【3,000円以上で完全送料無料!】
×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3
  • syouhin_sub_img4
  • syouhin_sub_img5
  • syouhin_sub_img6
  • syouhin_sub_img7
  • syouhin_sub_img8
  • syouhin_sub_img9
  • syouhin_sub_img10
適合保証

今ならポイント3倍 対象商品

BRIDGESTONE ブリヂストン:BATTLAX RACING STREET RS10【190/55ZR17 M/C(75W)】バトラックス レーシング ストリート タイヤ

BRIDGESTONE:ブリヂストン    商品番号:MCR05231

F4 RR1078、F4 1000R312、BRUTALE 750S 、SPEED...( 適合車種を見る)

コストパフォーマンス 4.0
耐久性 4.3
ハンドリング 4.3
ドライグリップ 4.7
ウェットグリップ 4.3
4.1 (2件のインプレッションを見る) インプレッションを書いてみませんか?
  • 在庫有り
  • 送料無料

販売価格:¥30,412(税込)

獲得:912ポイント(3%還元・¥912相当)

webikecard

Webikeカード入会で2,600ポイント獲得!お買い物も+1%ポイント還元!
修理保証も+1年延長!さらにガソリン代も安くなる!

08/24 02時43分現在:在庫1個あり(神奈川倉庫)
今すぐのご注文で、08/24土曜日に出荷いたします。
未設定「東京都世田谷区三宿」にお届け

商品のお届け地域によりお届け日数が変わります。

上記個数以上ご注文の場合は不足分をお取り寄せ後に商品を出荷いたします。
08/23 15時09分現在:在庫あり(パートナー倉庫)
今すぐのご注文で、08/27火曜日に出荷予定です。

ウェビック安心サービス

ウェビック安心サービス パーツ適合保証パーツ適合保証 対象商品
数量:
欲しいものリストに追加する
在庫・納期のお問い合わせ
タイヤ幅(mm) 190
チューブ ×
チューブレス
バイアス ×
ラジアル
リム径(インチ) 17
扁平率(%) 55
フロント ×
リア
タイヤ小分類 オンロード・ハイグリップ
チューブレスタイヤ
ラジアルタイヤ
リア用
リム径(インチ):17
公道走行:◯
タイヤ小分類:オンロード・ハイグリップ
タイヤ幅(mm):190
荷重指数:75
扁平率(%):55
スピードシンボル:W
スピードシンボル:W
パターン:RS0RHZ

空気入れの購入はこちら
エアゲージの購入はこちら
タイヤレバーの購入はこちら
リムプロテクターの購入はこちら
虫回しの購入はこちら
ビードブレーカーの購入はこちら
エアバルブの購入はこちら
ビートワックスの購入はこちら
ホイールバランサーの購入はこちら
ビードキーパーの購入はこちら

※画像はイメージです。
※掲載のタイヤ適合車種は参考としてご使用願います。実際の装着サイズとは異なる場合があります。
車種名、排気量、年式が同じでも、車種によってはマイナーチェンジ、特殊仕様車およびカスタム状況によりサイズが異なる場合がございます。必ず実際に装着されているタイヤのチューブ、サイズ、スピードシンボル、荷重指数、タイヤ種類などをご確認の上、サイズ・パターンの選択はご使用者様の自己責任において行って下さい。



タイヤサイズの見方はこちら



これが世界最高峰のライダーたちの系譜。

ドライコンディションでの高いハンドリング性能とグリップ性能、安定性を実現したプレミアムハイグリップラジアルです。
スリックライクなトレッドパタンはトレッド剛性を向上させるために3Dの溝形状を採用しました。
国内大手バイクメーカーのハイエンドマシンに標準装着。
スーパースポーツバイクの性能を最大限に引き出すために、RACING STREET RS10の高い運動性能と操縦安定性能が認められました。

【こんなお客様におすすめ】
・ワインディングからサーキットまで幅広く走行されるお客様に。
・ドライ路面でのスポーティで高い運動性能をお求めのお客様に。
・BATTLAX HYPERSPORT S21 / S20 EVOよりも高いドライグリップ力をお求めのお客様。

タイヤ開発物語はこちら
世界品質

【ウェビックスタッフによるユーザーインプレッション】

場所:筑波サーキット コース1000/2000
日付:2015年4月16日(木)
天候:晴れ
路面:ドライ

■RS10 Type-R
・試乗車両:YZF-R1
・試乗コース:筑波コース1000/2000
・空気圧:フロント2.1 リア2.3

まずはYZF-R1+コース1000の組み合わせで試乗。全体的にタイヤに柔らかさは感じない。S20EVOに似たようなゴツゴツ感の方が体に伝わってきた。
だが走り出して数周もするとその印象は大きく変わり、路面の動き、バイクの動きを丁寧に伝えてきているのだということが分かる。
GSX-R1000+R10の組み合わせでは若干腰砕けのように感じた部分も、剛性感の中にもグリップしている感覚があり、落ち着いているように感じられた。
アクセルを開けるとしっかりと路面を捉えて前進していく。ただコース1000では速度域が低く、剛性感以外でRS10との大きな違いは感じられなかった。
コース2000になると、一変してその真価を発揮。タイヤを構成しているベルトが1枚多いことから、剛性が高くなっていることの効果が随所に現れ、なおかつバンク中に接地面積が増えたときの接地面中心部の空洞化を防いでいるのだという。

フロントタイヤの安定感も抜群で、低速コーナーでも安心して倒しこむことができ切り返しが重すぎることもなく、最終コーナーで140km/h程度からノーブレーキでも安心して倒し込める安定感・グリップ力は、公道用タイヤとは思えない。
最終コーナー立ち上がりでも、アクセルを開ければ曲がりつつしっかりと加速し、思い描いたラインで走っていく。膨らむということはほぼない。
グリップ力は間違いなく公道最強クラスにあり、同クラスのタイヤに勝るとも劣らない。公道も走るが、サーキットに良くいくライダーには持って来いのタイヤ。
春の陽気に誘われる気温だったが、タイヤウォーマーはほぼ必要が無いところもメリットだろう。

今回はRS10 TYPE-Rの開発担当者の方に色々とお伺いすることが出来た。
写真はブリヂストン開発担当者3名と、テイストオブツクバで優勝経験のある弊社スタッフ。
開発のお話はなかなか面白く、滅多にない機会なのでお時間を割いて頂いて根掘り葉掘り聞いてしまった…。

【所感】

筆者は普段は保安部品を取り外したレーサーYZF-R1に乗っているため、R1の車両性能は知っている。試乗車両にR1が多いのは有難かった。
なんといっても、どのタイヤもそれぞれに合ったユーザーにはお薦めのタイヤだというのを再度実感した。
開発者の方が仰られていた通り、他社に負けない性能でなければ販売しないというのは本当だろう。
実際、RS10 TYPE-Rの開発時には50種類もの試作を作り、その上テストを行ったオートポリスでのタイムはRS10より2.5秒も速いというのだから驚きだ。
そのテストも国内だけではなく海外のサーキットで契約ライダーに走らせているという。
最近このクラスのタイヤは海外勢に押され気味だが、ウェビックユーザーの方には是非一度履いてみてほしい!

ユーザのインプレッションを見る

適合車種: F4 RR1078、F4 1000R312、BRUTALE 750S 、SPEED TRIPLE R、F4R、BRUTALE1090R、BRUTALE1090、STREETFIGHTER S、Multistrada 1200S Touring、Mul... ( 適合車種を見る)


BRIDGESTONE:ブリヂストン
BRIDGESTONE:ブリヂストン
日本が世界に誇るタイヤブランド「ブリヂストン」。レースシーンで磨かれた技術を一般用タイヤにフィードバック!ハイグリップタイヤからロングライフのツーリングタイヤまで幅広くラインナップ!

BRIDGESTONEBATTLAX RACING STREET RS10シリーズ商品一覧

すべての商品を見る

最近チェックした商品

ページ:1/1
★★★★★ 4.1 (2)
星5つ

0件
星4つ

2件
星3つ

0件
星2つ

0件
星1つ

0件
コストパフォーマンス 4.0
耐久性 4.3
ハンドリング 4.3
ドライグリップ 4.7
ウェットグリップ 4.3
良い点
  • タイヤの潰れ、変形を掴みやすい(1人)
  • 接地感がもたらす心強さ(1人)
悪い点
  • 減りが早い(1人)

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

BRIDGESTONE ブリヂストン : BATTLAX RACING STREET RS10【190/55ZR17 M/C(75W)】バトラックス レーシング ストリート タイヤ のインプレッション一覧

インプレッション件数:全2件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 81件 / Myバイク: ZX-14R )
適合車種と関連したインプレッション
4.2 [ コストパフォーマンス:4  |  耐久性:3  |  ハンドリング:5  |  ドライグリップ:5  |  ウェットグリップ:4 ]
取付車種:
ZX-10R
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • 接地感がもたらす心強さ
  • 減りが早い

6年ぶりにブリヂストンのタイヤを買いましたが、相変わらずライダーにビシビシと接地感を伝えるメーカーなんだなと感じています。
接地感が薄いものからハッキリ伝わってくるものを色々な銘柄を試して、スパっとは倒れないけどこの絶大な接地感が私には必要なんだなと、6年目にしてわかりました。

以前はいていたミシュランのパイロットパワー3は、軽いハンドリングにはなりましたが、接地感が薄く、いまいちくってるのかどうか私にはわからず安心して、深くバンクさせることが難しかったです。実際はしっかりくっていて私の腕程度ではタイヤを使いこなせないのでしょうが、「ホントにこれ以上倒して平気?」と感じるところがありました。俗にいうアマリングが左右で2センチぐらいありました。

ところが、RS10はタイヤが私に「しっかりくっています。まだまだイケますよ」と話しかけてくる感じがします。グリップ力もRS10の方がパイロットパワー3より高いはずなので当然なのかもしれませんが・・・。でもそこが心強く、タイヤの性能を発揮できるのかと思います。アマリングも左右1センチを切るぐらいまでイケます。
ただ、交換後300kmぐらいしか走ってませんが減りは間違いなく早いです。パイロットパワー3と同じ距離を走っても、明らかに減るスピードが早いです。その辺はハイグリップタイヤなので当たり前と割り切っています。
雨はわかりません。わけあって雨の日も仕方なく乗りますが、そんな天気の中でタイヤの性能云々を感じる運転はしません。雨の日はバイクに乗らないのが一番です。

ブリヂストンはタイヤが太く見える形がいいですね。SSはタイヤが太く見えた方がやっぱりカッコいいです。溝も彫刻刀で彫ったような立体的なパターンで個人的には好きです。
初めてハイグリップタイヤをはかせてみようかな?と思っている方にオススメしたいです。冷えててもツーリングペースで走る分には全然問題ないと思います。

でも、次はディアブロスーパーコルサにします。初めて体験したこのタイヤの強大なグリップ力がバイクに乗っていて楽しかったですし、私にも愛車にも合っている気がします。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった1人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 7件 / Myバイク: TT-R250  |  ZX-10R )
4.0 [ コストパフォーマンス:3  |  耐久性:5  |  ハンドリング:3  |  ドライグリップ:4  |  ウェットグリップ:5 ]
取付車種:
ニンジャ1000 (Z1000SX)
評価のタイミング:
使用前 使用中 使用後
  • タイヤの潰れ、変形を掴みやすい

ライフが長くなったスペックアップ版とされる、こちらを購入しました。

サーキット走行メインですが自走組です。

この前のタイヤはダンロップのα13を使ってましたが、ハングオフフォームを上手く取れなかったので、性能を掴みきる前に終わってしまいました。

サーキットでの性能ですが、タイヤの変形する感触も掴み易いし、僕レベルだと文句の付けようも無いグリップです。
スライドし始めて、ようやくどうのこうの言うレベルでしょうか?

ある講習会で聞いてみたのですが、サーキットでの空気圧は冷感2.1くらい(5月の終わり)が美味しいかも、と教えてもらいました。元より変形しやすいタイヤだそうなので2.0より低くする必要は無い模様です。どのタイヤでも言えると思いますが、メーカーに問い合わせて、そこからセッティングするのが一番無難ですね。
僕も今のところ、FISCOショートサーキットで冷感2.1(9月?)、走行後温感2.4くらいのセッティングが気に入っています。

公道、特に高速道路ですがウェビックさんのインプレにもあったように非常に柔らかい印象です。
サスペンションが硬いセッティングのままだと、タイヤの柔らかい感触がダイレクトに伝わってくるので、人によっては気持ち悪いと感じるかもしれません。
サスセッティングを柔らかくすると大分気持ちよく走れると思います。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった1人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全1件)

観月さん 2016年12月08日
☆の数ですが

ドライグリップ 5
ウェット    3
耐久      3

・・・に訂正したいです。

どうしてこうなった