×

  • syouhin_sub_img1
  • 送料無料

BEET:ビート    商品番号:0670-K81-00

BEET ビート:ビッグブレーキローター(フロント)キット

D-TRACKER [Dトラッカー]、KLX250(適合車種を見る)

販売価格:¥41,040(税込) 送料無料

410ポイント(1%還元・¥410相当)

通常メーカー在庫商品です。
9日前後で発送予定です。
ご注文前に納期をご確認したい場合は「在庫・納期のお問い合わせ」よりお問い合わせください。
弊社神奈川物流センターからの出荷です。




【素材】
・アウターローター:耐熱ステンレス製t=5.0mm
・インナーローター:ジュラルミン総削出しゴールドアルマイト処理
・ノーマルキャリパー専用サポート:ジュラルミン総削出しシルバーアルマイト処理

ディスク径310Φのフローティングマウントウェーブ形状ディスクとノーマルキャリパー専用キャリパーサポートのセットです。
取付けにあたってはキャリパーを変更しないですむ為、面倒なブレーキラインのエア抜き作業も不要。ブレーキディスクとキャリパーサポートを移植するだけで手軽に310Φディスクの強力なストッピングパワーが手に入ります!
また、アウターローターの素材から厳選、利きだけでなく耐久性も重視し、大排気量車輌と同様の5mm厚の耐熱ステンレス鋼を使用して純正ディスクと同等以上の耐久性を確保。更にローター全体の重量は1.18kgとこのサイズでは超軽量に仕上げました。

ユーザのインプレッションを見る

適合車種:D-TRACKER [Dトラッカー]、KLX250(適合車種を見る)


BEET:ビート
BEET:ビート
カワサキ チームグリーンでも採用される日本ビート工業のマフラー「NASSERT」。独特のデザインやカラーリングが一際サーキットでも目を引くブランド。アルフィンカバーやブラックテールなど、日本バイク文化に与えた影響も計り知れないカスタムの金字塔。
★★★★★ 4.0 (3)
星5つ

1件
星4つ

1件
星3つ

1件
星2つ

0件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
  • コストパフォーマンスに満足(1人)
  • 形状が良い(1人)
  • 細部の作りがしっかりしている(1人)
悪い点

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

BEET ビート : ビッグブレーキローター(フロント)キット のインプレッション一覧

インプレッション件数:全3件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 455件 / Myバイク: WR250R  |  CRF150R  |  CB1300SF )
4.0
  • コストパフォーマンスに満足
  • 形状が良い
  • 細部の作りがしっかりしている

私はよくモタードレース参加しているのですがこのローターキットを取り付けてからは制度距離が短くなりとてもよくブレーキが利くようになりました!取り付けも簡単で加工等は一切必要ありませんでした。作りもしっかりしていて安心できるメーカーの物なので購入して良かったと思います!!

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった1人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 1件 )
5.0

見た目、性能、コストパフォーマンス共に満足できる代物です!
しいて不満があるとすれば・・・
・取り付けに関する説明書が何も付属しない
・取り付け時にキャリパーサポートとキャリパーを目一杯後方にオフセットしないと、ローターの山がキャリパーに当たる(これは個体差もあるかも。暫く何の異音か悩みましたw)
とてもオススメの一品だと思います。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 238件 )
3.0

今まで純正ローター+ブレンボカニキャリパーの組み合わせで使用していましたが、パッドの削り加工をするのが面倒なので、ローターも大径の物に交換しました。
制動力はほとんど変わらないですが、ハンドリングが劇的に変わりました(約4.2mmまで減った純正ローターが812g、BEETのビッグローターは758g)。キャリパーサポートも今まで使っていたGクラフトの物(廃盤)より軽くなっているのでローターのせいだけではありませんが、いままで走っていたカーブのライン取りまで変わってしまい、慣れるまで少し時間がかかりそうです。
今まで使っていたGクラフトのキャリパーサポートはセンターがかなりズレていたのですが、BEETのキャリパーサポートは0.5mmシムをかませてセンターが出ました。

制動力アップを狙うなら、純正キャリパーに大径ローターを組み合わせるより、純正ローターのままブレンボカニキャリパーなど組み合わせる方がオススメです。

あと軽さで選ぶならアグラスの220φフローディングローターの方がおそらく軽いです。KSR用ではありませんが、アグラスのXR系(NSF100)用のフローディングローターは653gでした。

参考になった1人/1人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全1件)

YPAさん 2012年01月07日
アグラスのXR系のローターの方がおそらく軽いと書きましたが、XR系のローターの方がKSR用のものより薄かったです。KSR用のローター同士で実際に比べないと比較にならないと思います。

最近チェックした商品

ページ:1/2
PAGE TOP