BRIDGESTONE:ブリヂストン ACCOLADE AC03 【100/90-19 57H】 アコレード タイヤ(タイヤ幅(mm):100,チューブ:○,チューブレス:×)(MCS09235) | ウェビック

 年
    適合パーツを見る Myバイクを登録 ×
    ×

    定価:オープン価格   →   販売価格:¥9,717(税込) 送料無料

    数量:

    • syouhin_sub_img1
    • 送料無料

    BRIDGESTONE:ブリヂストン    商品番号:MCS09235

    BRIDGESTONEブリヂストン:ACCOLADE AC03 【100/90-19 57H】 アコレード タイヤ

    PEGASO650、PEGASO600、FTR250、CX400、スティード400...(適合車種を見る)

    定価:オープン価格  →   販売価格:¥9,717(税込) 送料無料

    900ポイント(10%還元・¥900相当)

    【会員特典】まとめ買いでお得に!
    • 同じ商品を2個以上で2% OFF!
      1個あたり¥9,523(税込)
    メーカーに在庫あり(04時54分現在:在庫あり)
    通常翌日発送予定です。
    ご注文後、メールにて納期をご案内いたします。
    数量:
    欲しいものリストに追加する
    在庫・納期のお問い合わせ
    タイヤ幅(mm) 100
    チューブ
    チューブレス ×
    バイアス
    ラジアル ×
    リム径(インチ) 19
    リム幅 3
    扁平率(%) 90
    フロント
    リア ×
    タイヤ小分類 オンロード・アメリカン/クラシック
    フロント用
    サイズ:100/90-19 57H W
    標準リム幅:2.5
    許容リム幅:2.15-2.75
    外径:670
    トレッド幅:109
    ※チューブは付属しません。

    ※掲載のタイヤ適合車種は参考としてご使用願います。実際の装着サイズとは異なる場合があります。
    車種名、排気量、年式が同じでも、車種によってはマイナーチェンジ、特殊仕様車およびカスタム状況によりサイズが異なる場合がございます。必ず実際に装着されているタイヤのチューブ、サイズ、スピードシンボル、荷重指数、タイヤ種類などをご確認の上、サイズ・パターンの選択はご使用者様の自己責任において行って下さい。

    エアゲージの購入はこちら
    チューブはこちら
    タイヤレバーの購入はこちら
    リムプロテクターの購入はこちら
    エアバルブの購入はこちら



    ユーザのインプレッションを見る

    適合車種:PEGASO650、PEGASO600、FTR250、CX400、スティード400、GL500ウイング、スティード600、マグナ750、NV750、EN400、バルカン400、W650、VZ750、グラストラッカー ビッグボーイ、イントルーダー400...(適合車種を見る)


    BRIDGESTONE:ブリヂストン
    BRIDGESTONE:ブリヂストン
    日本が世界に誇るタイヤブランド「ブリヂストン」。レースシーンで磨かれた技術を一般用タイヤにフィードバック!ハイグリップタイヤからロングライフのツーリングタイヤまで幅広くラインナップ!
    ★★★★★ 4.5 (4)
    星5つ

    2件
    星4つ

    2件
    星3つ

    0件
    星2つ

    0件
    星1つ

    0件

    詳細評価の投稿はありません

    良い点
    • 信頼できるブランド(2人)
    • グリップが良い(1人)
    • ハンドリング性能(1人)
    悪い点
    • グリップ力(1人)

    ※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

    BRIDGESTONEブリヂストン : ACCOLADE AC03 【100/90-19 57H】 アコレード タイヤ のインプレッション一覧

    インプレッション件数:全4件
    インプレッションを車種で絞る 新機能
    並び順
    [ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
    さん (インプレ投稿数: 71件 / Myバイク: CB400SS )
    適合車種と関連したインプレッション
    4.0
    取付車種:
    CB400SS
    • グリップが良い
    • 信頼できるブランド

    ノーマルから履き替え、交換後1万Km程度走行してのインプレです。
    フロント、リアと同時に同じブランドに変えました。個人的にはこちらの方がパターンとしては好みです。
    ノーマルとの比較になりますが、グリップは比較にならないほど向上しました。
    フロントに使用する限りは、1万Km程度でもスリップサインは出ていませんが、ノーマルと比較すると減りは早いと感じます。

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

    参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全1件)

    さん 2013年06月15日
    峠をガンガン攻めてたら、リアは8000kmでスリップサイン出た。
    さん (インプレ投稿数: 97件 / Myバイク: JULIO [ジュリオ] )
    5.0
    • ハンドリング性能
    • 信頼できるブランド
    • グリップ力

    W400の純正タイヤ、TT100から初めての浮気をしました。
    三年間でTT100を二回交換して結構気に入ってたのですが、いかんせん耐久性があまりよろしくなく、10、000kmを超えたあたりからグリップに不安を覚えます。
    耐久性重視でAC03を選んでみましたが、車体が軽くなったような印象になります。
    TT100だと地面に吸い付いているような重さを感じていたのですが、ACはよく転がる感じがします。
    ハンドリングもTT100では重かったのですが、ACはヒラヒラと切れてくれて旋回しやすくなった感じです。
    今年の五月手前ぐらいに交換して、ほぼ毎日通勤で乗って11月の車検で溝はだいぶ残っていたので、耐久性はいいほうだとおもいます。
    しかしTT100のグリップの強さには敵わず、峠などを今まで通りの速度でカーブに突っ込むと、誤差の範囲ですが不安を感じます。
    長距離のツーリングはACのほうが疲労感が少なくていいです。
    コスト的にはTT100のほうが安く、グリップなどスポーツ面の性能は上ですが、ACはちょっと高いですが、全面的にバランスが取れていて非常に乗りやすいです。

    ※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

    参考になった2人/3人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    さん (インプレ投稿数: 137件 / Myバイク: SR400 )
    4.0

    SRとしては大定番だったTT100GPから初の浮気w

    19インチのフロントに合う数少ない選択肢、でも前評判通りマッチングは良い。

    TT100GPに較べると、やや落ち着いた印象だけど、太さがアップした分違う意味で迫力が出て◎

    あとは、やはりTT100GPとの比較だけど、ライフに期待!

    参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    さん (インプレ投稿数: 744件 )

    ACCOLADE AC03

    2009/01/26 09:31

    5.0

    W650専用タイアとして、アコレードのAC03とAC04が存在。
    他に、
    BS: BT?45V
    ダンロップ: TT100GP 又は K300GP
    IRC: GS?19
    ミシュラン: マカダム50
    ピレリ: スポーツデーモン
    メッツラー: レーザーテック
    等がW650に適合するタイアです。。。

    アコレードと上述したタイア群との相違点の前に、W650の標準タイアのスピードレンジはH記号です。 このスピード記号Hとは、最高速度210km/hまでが限界性能である意味です。
    以上の事から、W650には、Hレンジのタイアがベストチョイスになります。 換言すれば、W650には、Hレンジ・タイアが相応しいとカワサキが言っているのです!!

    BT?45V。 リアルスポーツ!! モダンなパターンが魅力的!!
    K300GP。 ネオクラシック・スポーツ!!
    マカダム50。 旧来のチューブレス・バイアスタイアの王道!!
    スポーツデーモン。 やる気まんまん!!
    レーザーテック。 俺だってネオクラシック・スポーツだいッ!!

    でもですね、み ̄んな、Vレンジ・タイアです。。。 ( Vレンジ = 240km/h )

    W650はワイアースポークホイールですから、チューブタイアの装着になります。 対して、上述のVレンジ・タイアは全てチューブレスタイアになります。 チューブレスタイアとは、チューブと一体化した機能を併せ持ったタイアですから、チューブタイアよりチューブレスタイアの方が重いのです!! W650に、これらのタイアを装着した場合、自ずとチューブをタイアとホイールの間に挿入し空気を充填する事になります。 要は、二重チューブを介したスピードレンジが高いタイアになるのです。 更に、スピードレンジの高いタイアとは、タイアのトレッドやサイドウォールが強靭である事を意味しますから、相対的に乗り心地は硬くなります。

    さて残るは、
    アコレード と TT100GP と GS?19 になります。
    全てがチューブタイアでHレンジ・タイアです。
    TT100GPは、前後輪が同じパターンで、トレッドが柔らか過ぎます。
    GS?19は、素直なハンドリングが信条ですが、摩耗より劣化が早く乗り心地が硬くなります。

    アコレードがこれらと決定的に違う事は、グリップ力!!
    そして、前後輪の直径のバランスが異なります。
    TT100GPとGS?19は、前輪より後輪の方が大きいのですが、
    アコレードは、前輪より後輪の方が小さいのです。
    前輪より後輪が小さいと言う事は、よりアップライトなポジションが得られる事になります。 W650は、腰で乗るオートバイです。 どのタイアが最適かと言えば、このタイアになるでしょう!!

    タイア交換をして、本来のW650の乗り味とは、こういうものだったのかと、改めて認識しました。
    めでたし。めでたし。

    参考になった11人/18人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

    コメント(全0件)

    • PEGASO650 94- 排気量:650cc フロント
    • PEGASO600 94- 排気量:600cc フロント

    最近チェックした商品

    ページ:1/2
    PAGE TOP