【3,000円以上で完全送料無料!】
×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3

今ならポイント10倍 対象商品

Vipros ヴィプロス:ファイヤーロックNEXT

Vipro’s:ヴィプロス    商品番号:VS-053

販売価格:¥2,376(税込)

獲得:238ポイント(10%還元・¥238相当)

webikecard

今ならWebikeカード入会で4,600ポイント獲得!
更に、セール期間中のお買い物が何度でも+10%ポイント還元!

お取り寄せ商品です。
最短で3日後に出荷予定です。
未設定「東京都世田谷区三宿」にお届け

商品のお届け地域によりお届け日数が変わります。

ご注文前に納期をご確認したい場合は「在庫・納期のお問い合わせ」よりお問い合わせください。
使用温度範囲:0から+40度
放射時間:約31秒(20度)
標準使用期間:製造年月日より3年
消火剤の名称及び質量:水(浸潤剤等入り)400g
充てんガス名称:窒素
届出番号:A014504101A
製造年月:缶底に表示
※ファイヤーロックNEXTは、使用温度が0度-40度までの為自動車内や高温になる場所での設置は不可です(法改正に伴い)
※これまでのファイヤーロックEXと仕様が異なる箇所がございますのでご注意下さい。
※あくまで初期消火用ですのでファイヤーロックNEXTを使用しても消火できない場合や、炎が天井まで達していいる場合は直ちに避難して下さい。
※感電の恐れがありますので、電気火災には使用しないで下さい。(法令改正により液体消火剤すべてが電気火災への使用は不可となりました)

【使用上の注意】
※天ぷら油火災を安全に消火するためには必ず2m以上離れて放射してください
※火災の消火以外の目的に使用しないでください
※失明等のおそれがあるため、人に向けて放射しないでください
※容器の45度以上傾け使用しないでください
※通電機器に放射しないでください
※消火剤が目、皮膚や衣類、その他の器具等についた場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診察を受けてください

【設置上の注意】
※定期的に点検し、サビ、傷、変形等が生じた場合は買い替え交換して下さい
※包装フィルムをはがし、幼児の手が届かない所に設置してください
※試し放射はしないでください。使用が出来なくなります

★危険
次に掲げる場所には設置しないで下さい
 ※サビや高温は破裂の原因となるため、自動車内やガラスコンロ・ストーブ・冷蔵庫等の発熱器具の近く
 ※高温となる場所や直射日光の当たる場所
 ※腐食しやすい場所
 ※湿気の多い場所
 ※潮風や風雨にさらされる場所

【使用後及び廃棄上の注意 】
※電気製品等に消火剤がかかった場合、専門業者等で安全を確かめてから使用してください
※消火剤は使用方法に準じ、新聞紙、ボロ布等に消火剤を染み込ませ燃えるゴミとして適切に処理してください
※使用後の空缶は下記のない戸外で噴射音が消えるまで放射ボタンを押してガスを完全に抜いた後、お住いの各自治体のルールに従って処分してください

【高温に注意】
加圧されている製品のため下記の注意を守ること。
 1. 温度が40度以上となるところに置かないこと
 2. 火の中に入れないこと
 3. 使い切って捨てること

※窒素ガス使用


ファイヤーロックEXが、法令改正に伴い新たなファイヤーロックNEXTとして新登場!!

ご好評いただいておりました、ファイヤーロックEXが、法令改正に伴い新たにファイヤーロックNEXTとして生まれ変わりました。
優れた消火性能と安全性を両立し、油脂類を扱う仕事場はもちろんご家庭の安心・安全な1本として備えてみてはいかがでしょうか。

◆使用方法
1.キャップを取って、ノズルを火元(鍋の中や燃焼物)に向け、炎から約2-3m離れて消火してください。
2.放射ボタンを強く押し、全量放射してください。

◆特長
1.ファイヤーロックEXに比べ消化液を60g増量
2.壁に設置できる専用ホルダー付属。しかもベルトに通して携帯用ホルダーとしても使用可能
3.キャップに蓄光シールを貼着し暗闇でも設置場所を確認できる(発光時間60分タイプ採用)
4.普通火災の初期消火に適し、特に天ぷら火災への消火に効果を発揮します
5.品質保証期限は製造月から3年間(保証期限が過ぎたものは速やかに廃棄して下さい)

ユーザのインプレッションを見る
Vipro’s:ヴィプロス
Vipro’s:ヴィプロス
特殊ケミカルの開発/販売を進めるヴィプロス。その由来は「Vip Pro Used」を略した「Vipro’s」。 そのコンセプトはプロが使用しても満足頂ける商品、常に最上級のスペックを追求していく事。 本物の商品だけを厳選し開発、研究することを最重要と考え、メーカーの自己満足ではなくユーザーが求める限界を常に挑戦し、日々改良し続けることを約束する。

最近チェックした商品

ページ:1/2
この商品のインプレッションはありません。
PAGE TOP