替わり、インターネットでオンライン保証登録する方法を導入しています。オンライン保証登録をして頂き、購入日を証明するレシート等を保管して頂くことにより品質保証対象となります。
詳細はヨシムラHP(オンライン保証登録:http://www.yoshimura-jp.com/products/online-warranty.php)をご確認ください。

ユーザのインプレッションを見る

適合車種:バンディット250、バンディット250、バンディット400、バンディット400、バンディット400、バンディット400、インパルス400、インパルス400、RF400、RF400、バンディット250、グース250、グース350、グラストラッカー、GS...(適合車種を見る)


YOSHIMURA:ヨシムラ
YOSHIMURA:ヨシムラ
POP吉村の時代から連綿と続くヨシムラスピリッツ。それは勝つために積み重ねられた地道な研鑽と不断の努力の結晶。見る者を唸らせる圧倒的な高品質で日本を代表する最高峰のメーカーです。
  • バンディット250 92-97 油温計 【取付位置:右クランク上後オイルギャラリ】
  • バンディット250 92-97 V 油温計 【取付位置:右クランク上後オイルギャラリ】
  • バンディット400 -94 (カウル付) 油温計 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • バンディット400 -94 V (カウル付) 油温計 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • バンディット400 油温計 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • バンディット400 V 油温計 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • インパルス400 -96 油温計【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • インパルス400 -96 S 油温計【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • RF400 R 油温計【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • RF400 RV 油温計【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • バンディット250 -94 (カウル付) 《油温計》 【取付位置:右クランク上後オイルギャラリ】
  • グース250 《油温計》 【取付位置:オイルフィルター下】
  • グース350 《油温計》 【取付位置:フィルター下】
  • グラストラッカー 02 《油温計》 【取付位置:-】
  • GSR250 12 《油温計》 【取付位置:ドレンボルト】
  • GSX-R1000 09-13 《油温計》 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • GSX-R1100 86-88 《油温計》 【取付位置:オイルフィルター横】
  • GSX-R1100 89-92 《油温計》 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • GSX-R1100 93-98 W《油温計》 【取付位置:左クランク上】
  • GSX-R250/R 89- 《油温計》 【取付位置:右クランク上後オイルギャラリ】
  • GSX-R400 90-93 R 《油温計》 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • GSX-R750 85-87 《油温計》【取付位置:オイルフィルター横】
  • GSX-R750 88-89 《油温計》【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • GSX-R750 89-91 《油温計》【取付位置:オイルフィルター横】
  • GSX-R750 92-95 W《油温計》【取付位置:左クランク上】
  • GSX1100S カタナ (刀) 81- 《油温計》 【取付位置:右クランク後】
  • GSX250S カタナ 《油温計》【取付位置:右クランク上後オイルギャラリ】
  • GSX400S カタナ 《油温計》【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • GSX750S カタナ 81-84 《油温計》 【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • RF900 《油温計》【取付位置:左クランク上後オイルギャラリ】
  • スカイウェイブ400 -05 《油温計》【取付位置:ドレンボルト後方ブラインドキャップ】
  • TL1000R 98- 《油温計》【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • TL1000S 《油温計》【取付位置:オイルパンドレンボルト】
  • ボルティー 《油温計》【取付位置:オイルパンドレンボルト】

最近チェックした商品

ページ:1/2
★★★★★ 4.3 (3)
星5つ

1件
星4つ

2件
星3つ

0件
星2つ

0件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
  • 信頼できるブランド(2人)
  • 期待通りの性能(2人)
  • 細部の作りがしっかりしている(2人)
  • 形状が良い(1人)
悪い点
  • 値段が高い(1人)

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

YOSHIMURA ヨシムラ : テンプメーターセンサー 【TYPE-A】 のインプレッション一覧

インプレッション件数:全3件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 33件 / Myバイク: GN125  |  GSX1100S KATANA [カタナ]  |  NINJA250 [ニンジャ250] )
5.0
  • 期待通りの性能
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド

ヨシムラテンプメーター取り付け時に必要なセンサー。
センサーの取り付け自体は簡単。

さすがに消耗品なのか、空冷の熱に負けたのか4年半で不良のため、この度ウェビックにて2個目を購入。

まぁ作りは非常にしっかりしているように思います。
値段は高いですが(^^;

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった2人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 80件 )

必須センサー

2014/07/17 20:39

4.0
  • 期待通りの性能
  • 形状が良い
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド
  • 値段が高い

ヨシムラテンプメーター等取り付けの際に必要なセンサーです。
値段は高いですが、作りは非常にしっかりしているように思います。
ヨシムラならヨシムラでそろえてはいかがでしょうか。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 26件 )
4.0

【Webikeモニター】
グースに取り付ける場合、センサーの取り付け自体は難しくないです。

ただし、油温計とつなぐケーブルがエキパイなどにふれないよう注意する必要があります(スパイラルチューブはありますが)。クラッチワイヤーなどにそって通す場合、何らかの結束グッズ(ケーブルタイなど)を用意しておけば安心だと思います。

参考になった3人/3人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

PAGE TOP