SP武川:SPタケガワ コンパクトLCD A/Fメーター(電池駆動)(07-04-0044) | ウェビック

 年
    適合パーツを見る Myバイクを登録 ×
    ×

    • syouhin_sub_img1
    • syouhin_sub_img2
    • syouhin_sub_img3
    • syouhin_sub_img4
    • syouhin_sub_img5
    • syouhin_sub_img6
    • syouhin_sub_img7
    • syouhin_sub_img8
    • syouhin_sub_img9

    SP武川:SPタケガワ    商品番号:07-04-0044

    SP武川 SPタケガワ:コンパクトLCD A/Fメーター(電池駆動)

    販売を終了しました

    販売を終了しました。
    数量:
    欲しいものリストに追加する
    在庫・納期のお問い合わせ
    【機能】
    外部電源ホワイトLEDバックライト
    リアルタイム空燃比
    コンパクトデザイン
    電池駆動式
    センサー作動温度:400度-800度
    【セット内容】
    メーター本体、O2センサー、センサー連結コード、O2センサーボス(SUS303)、マジックテープ、端子セット

    ※使用するには付属O2センサーボスの溶接取付け加工が必要です。
    ※2ストローク車には使用出来ません。


    商品検索フォームはこちら
    説明書PDFはこちら(※メーカーPDFを開きます。)
    SP武川のWEBカタログはこちら(※メーカーサイトへ移動します。)
    (※2012年12月1日時点の内容となります。一部仕様や価格の変更がある場合がございます。)


    ■詳細
    外部電源ホワイトLEDバックライト
    リアルタイム空燃比
    コンパクトデザイン
    電池駆動式

    メーター作動電源は電池(CR2032)を使用しバックライト照明は外部電源を使用します。
    6Vバッテリーや9V電池(006P)での作動も可能です。
    電圧が12Vより低い場合は若干照明が暗くなります。
    外部電源の有無に関わらず本体のスイッチで空燃比を計測することが可能なのでバッテリーレス車、競技車両にも使用可能。

    数値データでキャブセッティング。
    エキゾーストパイプに取り付けたセンサーにより、リアルタイム空燃比をデジタル数字で表示。
    セッティングの目安として使用して頂けます。
    リアルタイムで空燃比の変化を数値で確認する事が出来、希薄燃焼の早期発見にも役立ちます。

    O2センサー構造上の特性
    センサー温度が低い時は機能しません。
    センサー温度により算出される数値が多少前後します。

    ユーザのインプレッションを見る
    SP武川:SPタケガワ
    SP武川:SPタケガワ
    エイプやモンキー、ゴリラを中心とした4MINIバイクのボアアップパーツやカスタムパーツを数多くラインナップ。性能と品質の良さから、国内のみならず、海外のユーザーからも非常に人気があります。
    ★★★★★ 5.0 (1)
    星5つ

    1件
    星4つ

    0件
    星3つ

    0件
    星2つ

    0件
    星1つ

    0件

    詳細評価の投稿はありません

    良い点
    • コストパフォーマンスに満足(1人)
    • 信頼できるブランド(1人)
    • 期待通りの性能(1人)
    悪い点

    ※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

    SP武川 SPタケガワ : コンパクトLCD A/Fメーター(電池駆動) のインプレッション一覧

    インプレッション件数:全1件
    インプレッションを車種で絞る 新機能
    並び順
    [ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
    さん (インプレ投稿数: 72件 / Myバイク: HYPERMOTARD796  |  RS125 (アプリリア) )
    5.0
    取付車種:
    HYPERMOTARD796
    • コストパフォーマンスに満足
    • 期待通りの性能
    • 信頼できるブランド

    これまでフルエキやエアフィルターの交換を行ってから、自分の感覚でサブコンによるセッティングをしてきました。
    このセッティングが正しいかどうか、パワー測定の際に一緒に測定してもらえる空燃比のデータで確認してきました。
    しかし、DUCATIのLツインの前後バンクの排気が合流した後のデータのため、2気筒それぞれを確認することができませんでした。
    このためプラグの焼けしか前後バンクのセッティングの判断材料がないことに不満がありました。

    何か良い方法はないかとWeb検索しているとWebikeで武川のA/Fメーターを発見!
    簡易なAFメーターのようですがセッティングの参考に使えそうです。セッティングの際だけに使用することになるので電池駆動タイプを購入しました。

    このAFメーターにはデータを記録するような機能はないので、走行中のタコメーターとAFメーターを一緒に動画で撮って、その動画を見てサブコンのセッティングをすることにしました。
    このAFメーターをつけると元のO2センサーを一時的に外す必要があり、そのためメーター上ではエラーが表示されています。

    走りだすとアクセルを開けているときは、もっともらしい数値が表示されますが、アクセルを閉じると燃調が薄くなるのですぐに”L”のリーン(薄い)と表示されてしまいます。
    このためアクセル開度を一定にするようにして、50%と100%で測定することにしました。
    その動画を見てサブコンのMAPを調整して、また走って動画を撮って。。。と繰り返しました。

    その結果、各バンクのアクセル開度や回転数で燃調がどうなっているかを把握することができ、セッティングの方向性が分かるようになりました。

    このAFメーターの反応はとても良いと感じました。また、バックライトは無くとも日中では問題なく数値が見えます。そしてサイズも小さくメーター周りでも邪魔になりません。
    この価格にしては上出来な製品だと思いました。

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

    参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    その他
    •  汎用

    最近チェックした商品

    ページ:1/2
    PAGE TOP