×

  • syouhin_sub_img1
  • 送料無料

ウィック・ビジュアル・ビューロウ:Wick    商品番号:WVD-122

ウィック・ビジュアル・ビューロウ Wick:500ccワールドチャンピオン 頂点を極めた22人

販売価格:¥3,672(税込) 送料無料

37ポイント(1%還元・¥37相当)

通常メーカー在庫商品です。
2日前後で発送予定です。
ご注文前に納期をご確認したい場合は「在庫・納期のお問い合わせ」よりお問い合わせください。
弊社神奈川物流センターからの出荷です。
書籍
144ページ
A4変形
著者:マイケル・スコット
序文:ケニー・ロバーツ
翻訳:近藤茂寛

◆内容
The 500ccワールドチャンピオン 頂点を極めた22人-真実の物語

1949年以降 半世紀に渡り繰り広げられたロードレース世界選手権最高峰500ccクラス。初代、空軍爆撃機パイロット レス・グレアムから21世紀の天才 バレンティーノ・ロッシまで。その歴代チャンピオン総勢22人全員の生い立ちや苦悩、そして歓喜を細かく記録した本書。コース内外に及ぶ激しいライバル争いを制し、貪欲に求めた栄光の先にあったものとは…。
1984年からGPジャーナリストとして活躍してきた著者マイケル・スコットは、今も健在な歴代チャンピオンたち全員にインタビューを試み、その経歴を貴重な200点以上のグラフィックと共に再現した。

●レス・グレアム 品格溢れる初代チャンピオン
●ウンベルト・マセッティ 二輪を恐れた異能のライダー
●ジェフ・デューク 新たな地平を開いた静かなるカリスマ
●ジョン・サーティーズ あまりにも強かった頑固なレース職人
●リベロ・リベラーティ デュークに挑んだ悲運のイタリア人
●ゲイリー・ホッキング アフリカからやってきた夢多きタフガイ
●マイク・ヘイルウッド 義理にも厚いスーパーヒーロー
●ジャコモ・アゴスチーニ ライバル不在の中、達成した大記録
●フィル・リード 最長のキャリアを誇る異端児
●バリー・シーン 大局観を備えた新時代のパイオニア
●ケニー・ロバーツ 3連覇を達成した誇り高き王者
●マルコ・ルッキネッリ 世界チャンピオン、そしてパーティの主役
●フランコ・ウンチーニ 常に冷静だった知性派ライダー
●フレディ・スペンサー 儚かった天才のレース人生
●エディ・ローソン 栄光への終わりなき成長
●ワイン・ガードナー 限界を追い求めた野性児
●ウェイン・レイニー 止むことなき勝利への渇望
●ケビン・シュワンツ 6度目に実を結んだ天性のスピード
●ミック・ドゥーハン 苦難を超えて成し遂げた5連覇
●アレックス・クリビーレ 静かなる征服者という生き方
●ケニー・ロバーツ・ジュニア 諦めたわけではなく、休養しているだけ
●バレンティーノ・ロッシ 最後の栄冠を手にした現代のヒーロー

ユーザのインプレッションを見る

ウィック・ビジュアル・ビューロウ:Wick
ウィック・ビジュアル・ビューロウ:Wick
MotoGpシリーズ、ゴーストライダー、ライディングテクニックのDVD等、各種DVDの企画・製作・販売などを取り行います。レースの興奮、バイクの排気音を高画質、高音質で収録。それでいてリーズナブルなプライス。商品点数も、90点以上と豊富に取り揃えています。
★★★★★ 5.0 (1)
星5つ

1件
星4つ

0件
星3つ

0件
星2つ

0件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
悪い点

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

ウィック・ビジュアル・ビューロウ Wick : 500ccワールドチャンピオン 頂点を極めた22人 のインプレッション一覧

インプレッション件数:全1件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 519件 )

1993 GRAND PRIX 総集編

2009/07/21 10:00

5.0

DVD化されてからずっと欲しかったのですが、先日ようやく視聴できました。無冠の帝王シュワンツがついにチャンピオンを獲得した93年ですのでファンとしては必見です。私はリアルタイム世代では無いのですが、シュワンツも89年辺りの一発屋な感じから安定感を身に付けて大分落ち着いた走りをしてる感じがしますね。RGVγの熟成も進んでいたのかもしれません。
その他のライバルの走りですが、個人的には最近まで第一線で走っていたバロスがシュワンツのチームメイトとしてかなり切れた走りをしているのが感慨深いです。もう一人目立っているのはこれまた現在も活躍している伊藤真一選手でしょうか。実はFIが搭載されていたという噂のロスマンズのNSR500を駆り、他車を圧倒するスピードでかっ飛んでいました(笑)これは反則やろ~と思いつつも、それでもトップライダーらに後半にはきっちり押さえられてる辺りにレースの奥深さを感じてみたり。
最期はシュワンツが念願のチャンピオンに輝く訳ですが、散々言い古された事ですが宿命のライバルを失ったりと複雑な一年だったように思えます。この後シュワンツがパッとしなくなってしまう事からも何となく寂しい感じがしました。
リアルタイムの方にも私のような最近のファンにもお勧めの1本です。今のMotoGPとは一味違うバトルが見られますので、単純にかつてのGPを見てみたい向きでも楽しめると思います。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

DVD・書籍・カタログ

最近チェックした商品

ページ:1/2
PAGE TOP