配送料一律380円(税込) ※沖縄・離島・島嶼部などの一部地域のみ972円(税込)
×

  • syouhin_sub_img1

オートクラフト:AUTOCRAFT    商品番号:00034953

オートクラフト AUTOCRAFT:HC12-1/HC12-3用クイックチャージカプラーキット

販売価格:¥6,048(税込)

60ポイント(1%還元・¥60相当)

メーカーに在庫あり(17時36分現在:残りわずか)
最短で2日後に出荷予定です。
未設定「東京都世田谷区三宿」にお届け

商品のお届け地域によりお届け日数が変わります。

ご注文後、メールにて納期をご案内いたします。
数量:
欲しいものリストに追加する
在庫・納期のお問い合わせ
型式名:HCQC-2
【キット内容】
・防水ソケット付バッテリー接続用ハーネス ×1
・充電器接続用プラグ ×1
・タイラップ ×5
・マジックテープ ×1
【特徴】
・外装を外さず、即充電開始!
HC12-1/HC12-3との併用で便利に
・完全防水設計
・高級線材を使用
・5Aヒューズ内蔵
充電器選びのコツの説明はこちら

外装を外さず、即充電開始!
クイックチャージカプラーキットを予めバイクに配線・装着しておけば、車体からバッテリーを取り外さなくても、トリクル充電器にカプラーオンでスピーディーにバッテリーチャージが行えます。

HC12-1/HC12-3がより便利に
HC12-1/HC12-3との併用で、これまで面倒だったバッテリーチャージが手軽な日常のメンテナンスへと変わります。本キットがあなたをバッテリーメンテナンスのわずらわしさから解放します。

完全防水設計
防水カプラーを使用していますので、雨の日でも漏電の心配無し。

高級線材を使用
耐油性、耐熱性、耐紫外線に優れ、曲げに強い柔軟な被膜素材を採用した線材を使用する事により、配線の亀裂、劣化によるショート等の電気的なトラブルに強い設計。

5Aヒューズ内蔵
長時間、無人でも安心してご使用頂けます。

ユーザのインプレッションを見る
★★★★★ 3.6 (8)
星5つ

2件
星4つ

3件
星3つ

1件
星2つ

2件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
悪い点

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

オートクラフト AUTOCRAFT : HC12-1/HC12-3用クイックチャージカプラーキット のインプレッション一覧

インプレッション件数:全8件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 1117件 )
4.0

雪の降る地域では必需品?と言えるほど便利です。

値段は張りますが試す価値ありだと思います。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 21件 )
4.0

05年式 XR250用に購入

補充電を行う度に、サイドカバーを外す必要があるため、ちょっと金額が気になったのですが思い切って買ってみました。


良い点

・接続が簡単。バッテリーのターミナルを外して端子を一緒に締めるだけ。余ったコードは束ねて付属のタイラップなどでブラブラしないように固定します。

・充電が簡単。サイドカバーを外す手間から解放されました。

・しっかりした作り。防水カプラーの作りが非常にしっかりしており、その点に関しては心配なさそうです。

悪い点

・価格がちょっと高いと思います。購入するとき、かなり考えました。


実際に使用している現在は、この価格にも納得できる品質を備えていると思いますので、充電器を頻繁に使用される方は損のない商品だと思います。

参考になった2人/2人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 87件 / Myバイク: ZX-12R  |  TZR250R  |  FZR250 )
4.0

最近増車したのですがなかなか乗り出せずにいました。いざ乗り出そうとするとセルモーターが元気よく回りません。乗らずに放置しているとやはりバッテリーの電圧低下は防ぎようがないもの。そこでこれをバッテリーに装着し別で購入した充電器に繋いでおけば保管中にバッテリーを最適に保ってくれる。これからバイクシーズンですし、いつでも出掛けられるようバッテリーのメンテナンスは必須です。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 29件 / Myバイク: TMAX530 )
2.0

毎日がちょい乗りの私の必需品!取付けさえすれば気軽に充電(専用充電器が必要)ができます。とても便利ですが、価格が高いのであえておすすめはしません!

参考になった2人/3人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 442件 )
5.0

全く個人的な予想なのですが、バッテリー充電器を持っている人の割合というのは実は相当低いのではないかと思っています。

自分の周りに充電器を持っている人は殆ど居ませんし、充電時に車体からバッテリーを外す際にプラスとマイナスのどちらから外すべきなのかを知らない人だらけです。
知らないと言う事はつまり、充電する為に自宅でバッテリーを外したりはしていないと言う事だと思います。
近年のバッテリーは補充電の必要を感じさせないほど高性能ですし、年式の新しい車両であれば充電系統が壊れてしまう話もあまり聞きませんから、何事も無ければそれで良いのかもしれません。

確かにマメに乗っていればバッテリーが上がってしまって始動できないと言うようなトラブルはあまり起こらなくなったと思います。
だから充電器など不要・・・かと言うと、そうでもないと言うのが今回のテーマです。

ではどのような時にバッテリーが上がってしまうのでしょうか。

ひとつは春先に冬眠していたバイクを再び乗ろうとした際です。
春先に乗ろうとしたらウンともスンとも言わなかったり、弱々しくセルモーターが回っているうちにバッテリーが終了してエンジン始動失敗してしまった経験は誰しも経験した事があるのではないでしょうか。
また、梅雨明けの時期も危険です。
雨で乗らない時期はたった1ヶ月半程度のはずですが、気温が高い事もあってバッテリーの自己放電速度が早まり(バッテリーは全く使用していなくても少しずつ自然に放電していきます)、梅雨明けに乗ろうとしたらウンともスンとも言わなかったり・・・、と春先と同じ目にあったりした事はありませんか?
春先にバイク屋さんで充電したばっかりなのに!!

しかし、そんな事になる度にバッテリー充電を依頼するのは面倒ですし、かと言ってバッテリーを充電しようとしても面倒くさい・・・、自分で充電しようとして逆接続しちゃうかもしれないですし、配線がショートしたら火花とか出たりして怖いし、あぁん!どうしよう!!

そんな人にオススメなのがこの商品です。

防水型コネクターと配線が付属してくるだけの超単純な商品ですが、一度ショップで充電用配線を取り付けてもらえば、後は充電器側にセットしたコネクターを差すだけで絶対に接続ミスをしないと言うのが素晴しいです。
乗らない時にトリクル充電器(自然放電して弱ってしまう分だけを充電し、常にバッテリーを100%充電の状態に保ってくれる充電器)と接続しておけばいつでもバッテリーの状態は完璧ですし、そこまでしなくとも充電時にいちいちタンクやシートを外す手間が省けます。

実際問題、常時充電器と車体を繋いでおけれる恵まれた環境の方は少なく、殆どの人は必要な時にしか充電できないのではないかと思いますから、思い立ったら車体をバラさなくとも速攻で充電を開始できるメリットは図り知れません。
しかも逆接やショートの心配も無いのですからたまりません。

あまりの単純さゆえ、車両を乗り換えてもずっと使えるのも素敵です。
充電器と接続するコネクターは普段は見えている必要が無いので、「目立たない場所にいかに上手くコネクターを隠しておくか」がセンスの見せ所ですぞ。

                                     (わっきぃ)

参考になった5人/6人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

その他
  •  汎用

バッテリー関連

最近チェックした商品

ページ:1/2
PAGE TOP