【3,000円以上で完全送料無料!】
×

  • syouhin_sub_img1
  • syouhin_sub_img2
  • syouhin_sub_img3
  • 送料無料

GALE SPEED:ゲイルスピード    商品番号:28331112

GALE SPEED ゲイルスピード:アルミニウム鍛造ホイール【TYPE-R】 リア

Z1000 (水冷)(適合車種を見る)

定価:¥95,040(税込)  →   販売価格:¥89,363~(税込)

894ポイント(1%還元・¥894~相当)

納期:必須項目選択時に表示されます
数量:
欲しいものリストに追加する
在庫・納期のお問い合わせ
■TYPE-R

【素材/材質】アルミニウム
【使用箇所・用途 (-用)】リア
【サイズ】600-17
【仕様】リアシャフト径 Φ20

取扱説明書【PDF】はこちら
GALESPEED専用スプロケット【アルミ素材】はこちら
GALESPEED専用スプロケット【スチール素材】はこちら
オプション・リペアパーツはこちら

※画像はイメージです。
※現在GALESPEEDのホイールは、塗装工程を担当する協力工場にて諸問題が発生し、通常時の塗装ペースから大幅に遅れ、納期が長くなっております。
詳細はこちらをご覧ください。

※XJR1300 -99(国内)/XJR1300 -98(輸出)/XJR1200の場合、190サイズのタイヤはチェーンに接触する場合があります。(メッツラー スポルテックM1 対応可能)
※ホイールの交換はインチダウンを含めて、操縦安定性・制動特性が変化します。ご自身の体が変化に慣れるまでは十分にご注意ください。
※純正のリアディスク用ローターボルトが別途必要です。
※装着には別売りの専用スプロケットが必要です。(ノーマルスプロケットは使用できません)
※車種によっては別途パーツが必要な場合があります。メーター補正にはアクティブ製デジタルモニターをおすすめします。


TYPE-Cから前後で約10%の軽量化を果たした上位モデル。
異なる太さのラフメッシュ10本スポークが強度としなやかさを与え、レースユースにも耐えうる性能を持ちます。
ミニ用の小径ホイールもラインナップ。

ユーザのインプレッションを見る

適合車種:Z1000 (水冷)(適合車種を見る)


GALE SPEED:ゲイルスピード
GALE SPEED:ゲイルスピード
アルミ・マグネシウム問わず鍛造の高品質なカスタムホイールが有名なゲイルスピード。アクティブのこれまでに培われた種々のノウハウがフィードバックされ、マスターシリンダーやディスクローター等、ロードレースの世界でもワークスに認められるほどのブランドです。
カラー 出荷予定時期 価格(税込) 個数
ゴールド 納期:必須項目選択時に表示されます ¥94,348
パールホワイト 納期:必須項目選択時に表示されます ¥89,363
ガンメタリック 納期:必須項目選択時に表示されます ¥94,348
ブラックメタリック メーカー欠品中 -
ブロンズ 納期:必須項目選択時に表示されます ¥94,348
ポリッシュ 完売 -

GALE SPEEDアルミニウム鍛造ホイール[TYPE-R]シリーズ商品一覧

すべての商品を見る

最近チェックした商品

ページ:1/2
★★★★★ 2.0 (1)
星5つ

0件
星4つ

0件
星3つ

0件
星2つ

1件
星1つ

0件

詳細評価の投稿はありません

良い点
悪い点

※メーカー投稿のインプレッションは評価にカウントされていません。

GALE SPEED ゲイルスピード : アルミニウム鍛造ホイール【TYPE-R】 リア のインプレッション一覧

インプレッション件数:全1件
インプレッションを車種で絞る 新機能
並び順
[ 関連度順 | 新着順 | 高評価順 | 低評価順 ]
さん (インプレ投稿数: 13件 / Myバイク: ADDRESSV125 [アドレス]  |  XJR1300 )
5.0
  • コストパフォーマンスに満足
  • 期待通りの性能
  • 信頼できるブランド

なんといってもコストパフォーマンスがいいし、ノーマルに比べたら軽快感が身をもって感じられます。違うパイクに乗っているようでした。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

さん (インプレ投稿数: 0件 )
2.0

オーダーしてから入荷までたっぷり2ヶ月待たされた挙句、ショップで開梱してみたら傷が残ったままコーティングされたものだった。

返品して再度1ヶ月近く待って入荷したものも同様に傷の上からコーティングされていた。
アクティブに文句言ったが、結局結論としては
「これ以上の品質は無理とメーカー(ゲイルスピード)が言っている」だそうである。
見たところ磨き傷でなく、ガラスコーティングするまでの間に扱い傷を付けているのは明白で、単に製品扱いに配慮が足りないのである。

研摩そのものも磨きが完全とは言えず特にハブ廻りの磨きがかなり甘い。

二度にわたり傷でクレーム出ししたが、きりが無いので傷品を受け取って自分で再研摩するからコーティング分位値引きしろと交渉したら、再度返品を受けてコーティング無しの製品を出荷すると言う。ユーザーの都合も考慮されず呆れた話である。

塗装品と同一価格を実現した努力は認めるが、そもそもそんな価格では無理なのだから不完全品を市場に出す位なら価格を少々上げても製品の完成度を高めるべきで趣味性のアフターパーツメーカーにおいて姿勢を疑いたくなるものである。

参考になった0人/0人 このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全0件)

PAGE TOP