【3,000円以上で完全送料無料!】
台風19号による配送遅延に関するお知らせ【10月17日 (火)15:00更新】
即位礼正殿の儀に伴う配送遅延のお知らせ
×

NITRO RACING ナイトロレーシング:4in1 機械曲げチタンEXマフラー

NITRO RACING:ナイトロレーシング    商品番号:EX-04STUKT3-V2

GPZ750R、GPZ900R( 適合車種を見る)

  • 送料無料

販売価格:¥199,648~(税込) 定価:¥220,000(税込)

最大20,571円分のポイント獲得が可能な商品です (現金購入の場合:1%還元・¥1,996相当)

キャッシュレス決済なら
合計6%還元!
webikeポイント獲得: 1,996ポイント 1%還元・¥1,996~相当(ウェビック)
キャッシュレスポイント獲得: 9,982~ポイント 5%還元・¥9,982~相当(消費者還元補助)
Webikeカードなら

さらに+2%還元!

webikecard

今ならWebikeカード入会で4,600ポイント獲得!
更に、期間中のお買い物が何度でも+10%ポイント還元!

納期:必須項目選択時に表示されます

ウェビック安心サービス

ウェビック安心サービス 修理保証修理保証 対象商品
ウェビック安心サービス パーツ適合保証パーツ適合保証 対象商品
数量:
欲しいものリストに追加する
在庫・納期のお問い合わせ
【材質】
・サイレンサー:チタン
・エキゾーストパイプ:チタン

【エキパイ仕様】
・UPタイプ
・集合方式:4in1
・テールパイプ外径:Φ60.5
・エキゾーストパイプ径:Φ38
・エキゾースト表面仕上:ハーフポリッシュ

【セット内容】
・集合部
・テールパイプ
・スプリング8本
・サイレンサー
・エンドバッフル
・サイレンサーバンド
・サイレンサーステー
・エキゾーストパイプ1台分

【メンテナンスデータ】
・ドレンボルト:○
・センタースタンド:×
・オイルフィルター交換:集合部脱着要

ガスケットの購入はこちら
他のタイプはこちら

※画像はイメージです。
※エンドバッフルは出荷時にサイレンサーに装着済です。
※取り付けの際はノーマルフランジをお使いください。KITには含まれておりません。
※グレネードチタンサイレンサーはΦ90のサイレンサーバンドでのマウントとなります。
※コニカルチタンサイレンサーV-1/V-2/V-3にはステーが取り付けられていますのでサイレンサーバンドは付属しません。
※シングルタイプのバックステップ等に変更もしくはノーマルステップのタンデム部の切断加工が必要です。
※ウィンカーの種類によってはサイレンサーとの干渉が考えられます。その場合はウィンカーの交換が必要となります。
※NITRORACINGサイレンサーに装備されている消音用バッフルは、決して取り外さないで下さい。またサイレンサー内部消音ウールは、定期的に点検しオーバーホールする事をお勧め致します。
※2000年以降に生産された車輌で、マフラー内に触媒装置等を装備しているモデルには対応しておりません。マフラー交換後の公道走行は違法となりますので、ご注意ください。
※ショートテールタイプのサイレンサーステーはOHLINS Rショックのリザーバータンクが取り付け可能な構造となっております。
※ショートテールタイプは、NITRO RACINGタンデムステップブラケットKIT Type 1は取り付け不可となります。すでにType 1をご使用の場合はタンデムステップブラケットKIT Type 2への交換を行ってください。
※画像1は商品のイメージとなります。選択肢で選べるサイレンサー形状は、画像2にてご確認ください。


【ロングテール仕様】
走りを追求し、集合部を可能な限りセンターにレイアウト。
EXパイプは、NITRO RACING製ダウンチューブ、及びサブフレームの装着を考慮した専用設計。
テールアップのシルエットがカスタムNINJAをより強く演出します。

【ショートテール仕様】
スパルタンなルックス、そしてコンパクトさを兼ね備えるショートテール。
EXパイプは、NITRO RACING製ダウンチューブ、及びサブフレームの装着を考慮した専用設計。
ロングセラーを誇るNITRO RACING NINJA EXマフラーの新しいカタチ。


ユーザのインプレッションを見る

適合車種: GPZ750R、GPZ900R ( 適合車種を見る)


NITRO RACING:ナイトロレーシング
NITRO RACING:ナイトロレーシング
「NITRO RACING」のナイトロとは起爆剤の意。日本人の多くはニトロと発音する方が一般的に浸透している。大型国産ON-ROADマシンをメインとしたパーツ展開をし、その対象機種の傾向としては、空冷Z、カタナ、Ninjaといった1980年前後に生産されたいわゆる名車と呼ばれる分類に属した機種が中心となっている。

最近チェックした商品

ページ:1/1
この商品のインプレッションはありません。