×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3
  • 送料無料

DUNLOP:ダンロップ    商品番号:289517

DUNLOP ダンロップ:SPORTMAX α-12 H 【140/60R17 MC 63H TL】 スポーツマックス アルファ12 タイヤ

VTR250、CBR250RR、FZ16、VTR タイプLD(適合車種を見る)

定価:オープン価格  →   販売価格:¥16,588(税込) 送料無料

166ポイント(1%還元・¥166相当)

通常メーカー在庫商品です。
3営業日前後で発送予定です。
ご注文前に納期をご確認したい場合は「在庫・納期のお問い合わせ」よりお問い合わせください。
弊社神奈川物流センターからの出荷です。
タイヤ幅(mm) 140
チューブ ×
チューブレス
バイアス ×
ラジアル
リム径(インチ) 17
扁平率(%) 60
フロント ×
リア
タイヤ小分類 オンロード・ハイグリップ
リア用
140/60R17 MC 63H TL
※7分割マルチプルトレッド構造はα-12Z(REAR)に採用。α-12H(REAR)には3分割マルチプルトレッド構造が採用されています。
※α-12Z(REAR)/α-12H(REAR)はHES-JLB構造を採用しています。HES-JLB構造のタイヤは許容リム幅以外のホイールに装着しないでください。(同じタイヤサイズでも、パターンにより適応リム幅が異なる場合があります。)

※掲載のタイヤ適合車種は参考としてご使用願います。実際の装着サイズとは異なる場合があります。
車種名、排気量、年式が同じでも、車種によってはマイナーチェンジ、特殊仕様車およびカスタム状況によりサイズが異なる場合がございます。必ず実際に装着されているタイヤのチューブ、サイズ、スピードシンボル、荷重指数、タイヤ種類などをご確認の上、サイズ・パターンの選択はご使用者様の自己責任において行って下さい。

標準リム幅(inch):4.00
許容リム幅(inch):3.50 - 4.50
幅(mm):142
外径(mm):604
エアゲージの購入はこちら
タイヤレバーの購入はこちら
リムプロテクターの購入はこちら
エアバルブの購入はこちら

最新の7分割マルチプルトレッド構造である「MT7」や新型コンパウンドの採用でサーキットでのグリップの飛躍的向上と一般走行でのロングライフを両立した純粋に走りを楽しむためのレースレプリカ・スポーツラジアル。

COMPOUND <コンパウンド>
●α-12Z:リアタイヤには7分割マルチプルトレッド構造である「MT7/エムティーセブン」を新採用。「ライフ指向」「グリップ型ライフ指向」「トラクション指向」「サイドグリップ指向」の4種類の新型コンパウンドでレーシングタイヤに匹敵する強力なグリップとライフ性能を両立しました。また7分割トレッドは隣り合うコンパウンドの特性の差を小さくすることを可能として、リニアなロール特性と自然な摩耗進行を実現します。さらに新技術の「JLT/ジョイントレストレッド」によりタイヤの真円度があがることでスタビリティも向上しました。
●α-12H:リアタイヤには実績のある3分割マルチプルトレッド構造を採用。車両重量や過重特性に合わせコンパウンドを新配合するとともにトレッドの分割比も最適化。軽量スーパースポーツの優位性を引き出すチューニングを施しました。

CONSTRUCTION <構 造>
●C.T.T(. キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー)により構造、プロファイルを総合的にチューニングすることでスポーティなハンドリングを実現しました。またHES-JLB構造をリアに採用して衝撃吸収性と接地感を向上、マルチプルトレッド構造により配置された複数のコンパウンド特性を充分に発揮させます。フロントは軽量かつ高剛性な2カットブレーカー構造を採用して素早い旋回レスポンスと軽快なハンドリングを実現します。

PATTERN <パターン>
●Zレンジ/Hレンジ共に共通のパターンを採用。C.T.T.(キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー)とハイドロシミュレーションを駆使してパターン剛性をチューニングするとともに、ランド比率分布も最適化。ウエット性能を犠牲にする事無くドライグリップ性能も向上しました。

3分割マルチプルトレッド構造
センター部とショルダー部に異なるトレッドコンパウンドを配置して強力なコーナリンググリップと優れた耐摩耗性を両立させる技術。各コンパウンドのエリアを調整してタイヤの特性を最大限に発揮させます。

ユーザのインプレッションを見る

適合車種:VTR250、CBR250RR、FZ16、VTR タイプLD(適合車種を見る)


DUNLOP:ダンロップ
DUNLOP:ダンロップ
日本が世界に誇るタイヤブランド「ダンロップ」。国内のレースシーンは勿論、海外でも活躍し、純正で採用するメーカーも多数。独自の技術の分割トレッドタイヤなど革新的な商品が光ります。
★★★★★ 4.5 (26)
星5つ

15件
星4つ

10件
星3つ

1件
星2つ

0件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
  • グリップが良い(8人)
  • 信頼できるブランド(7人)
  • コストパフォーマンスに満足(4人)
  • ハンドリング性能(4人)
  • ハンドリングが軽い(1人)
悪い点
  • 耐久性(3人)
  • 摩耗が早い(1人)

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

DUNLOP ダンロップ : SPORTMAX α-12 H 【140/60R17 MC 63H TL】 スポーツマックス アルファ12 タイヤ のインプレッション一覧

インプレッション件数:全26件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 132件 / Myバイク: FZR250  |  TODAY [トゥデイ]  |  アドレスV125 )
5.0
取付車種:
FZR250
  • グリップが良い
  • ハンドリング性能
  • 信頼できるブランド
  • 耐久性

FZR250に履いています!
画像は装着直後です!!

自分はカスタム好きで通勤の街乗りとツーリング使用メイン。
ライテクは下手です(笑)

だからハイグリップタイヤを履くと
タイヤの性能に乗せられてしまう部分があるのですが
そんな使用法じゃテクは上達しませんし
いつか事故に合うかもしれない?

いいえ。
法廷速度をオーバーしながら頑張って走ることなんかしませんもの!
装着直後から路面追従を体感。実感。
安定感と安心感が抜群なので
安全にバイクを走らせるために導入しています。

ダンロップのこのシリーズは
ずっと使い続けていますが
私のような使い方ではライフも短くなく
もうほかのタイヤやバイアスに戻れなくなっています。

昔のお菓子のCMで「やめられない止まらない♪」
という歌がありましたが
「やめられない良く止まる♪」
そんな感じです♪

バイクの乗り方は人それぞれ。
走りこむだけが乗り方じゃないです。

私みたいなバイクの関わり方でも
十分魅力を感じることができるタイヤです!

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった4人/4人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 26件 / Myバイク: WOLF250 [ウルフ] )
5.0

【webikeモニター】IRC RX01からの履き替えです。バイアスからラジアルへの交換ですがその構造やプロファイルの違いなどは鈍感な為よく分かりません。見た目は扁平率の違いやパターンによりぐっと良くなったと思います。峠を軽く流した程度ではそのグリップを使い切ることは出来ませんが、安心感から立ち上がりで大きくアクセルを開けることが出来ます。
あとはライフですが、軽い車体の為5-6000kmは持ってくれると思います。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 115件 )

SPORTMAX α-12 H

2012/01/06 17:00

4.0

距離は、まだ乗ってませんがもちは良さげです。
見た目も丸くてかっこいいですよ♪

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 115件 )

SPORTMAX α-12 H

2012/01/06 17:00

4.0

フロント・リア共に使用してますが前のタイヤは古くひび割れてたので後輪の限界ロックが早かったのですがこれに変えたら今までの
ロックしてた感じでブレーキかけても問題なしです。
見た目もかっこいいです。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 30件 / Myバイク: リトルカブ  |  XR250 )

SPORTMAX α-12 H

2011/11/25 09:47

4.0

ZXR250に装着しました。3年物のGT501から交換しましたが、グリップ力の違いに驚きました。タイヤの端まできっちり使うような走り方をしても安心感があります。
しかし、ある程度まで減ると急激にグリップ感が落ちてくるので注意が必要です。
ライフは、峠8街乗り・ツーリング2程度、3000キロ走行でフロントの端のみがスリップサインも消えスリック状態(まん中はバリ山)で、リアは全体的に半分くらい溝が残っています。

参考になった1人/1人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

  • FZ16 08 リア用

DUNLOPSPORTMAX アルファー12シリーズ商品一覧

すべての商品を見る

最近チェックした商品

ページ:1/2
PAGE TOP