Webikeが支援しているさまざまなモータースポーツ活動をお伝えします。

Webike MOTOSPORT ウェビック・モトスポーツ

menu_icon
【Webikeチームノリックヤマハ】2020 SUGOロードレースシリーズ第4戦
更新:2020.08.18

【Webikeチームノリックヤマハ】2020 SUGOロードレースシリーズ第4戦

 
■大会名:2020 SUGOロードレースシリーズ第4戦
■開催日:2020年8月16日(日)
■開催場所:宮城県 スポーツランドSUGO

■ライダー/レース結果
・ST600ナショナルクラス
#98 阿部真生騎 予選:クラス1位 総合12位/決勝:クラス1位 総合2位

 

レースレポート

スポーツランドSUGOで開催された「2020 SUGOロードレースシリーズ第4戦」に、阿部真生騎選手が参戦しました!

猛暑の中、ブレーキに問題を抱えたレースとなりましたが、元GPライダーのアドバイスをもらい、タイムを縮めることに成功しました。
決勝ではホールショットを奪うこともでき、クラス優勝をすることができました!

次回参戦は8月29日(土)に茨城県の筑波サーキットで行われる「筑波ロードレース選手権 第3戦」に阿部真生騎選手が参戦いたします!
応援をよろしくお願いします!

 

阿部真生騎
■2020 SUGOロードレースシリーズ第4戦 ST600ナショナルクラス
予選:クラス1位 総合12位/決勝:クラス1位 総合2位

 

阿部真生騎選手コメント

最近600のタイムが出ていなかったので、今回マシンのセットを変えたら一気にタイムが上がってやっとタイムが更新できるかと思いました。
しかし、予選から決勝に変えたのがあまり良くなく、タイム自体の更新はできませんでした。
ただ、今回のレースでタイムが出ない理由がわかったので、次の筑波にも繋げたいと思います。

また、総合2位クラス1位だったので気持ちを切り替えて、次の筑波で頑張りたいと思います。

 

阿部光雄監督コメント

今回は猛暑の中、IAライダーとNAライダーの混走でした。
SUGOを暫く走っていなかったのと、フロントブレーキに問題を抱えていた為、金曜日午後から練習走行を始めました。
ブレーキは主にレバーの違いに問題があったようで、交換により解消はしましたが、長く問題を抱えたまま走行していた為か、思ったようにタイムは上がらず、土曜日はセッティングの詰めに時間をかけました。
今回は宇井陽一(元GPライダー)さんに私たちでは考えつかなかったセッティング、メンテナンス要領等、沢山のアドバイスと真生騎にはコース攻略、ライディングへのアドバイスを頂き大変参考になりました。
お陰で土曜日には1秒ほどのタイムアップに成功。

日曜日の予選では計測2周目にまた1秒ほどのタイムアップを成し遂げました。
暑さのため好タイムは望めませんでしたが、7周目にシケインで転倒を喫し終了するまでのタイムで地元IAライダーに次ぐに2番手、クラストップでした。
ベストタイム 1分35秒77

決勝
予選での転倒を踏まえ、少しセッティングの変更を施しレースへ臨みました。
フロントを持ち上げながらも好スタートでホールショットを奪いましたが1周目ゴールラインではトップを奪い返され、その後引き離され、後ろとはタイム差があったので、単独2番手走行で全体的には2位、クラス優勝でした。

真生騎はここのところ不調だったのですが、ブレーキの問題も解消され本来の速さに戻りつつあるようで、宇井さんのアドバイスを活かし今後の飛躍に繋げることができそうなレースウィークでした。

 

photo by Ishizaki Nobuki

PAGE TOP