Webikeが支援しているさまざまなモータースポーツ活動をお伝えします。

Webike MOTOSPORT ウェビック・モトスポーツ

menu_icon
【Webikeチームノリックヤマハ】2021 SUGOロードレースシリーズ Round1
更新:2021.05.13

【Webikeチームノリックヤマハ】2021 SUGOロードレースシリーズ Round1

 

■大会名:2021 SUGOロードレースシリーズ Round1
■開催日:2021年5月9日(日)
■開催場所:宮城県 スポーツランドSUGO

■ライダー/レース結果
・ST600 Supported by BRIDGESTONE #98 阿部真生騎
予選:2位
決勝:2位

 

レースレポート

2021年5月9日(日) 宮城県 スポーツランドSUGOにて[2021 SUGOロードレースシリーズ Round1]が開催されました。
チームノリックからは阿部真生騎が ST600 Supported by BRIDGESTONE に参戦しました。

 

阿部真生騎
■2021 SUGOロードレースシリーズ Round1 ST600 Supported by BRIDGESTONE
予選:2位 決勝:2位 Best Time:1’33.571

 

阿部光雄監督コメント

5月22、23日の全日本選手権SUGO大会を控え、レース経験が少なく、SUGOでのタイムが足りない真生騎は急遽SUGO選手権に出場することになりました。
金曜日午後からのスポーツ走行を走り始め、金曜日は1分34秒4に止まり、土曜日には1分33秒前半を目指しましたが惜しくも33秒56でした。しかし自己ベストの32秒台が見えてきました。
日曜日の予選に32秒台が出れば全日本では31秒台が狙えると、32秒台を目指しました。
なんとか32秒96を出し、横山尚太選手に次いで2位でした。
決勝のスタートは横山選手に次いで2番手で発進、2周目まではそこそこ付いて行けたのですが3周目あたりからは予選のタイム差通り差が開き、3位選手とは真生騎も差を広げましたが単独走行の2位でした。
ベストタイムはガソリン満タンに近い3周目に1分33秒3を出し予選タイムを上回る事を期待しましたが、風が強かったこともあり3周目のタイムがベストでした。

今回は全日本に向けての事前テスト前にタイミングよくSUGO選手権があり出場となったのですが、32秒台も出せ、事前テストへの課題も見つかり、本番の全日本で31秒台を狙えるところ迄来たなと感じたので、急遽でしたが有意義なレース出場でした。
10日はいつも使わせていただいているエビスサーキット西コースで、今回勝った横山尚太選手と阿部恵斗、真生騎の3人で1コーナー付近のオーバルコースを使いトレーニングを行い、11、12日のSUGO事前テストに繋げます。
次回レースに向けスタッフ共々全力を尽くします、応援をよろしくお願い致します。

 

photo by Ishizaki Nobuki

PAGE TOP