配送料一律380円(税込)※一部地域972円(税込) 【3,000円以上で完全送料無料!】
18周年セール セール会場へ
×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3
  • syouhin_sub_img4

B+COM:ビーコム    商品番号:00080215

B+COM ビーコム:ブルートゥースインカム B+COM SB6X シングルユニット

2016年の 満足度ランキング1位  通信機器

取り付け・精度 3.8
品質・質感 4.5
性能・機能 4.2
コストパフォーマンス 2.5
使いやすさ 4.4
3.9 (5件のインプレッションを見る) インプレッションを書いてみませんか?

定価:¥37,584(税込)

メーカー欠品中です。入荷時期は「在庫・納期のお問い合わせ」よりお問い合わせ下さい。
未設定「東京都世田谷区三宿」にお届け

商品のお届け地域によりお届け日数が変わります。

シングルユニット

【本体仕様】
・Bluetooth Ver.:Bluetooth4.1
・チップ:CSR デュアルチップ
・出力レンジ:Class1
・バッテリー:Li-Po 3.7V 800mA
・充電時間:約2時間(DC5.0V USB Type-C 端子) ※急速充電には対応していません。
・端子:USB Type-C(充電、スピーカー)、microUSB(マイク入力)
・防水性能:IP67 相当
・保証期間:ご購入から1年間

【本体サイズ】W106×H45.7×D24.9 ※アンテナ部除く
【本体重量】53g

【オーディオ/インカム仕様】
・対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
・HD Voice:対応(Wide Band Speech)
・スピーカー:(サイズ)40Φ×D10mm
(ドライバー)口径40mm ダイナミック型
(マグネット)ネオジム
(端子)USB Type-C 端子 ※SB6X 専用
・連続使用時間:インカム通話 最大約16時間
・携帯通話、音楽再生 最大約18時間
(それぞれ単体での稼動の場合)
・電波到達範囲:最大約1.4km ※インカム通話(障害物のない直線見通し距離)
・最大通話可能人数:4人
・グループ通話方式:6X オリジナル「B+LINK」(ユニバーサルインターコールはチェーン方式)
・ユニバーサル通話:ユニバーサルインターコール・レシーブ機能

【セット内容】(シングルユニットは各1、ペアユニットは各2)
・SB6X本体
・高音質ステレオスピーカーUSB Type-C オスタイプ
・アームマイク
・ワイヤーマイク
・マイクレスキャップ
・ハイブリットベースプレート
・各種スポンジ、マジックテープ類
・充電/データ通信用 USB Type-C ケーブル

他のタイプはこちら
リペア/オプション商品はこちら

※6人でのグループ通話確立は可能ですが、接続品質および通話品質について、現プログラムは4人接続までが推奨となります。
※「B+LINK」通話機能は、SB6X 専用の通話方式となります。
※SB5X およびSB4X/Lite との接続については、ユニバーサルインターコール・レシーブ機能となります。
※SB6X は、B+COM 旧モデル「SB203」「SB213」「SB213.EVO」と通話接続ができません。

※アップデートプログラムは、下記メーカーサイトよりご利用頂けます。
https://www.bolt.co.jp/bike-intercom/bcom_bluetooth-intercom_tech-update-index.asp


みんなで一発ペアリング、かんたんグループトーク「B+LINK」
集まったら、みんなで同時にペアリングするだけで、かんたんにグループトークが始まる、「B+LINK」(ビーリンク)通話機能を搭載。
B+COM 史上、最強の簡単さです。
ペアリングするのに接続ルールや知識は不要です。
6Xを装着したヘルメットを被ったまま、集まって、同時にペアリングアクションをするだけ。
グループペアリングに要する時間はわずか30秒。
グループトークを始めるのもかんたん。
グループの誰かが1つの操作をするだけで、すぐにグループトークが始められます。
電源を入れていれば、仲間から自動でグループに招待されます。※SB6X 同士でペアリングする際の機能となります。
距離が離れて切れても、もう何もする必要はありません。
「B+LINK」は距離が離れて通信が不安定になったりしても、グループの一番繋がりやすい仲間を見つけ、安定したグループ通話を確立します。
また、距離が離れてはぐれても、仲間の近くに戻れば自動でグループ通話に戻ります。
走り始めたら、もう面倒な操作をしないでいい、快適なツーリングをお楽しみ頂けます。※SB6X 同士の「B+LINK」通話時の機能となります。

B+COM 史上、最強の音
大出力D級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットを採用した高音質スピーカーにより、B+COM 史上最強の音質とパワフルな音圧を実現しました。
まさに、音にこだわるB+COM サウンドです。

発売から9年、変わることの無いB+COM のコアコンセプト
ビーコムは発売当初から、ライダーが求めるモノをコンセプトに進化をしてきました。
ぶれることない、本当にほしいもの、使って良いものを追求しています。

・直感的で使いやすい操作性
・まるで高音質なヘッドホンのような高音質ステレオサウンド
・ノイズの少ない非常にクリアで自然な会話の通話品質
・防水性を常に追求して進化
・スペックだけではない、本当に長い使用時間
・ヘルメットとの一体感の高いスリムで高級感のあるデザイン
・着せ替えできるフェイスカバーなど楽しい充実のオプション品
・親切丁寧、情報豊富な充実のアフターサービス

【B+COM SB6X 主な特長】
●B+COM 史上、最強の音質と音圧。
大出力D級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットを採用した高音質スピーカーにより、B+COM 史上最強の音質とパワフルな音圧を実現しました。
まさに、音にこだわるB+COM サウンドです。
パワフルなアンプと高音質ステレオスピーカーで、低音域から高音域まで全ての領域でバランスの良い本物のオーディオリスニングが可能です。
まるでヘッドホンで聴いているかのようなバランスの良いハイクオリティサウンドを奏でます。
これらは、リスニングだけでなく、インカム会話をする上でも非常に重要な要素となります。

高音質の証し、L/R グランド分離。
通常、ヘッドホンなどのスピーカーはL側とR側のグランドを供用した3線仕様で音声を出力しています。
SB6Xは、L側とR側のスピーカーに対しそれぞれ独立したグランドを設けた4線仕様となっており、明瞭なステレオサウンドを奏でます。

●最大4人で直感的に会話が始まり切れても自動で繋がる「B+LINK」通話機能を搭載。
グループで一発ペアリング。すぐに会話が始められます。

●インカム通話用のボタンに、ユニバーサルインターコール・レシーブ機能を搭載
新方式のB+LINK 通話機能を搭載したSB6X とSB5X/SB4X/SB4X Lite とを接続する場合は、SB5X/SB4X/SB4X Lite のハンズフリーヘッドセットや他社インカムと接続する、ユニバーサルインターコール機能(β版機能)を使ってペアリングおよび通話接続を行います。
この場合、SB5X/SB4X/SB4X Lite 側はB+COM1またはB+COM2ボタンでペアリングを行いますが、この機能で接続する相手側は、携帯電話とペアリングする機能で接続しなければなりませんでした。
SB6Xでは、相手側のユニバーサルインターコール機能でのペアリングをB+COM1およびB+COM2ボタンでできるようにした、ユニバーサルインターコール・レシーブ機能を搭載しました。
B+COM1およびB+COM2それぞれに接続したSB5X/SB4X/SB4X LiteとSB6Xを介してグループ通話する事が可能となります。
この接続を行うことで、SB6XとSB5Xはそれぞれデバイスを接続することが可能なため、「聴きトーク」機能でデバイスの音声を聴きながらB+COM 通話をすることが可能です。
なお、この機能は他社インカムのユニバーサルインターコム機能での接続も理論上は可能ですが、使用可能なインターコムについては現在調査中です。

●好きな音楽やナビ音声を聴きながらライダー同士で会話ができる、「聴きトーク」機能搭載
好きな音楽やラジオ、ナビ音声をステレオで聴きながら、グループ通話を楽しめる「聴きトーク」機能を搭載。
B+COM通話と音声リスニングを切り替える面倒な操作は不要です。
もちろん、グループ通話中でも音楽の停止やスキップなどのリモコン操作も可能です。
また、B+COM通話、音楽、B+COM通話&音楽、それぞれを独立してボリュームの調整が可能です。

●よりクリアでナチュラルな会話を実現する、ノイズフィルター「Extreme 3D ノイズフィルター」
ヘルメット内の人の声を重点的に拾うハイクオリティーマイクにより、ノイズ領域の少ない原音をさらに強力にノイズを除去し、ストレスの少ない会話をサポートします。

●直感的で操作性の高い「SB4X」「SB5X」のDNA を引き継ぎ、さらに進化
2つのインカム専用ボタン、スマホなどのデバイス操作用のジョグダイヤルボタン式のデバイスボタンで、インカム会話とデバイス操作をそれぞれ独立させることで、例えば、ソロツーリングなどの場合は、デバイスボタンだけしか使う必要のない直感的な操作感を実現しました。
SB6X 同士の場合、グループの誰か一人が通話ボタンを押せばすぐにグループ通話が始められ、終始ボタン操作の必要もなく、これまで以上に使い勝手の良いライディングが可能です。

●大容量800mA リチウムポリマーバッテリーにより、最大16 時間の超ロングライフを実現
2つのBluetooth がフル稼働する、「聴きトーク」時でも、B+COM独自のパワーマネジメント技術により、最大約10時間で1日のツーリングでも電池切れのストレスなく十分使用可能です。
スペックだけではなく、本当に長時間使用できるのもB+COMの魅力の一つです。

●日本語の音声案内に対応。無駄の無い解りやすい音声で簡単操作へと導きます。

●雨でも大丈夫。IP67レベルの高い防水性により、突然の雨でも心配いりません。

●通信距離、最大約1.4km。
パワフルなアンテナで、実用的な距離でも安定した通信が可能です。

●大好評のSB5X のエクステリアデザインを踏襲し、堅牢さをプラス。

●自分の好みで見た目をカスタムできる、着せ替えフェイスプレートと豊富なオプション品をご用意。

●処理能力の高い最新のBluetooth4.1コアチップを2つ搭載した、「B+COM DUAL Bluetooth SYSTEM 2」を採用

●次世代USB 規格 「USB-Type-C」に対応した防水の新コネクタを採用
次世代のUSB 規格「USB Type-C」コネクタを採用することで、リバーシブルコネクターにより充電時の端子の向きを気にすることなく充電が可能です。
※USB Type-C の急速充電「Power Delivery」および、Qualcomm の「Quick Charge」には対応していません。

ユーザのインプレッションを見る

最近チェックした商品

ページ:1/2
★★★★★ 3.9 (5)
星5つ

0件
星4つ

3件
星3つ

1件
星2つ

1件
星1つ

0件
取り付け・精度 3.8
品質・質感 4.5
性能・機能 4.2
コストパフォーマンス 2.5
使いやすさ 4.4
良い点
  • 信頼できるブランド(3人)
  • 細部の作りがしっかりしている(3人)
  • 付属品や説明書が親切(2人)
  • 期待通りの性能(2人)
  • バッテリーが保つ(1人)
悪い点
  • sb4xや5xより少し大きくなりました(1人)
  • シャカシャカ音質(1人)
  • 取付が大変(1人)
  • 細部の作りこみ(1人)

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

B+COM ビーコム : ブルートゥースインカム B+COM SB6X シングルユニット のインプレッション一覧

インプレッション件数:全5件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 6件 / Myバイク: ニンジャ400 (2014-) )

使い勝手は向上

2018/08/11 23:48

3.8 [ 取り付け・精度:5  |  品質・質感:5  |  性能・機能:2  |  コストパフォーマンス:3  |  使いやすさ:4 ]
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド
  • 付属品や説明書が親切
  • シャカシャカ音質

SB5Xを使っていて、バッテリーが傷んできたので、ヘルメット新調に合わせてSB6Xも購入。
自分なりに改善点、不満点を挙げてみた。

改善点
・充電口が micro USB から USB type-C に変わったので、コネクタの向きを気にしなくてすむ。
・電源導入時に、バッテリー容量がわかるので、充電の目安になる。
・スマホが圏外になったときに、再接続が簡単になった。

不満点
・相変らずプロテクト付きUSBケーブル。しかも短い。プロテクトする意味がわからん。
・旧モデルで使った台座など互換性がないので使い回しできない。
・音楽を聞くと高音ばかり出てきて聞きにくい。
・リチウムポリマーのはずなのに、自己放電率が高い。

ツーリングもソロで行くので、インカム通信とかしないので、巷で言われているノイズとかはわからないです。
主に音楽やラジオを聞くためと、ナビの音声案内を聞くためにだけ使っていますが、都内で使っていて、
SB5Xであったような、うまく接続ができない/動作がおかしいといった事例は体験していません。

製品史上最高音質と歌われているようですが、自分的にはSB5Xと比較して音質が悪くなっている気がします。
1. イコライザーのBass Boosterを有効にしてあるにも関わらず、低音がほとんど出てこないシャカシャカした音。
2. 高音域が出過ぎで、曲が聞きづらい。イントロが流れてきても曲が認識しづらい。
3. 走行時の風きり音に負ける。ボリュームを上げると高音ばかりが出てくるので、聞きづらい割に五月蠅い。

バッテリーの持ち
ジェットとフルフェイスヘルメットを各1個持っているので、今回SB6Xは2個セットになっているペアセットを購入しました。
フル充電にして1日使っても、音声通話をしないためか50%以上の残量があります(起動時の音声案内による)。
しかし、もう1個の方は使っていないのに、驚くほど自己放電します。

通常リチウムポリマーの自己放電率は、メーカーによって違いますが、大体平均して年率で5?20%ぐらいです。
つまりフル充電されたリチウム電池は、1年経っても悪くても残量80%以上あるのが普通です。
しかし、予備のSB6Xをフル充電してから、スイッチを切ってあったヘルメットを
3ヶ月ぶりにスイッチを入れてみたところ、起動時の音声案内によると50%を切っています。
これは、スイッチを切った後も何かの回路を動かすために通電しているか、バッテリーがカスか
どちらかしかありません。この点が非常に気になります。

将来対応できたらうれしい機能
・Siri対応 音声でスマホをコントロールできたら便利です。
・イコライザ機能 シャカシャカをなんとかしたい。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった2人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 11件 / Myバイク: CB1300SB [スーパーボルドール]  |  CB400SF )

期待通りです

2018/04/08 22:44

4.4 [ 取り付け・精度:5  |  品質・質感:5  |  性能・機能:4  |  コストパフォーマンス:3  |  使いやすさ:5 ]
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • 期待通りの性能
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド
  • 付属品や説明書が親切
  • sb4xや5xより少し大きくなりました

息子が最近バイクに乗り始めたので、自分のsb4xとつなぐために購入しました。sb6x同士でないので、B-LINKは使えないですが、問題なくペアリングできています。ペアリングの時、sb4xの方は、長押し6秒以上で、pairing(赤点滅)という音声からcalling(青点滅)という音声に変わるまで長押ししないとペアリングしないので、要注意です。あと、もう少し安くなると良いですね。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった2人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 2件 / Myバイク: ZRX1200 )
2.8 [ 取り付け・精度:2  |  品質・質感:3  |  性能・機能:5  |  コストパフォーマンス:1  |  使いやすさ:3 ]
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後

●何故かSB5Xより少し大きくなりました。
●アナウンスが日本語になりましたが、前作まで特に難しい英語ではなかったので、個人的には英語の方が格好良く感じました。
起動時にバッテリー残量のアナウンスがあるのは有り難いです。
●本体へのスピーカーケーブルの差し込みが後方にあるため意外にケーブルが纏まり難いと感じました。
ワイヤーマイクのケーブルも長すぎます。
ケーブルが細いため、断線が心配。
●接続設定などシステム的には進化してます。
●音質は良くなり、別売NEOスピーカーが必要だと感じることは無くなりました。
●周囲がSB6Xに買い替えない限り、最大の特長は生かせません。
●アンテナが非常に出し難くなりました。
●ワイヤークリップで装置の場合、保護ラバーが薄すぎるため本体の一部とヘルメットが干渉しやすく、保護ラバーの意味がほとんどありませんので工夫が必要(SHOEI Z-7)。
●充電ケーブルは巻き取り式が良かったのに、今作のは短すぎて使い物になりません。
●SB213やEVOとは繋がりません。
●既にSB4Xや5Xをお持ちの方であれば、金額的に買い替えメリットはほぼ無いと思います。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった5人/6人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 8件 / Myバイク: GPZ600R NINJA [ニンジャ] )
4.3 [ 取り付け・精度:3  |  性能・機能:5  |  使いやすさ:5 ]
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • バッテリーが保つ
  • 細部の作りこみ

バッテリーの持続時間、フル充電から日帰りのうどんツーリング2回(使用時間7時間くらい)と所用でも4時間ほど使用したところ、残量は80%以上をキープ。
カタログスペックから計算すると、既に50%を切っている筈だが?

欠点として、本体をベースプレートに取り付けたとき、カチッという感覚はあるけど、きちんとロックされる訳ではない。
クリップがずれて落下するのを防止するために時々上に押し上げようとするのだけど、クリップの根元ではなく本体を押さえてしまうとベースプレートから抜けてしまう。
そして本体が抜けないように押し戻そうとするとクリップが抜けてくる。
本体を外すときはヘルメットを脱ぐと割り切っていいので、きちんとしたロック機構を組み込んで欲しい。

あと、接続する相手によっては接続が不安定になることがある。
ケータイは非常に安定していたが、ナビは頻繁に接続が切れるため、何度も再接続の操作をする必要があった。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった1人/1人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 8件 / Myバイク: GPZ600R NINJA [ニンジャ] )

最強の音

2017/12/03 20:40

4.4 [ 取り付け・精度:4  |  品質・質感:5  |  性能・機能:5  |  コストパフォーマンス:3  |  使いやすさ:5 ]
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • 期待通りの性能
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド
  • 取付が大変

アライのラパイドIRクロノスに早速取り付けたのですが、若干苦労しました。

まずスピーカーの取り付けですが、ノーマルの頬パッドにはスピーカーホールがなく、
自分でパッドを掘ってスピーカーホールを作ります。
キツいのを我慢して仮装着し、位置を決めてから掘ります。(目安位置は写真参照)
深く掘りすぎると穴が開くし、浅いと被るときに圧迫感がありますので、少しずつ深くしていくのが良いでしょう。
上手く掘れば付属の固定用シートを貼らなくてもパッドに食い込んで留まります。
(尤も、固定用シートを貼ろうにも、カッターで彫ったのでガタガタで上手く貼れませんが)
スピーカーホールのある最近のモデルなら楽に取り付けられると思います。

右スピーカーのケーブルですが、マニュアルにはシステム内装の裏を通すよう指示されていますが、
スピーカーの取り付け方法との関係もあって若干取り回し範囲が限定されます。
自分はシステムネックパッドと帽体ライナーの隙間に回しました。

マイクは口の周りの空間が少ないため、帽体内側ではなく左頬パッド内に収めました。
この方法はフリップアップ式のヘルメットで指定されているので、問題は無いでしょう。

本体の帽体への取り付けですが、帽体に深いリブがあるため、接着での装着は無理でしょう。
クリップを使っての装着では、ベースプレートの下半分しか当たらないため強度に不安があります。(写真参照)
現状ではズレやすいため、定期的に装着状態を確認する必要があるかと思います。
後日、スポンジ質のゴムをベースプレート裏面に貼る等の対処をしようと思います。

まだインカム通話は試していませんが、ケータイとナビを接続し、音楽を聴きながらルート案内を試してみました。
ただでさえ音質に定評のあるビーコムの、更に最強の音というだけあって、音楽再生の音質はかなりのモノがあります。
1万円以上の密閉型ヘッドホン以上の音は出ています。
また、ケータイの音量を最大にすると、ビーコム側でデフォルト音量だとかなりうるさくなります。
今回試したナビではそこまで大きな音にはならないため、音量バランスには気をつける必要があります。

使い方も、あらかじめナビ、ケータイのBTを有効にしておき、ビーコムを起動すればすぐリンクします。
音楽プレーヤは一時停止してから繋ぐのがポイントでしょう。
休憩などで一時休止する場合も、一時停止してビーコムを停止すると、次に走るときにすぐ再開できます。

まだ本格運用はしていないためバッテリーの持ちは判りませんが、
仕様を見る限りケータイ、ナビ、音楽再生のみで16時間、インカム通話のみで14時間とあるので、バッテリー切れの心配も無さそうです。

総評。
取り付けは若干苦労しましたが、それだけの価値はありました。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった1人/1人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

PAGE TOP