配送料一律380円(税込) ※沖縄・離島・島嶼部などの一部地域のみ972円(税込)
×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3
  • SALE

SP武川:SPタケガワ    商品番号:02-01-0360

SP武川 SPタケガワ:マニュアルクラッチカバーキット(ワイヤー式/ギア付き)

KLX110、KLX110 L(適合車種を見る)

定価:¥39,096(税込)  →   販売価格:¥37,141(税込)

¥1,955(5%) OFF / 1114ポイント(3%還元・¥1,114相当)

メーカーに在庫あり(07時33分現在:残りわずか)
最短で8日後に出荷予定です。
未設定「東京都世田谷区三宿」にお届け

商品のお届け地域によりお届け日数が変わります。

ご注文後、メールにて納期をご案内いたします。
数量:
欲しいものリストに追加する
在庫・納期のお問い合わせ
ワイヤー式/プライマリードライブギア付属

※KLX110 LX110A-000001-は取付け出来ません。
※KLX110Lに装着する場合、SP武川製クイックシフトキット(02-04-2600)の別途購入が必要になります。
※ノーマル一次側クラッチとの同時装着は出来ません。
※プライマリドライブギアを装着しないとマニュアルクラッチカバーの取付けは出来ません。
※他社製ブレーキアームはクラッチカバーと干渉する可能性がある為、使用しないで下さい。


商品検索フォームはこちら
説明書PDFはこちら(※メーカーPDFを開きます。)
SP武川のWEBカタログはこちら(※メーカーサイトへ移動します。)
(※2012年12月1日時点の内容となります。一部仕様や価格の変更がある場合がございます。)
サーモスタットユニット(品番:02-01-5052)はこちら

■ダイカストクラッチカバー
ノーマル自動遠心式クラッチを手動マニュアルクラッチに変更することが出来ます。
カバー本体はアルミニウムダイカスト製にバフ研磨後クリア塗装が施され、美しく仕上げられています。
ノーマルクラッチカバーとは全く異なるカバー形状と表面処理により、エンジンにインパクトを与え、車両を美しく演出します。
クラッチカバーにはSP武川ロゴ入り

ワイヤー式
手動ワイヤー式のクラッチ操作機構にはラック&ピニオン式を採用し、安定したクラッチワークが行えます。
ワイヤー式キットにはバックミラーホルダーの付け替え可能なクイックリリースタイプクラッチレバーが付属しています。

クラッチカバーの特許取得構造(サーモスタット取付け部とオイルライン構造)
このマニュアルクラッチカバーには、サーモスタットの取付けを可能としたSP武川製だけの特許取得構造を採用しています。オリジナルオイルライン構造により、SP武川製サーモスタット(別売)を装着することでオーバークールを防止します。

サーモスタットの作動方法
油温上昇時(70度以上)にサーモスタットにある形状記憶合金スプリングが伸び、クラッチカバーのバイパス通路を塞ぎ、オイルの流れをオイルクーラー経由に変更します。
70度以下の場合、スプリングが縮みオイルク-ラ-には少量のオイルしか流れず、バイパス通路を経由し流れます。

クラッチカバーの特許出願構造
このマニュアルクラッチカバーは更に特許出願を行っている手動ワイヤー式と油圧式のどちらにも使用可能なクラッチカバー構造を採用しています。その為、手動ワイヤー式マニュアルクラッチカバー購入後、油圧クラッチ変換キットをご購入頂くことで、カバーを交換すること無く油圧式に変更出来ます。

オイル取出し口を標準装備
クラッチカバー本体にオイル取出し口が標準装備されている為、オイルクーラーへのオイルの取出しが可能です。
SP武川製オイルクーラーキットをご購入頂くことで車両のイメージを崩さず、シュラウド内に収めることが出来ます。
オイル取出し口を使用しない場合でもブラインドプラグが取付けされている為、そのままマニュアルクラッチカバーとして使用出来ます。

エンジンオイル確認窓を装備
ノーマルエンジンのようにエンジンオイル量の確認を行える確認窓を装備。窓には耐久性の高いガラスを採用。

オリジナルフィラキャップ
ノーマルと同じネジ径、取付けピッチ(1.5mm)のオリジナルフィラキャップを採用。
ダイカストアルミ製にメッキが施されています。

プライマリドライブギア付属
スロットルレスポンスを向上させ、クランクシャフトの回転を100%二次側クラッチに伝達することが出来ます。

対応クラッチ
ノーマルクラッチ車/SP武川製6ディスク強化クラッチ
ノーマル一次側クラッチとの同時装着は出来ません。

ユーザのインプレッションを見る

適合車種:KLX110、KLX110 L(適合車種を見る)


SP武川:SPタケガワ
SP武川:SPタケガワ
エイプやモンキー、ゴリラを中心とした4MINIバイクのボアアップパーツやカスタムパーツを数多くラインナップ。性能と品質の良さから、国内のみならず、海外のユーザーからも非常に人気があります。
★★★★★ 4.0 (9)
星5つ

1件
星4つ

7件
星3つ

1件
星2つ

0件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
  • コストパフォーマンスに満足(1人)
  • 信頼できるブランド(1人)
  • 形状が良い(1人)
  • 細部の作りがしっかりしている(1人)
悪い点

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

SP武川 SPタケガワ : マニュアルクラッチカバーキット(ワイヤー式/ギア付き) のインプレッション一覧

インプレッション件数:全9件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 78件 / Myバイク: KSR110  |  VTR250  |  ZRX1200ダエグ )
4.0
取付車種:
KSR110
  • コストパフォーマンスに満足
  • 形状が良い
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド

マニュアルクラッチ化についてネットでいろいろ検索してたので、経験者の方々のブログ等で作業方法も知ることができました。
そうでなければ付属の説明書だけではチンプンカンプンでしたでしょう。
装着後はあの遠心クラッチのダルさから解放されてキビキビした走りを楽しめます。
ただ気になったのが、レバーのあそび量が変化する気がします。
エンジン内部の温度なのか、オイルの温度なのかわかりませんが、後に油圧式に変えたらそのようなことはありませんでした。
ワイヤーも専用品になるので、だったら最初から油圧式にすればよかったと思います。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった1人/1人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 238件 )
3.0

武川Sステージキットでエンジンをボアアップするのに合わせ、マニュアルクラッチも取り付け。
重い遠心クラッチがなくなったことで、エンジンが軽々と回るようになり、ボアアップしたことも合わせ、かなりスピードが出やすくなったのだが、KSR110の持ち味である極低速からの粘るトルクがなくなってしまい、取り付け後、慣れるまではノーマルエンジンに比べて楽しくなくなったなあと感じた。
ボアアップキット付属のカムシャフトに拠る部分も大きいだろうが、遠心クラッチを除去したことで低速トルクがかなりなくなってしまうので、ノーマルエンジンで街乗りメインの人には武川のキットはデメリットも大きい気がする。

同社のクロスミッションと組み合わせる人や、レースをする人はこのキットでいいが、ハデな見た目にしたくないという人や、低速トルクをあまり失いたくないという人はKLX110Lの純正マニュアルクラッチを流用するという方法もある(取り付けに一部加工が必要だが、武川のキットより安いし、プライマリギアが武川ほど軽くないので武川より低速トルクの落ち込みは少ないらしい)。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 38件 / Myバイク: XL883R  |  KSR110 )
5.0

まずはルックス、文句なしのUPです。レバーは、ちょっとかな?取り付け時わからない事があり迷惑を承知でタケガワさんに電話しちゃいました。すぐにピットの方に変わってくれて、丁寧に指導してくれたので、取り付け完成しました。機能は最高でノーマルエンジンでは、もったいないなーでボアアップしちゃいたい病発生です。タケガワパーツは、いいです。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 6件 / Myバイク: KSR110 )
4.0

取付は難しくはないのでが、面倒です。
取扱説明書は、殆どが文章で表されており、図が少ないのが難点です。
自分で取付作業をする人は、ホームページで公開されている取付方法を参考にすると良いでしょう。
専用工具は特に準備せず、インパクトレンチのみで作業しました。
本当はトルクレンチでトルク管理した方が良いと思います。
ワイヤーの取り回しに注意しないと、操作が重くなってしまうので注意が必要です。
試乗した感じは、「普通のバイクになった」と言う感じです。満足してます。

参考になった3人/3人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 58件 )
4.0

装着後約1,000km走行、車体状態をノーマルに戻しての感想になります。

●長所●
・ワイヤーは油圧とは違い微妙なコントロールができます。
・プライマリクラッチ一式が無くなるため、エンジンレスポンスが格段に向上します。
・発進時や急な坂道が格段に楽になりました。
・ギア抜けもほぼなくなりました。
・足クラッチの必要が無くなり、スポーツライディングができるようになった。
・他のマニュアルキットと変わらない値段でアルミクラッチカバーが付いてくるのでお得感がある。
・オプションのサーモスタットやオイルクーラーも取り付けられるように加工されているのでカスタムの幅が広がる。

●短所●
・アイドリングをそのままで使用していると、頻繁にエンストします。アイドリングを少し高めに設定すると良くなります。
・工具が無い方は別途工具をいくつかそろえる必要があります。
・他のメーカーの物と違いクラッチカバーが専用設計になるため、遠心クラッチ部分を残すことはできません。

●総評●
取り付けに苦労するものの、その他の欠点は特に見当たらないです。
足クラッチが苦手な方やスポーツライディングを楽しみたい方には特におすすめです。
ドライブギアの付いていないものも販売されていますが、おそらくこれは既にドライブギアを持っている人向けにラインナップされたものですので、ドライブギア無しでは使用できませんので、購入の際は注意したほうが良いです。

●取り付け時のアドバイス●
・説明書が文字ばかりで分かりにくいため、あまりバイクいじりの知識の無い方はショップにお願いするかネットで情報を探してから作業された方がよいです。ショップにお願いする場合は工賃のみで15,000円前後だそうです。
・特に必要かなと思った工具は、(1)電動インパクトレンチもしくはエアインパクトレンチ、(2)トルクレンチ、(2)小型バールくらいでしょうか。特にインパクトレンチはあったほうが作業が速くできます。
専用工具はちゃんとやりたい方は購入された方が良いですが、無くてもギアの間に雑巾等をはさんでインパクトレンチで一気にやってしまえば必要なくなります。
・作業に手こずった箇所は、(1)プライマリクラッチとセカンダリクラッチを留めているナットを外す作業、(2)クラッチギアの取り外し、(2)クラッチホルダから出ている謎の配線、の3つになりますが、(1)はインパクトレンチで解決できます。(2)は溶剤に数日間浸けていても取れなかったので、写真の通りマイナスドライバーを間にねじ込み取り外しました。ちなみにクラッチギアは付けなくてもほとんど変わりはないです。(2)の配線は説明書にも載っておらず、近所のショップに問い合わせるとサイドスタンドスイッチの配線だということで特に取り付けなくてもよいらしいので現在は取り外しています。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

最近チェックした商品

ページ:1/2
PAGE TOP