Webikeが支援しているさまざまなモータースポーツ活動をお伝えします。

Webike MOTOSPORT ウェビック・モトスポーツ

menu_icon
Pitin
【Webikeチームノリックヤマハ】もてぎロードレース選手権 第4戦
 
更新:2015.07.09

【Webikeチームノリックヤマハ】もてぎロードレース選手権 第4戦

■大会名:2015 もてぎロードレース選手権 第4戦

■カテゴリ:ST600、ST250T Eternal、MFJレディースロードレース Queen&Princess250T

■開催日:7月4日(土)・5日(日)

■開催場所:ツインリンクもてぎ

 

2015年7月4日から5日、ツインリンクもてぎで2015 もてぎロードレース選手権 第4戦が開催され、Webikeチームノリックヤマハからは、岡本裕生選手が7月4日(土)のST600クラスに、中原美海選手が5日(日)開催のST250のST250T EternalクラスとQueen&Princess250Tの2レースにダブルエントリーで参戦しました。

 

岡本裕生選手は、自身のレコードを更新することは出来なったものの、スタートの1、2コーナーでアウトから巻き上げ、そのままトップを譲らず1位でチェッカーを受けました。

中原選手は1日のうちに2レース分の予選と決勝を戦う厳しいレースの中で、ミッショントラブルも発生するなかでST250T Eternalで10位、Queen&Princessトロフィーでは、総合1位、Queen&Princess250Tクラスでも優勝と結果を残しました。

 

次戦は、7月18日に開催される「筑波ロードレース選手権第3戦」に岡本裕生選手、中原美海選手、阿部恵斗選手が出場します。ファンの皆様の温かいご声援を次戦もよろしくお願いいたします!

 

岡本 裕生
■ST600  【決勝】1位 / Best 1’57.999 曇り ドライ  【予選】1位 / 1’58.727 曇り ドライ

 

=岡本裕生選手コメント =

予選では、朝まで降っていた雨が少し残った状態でのタイムアタックとなりました。

基本的にはドライの路面でしたが、V字コーナーは路面改修されているので乾きが悪く、思っていたより濡れていました。難しいコンディションでしたが、1分58秒727というタイムでポールを取ることが出来ました。

決勝では、濡れていた部分も乾き、ドライでのレースでした。

スタートでは出だしが遅れてしまいましたが、1、2コーナーでアウトからまくり、トップで1周目を終えました。そこからペースを上げてレコードを狙っていったのですが、思うようタイムが上がらず、そのまま1位でチェッカーになりました。

今回のベストタイムは1分57秒999ですが、レコードタイムを更新することは出来なかったので凄く悔しいです。また次回に向けてトレーニングを頑張ります!

今回も、チームの皆様。沢山のスポンサー様と、応援してくださった皆様。ありがとうございました!

 

 

photo by Ishizaki Nobuki

 

中原 美海
■Q&P250T 【決勝】1位 / Best (コースレコード) 2’23.688 曇り ドライ  【予選】1位 / 2’24.522 曇り ドライ
■ST250T Eternal 【決勝】10位 / Best 2’23.084 曇り ドライ  【予選】8位 / 2’25.672 曇り ドライ

 

=中原美海選手レース概況=

■今回のレースはもてぎロードレース第4戦と、MFJレデイースロードレースのダブルエントリーの中で、もてぎロードレースST250Tクラスの予選が先に始まる。

予選は36台がアタックとなり、多い台数の中でいかにクリアラップを取るかという状況。その中で2分25秒672の8番手タイムを記録。

続けて行われたレディースロードレースの予選は17台の中で、2分24秒522と先ほどのST250クラスからタイムを1秒以上短縮し、総合で1位の予選タイム。まだまだマシンとコースへのセッティングを合わせながらのトライの中で、ミッションにトラブルの兆候が出始め、予選2本が終了し午後への決勝に臨むことになりました。

 

決勝はもてぎロードレースST250Tクラスから。スタートと共に少しずつ順位を落とし、1周目を回る頃には総合の11位にポジションダウン。そのままのペースで走りながらも一時、13位までポジションを下げ、最終的には12位チェッカーとなりました。今戦からクラスが上がり、Eternalクラスとなった中原選手。このクラスは猛者が多い中、今後への課題を見つけるレースとなりました。

続くレディースロードレースでは1番グリットからのスタート。1周めの終了時点では2位に落ちてしまうものの、2周めでトップを追い抜き1位に浮上。そのままハイペースで周回を重ね、6週目には2分23秒台に突入、7週目に2分23秒688のクラスコースレコードを記録する走りでそのままトップチェッカーとなりました。

マシンのコンディションが万全でない中、今後に繋がる走りとなりました。

 

※7月10日追加

=中原美海選手コメント =

金曜日に雨の中2本の練習走行に参加をしました。そして日曜日の朝に特スポが1本ずつあり、最後の調整をしました。日曜日で予選と決勝、2レースずつというスケジュールです。

モテローST250予選

ST250の予選では少しだけ路面は濡れていたけど、ドライタイヤで予選に挑みました。
3週目あたりからギアチェンジの違和感を感じ、3速から4速になかなか入らない状態でした。その状態での走行が続き、タイムは2分25秒.369。
いつものタイムに近づける事も出来ませんでした。グリッドは8番グリッドから。

レディースロードレース予選

続いてレデイースロードレースクラスの予選を走りました。
V字コーナー以外はそこまで濡れていませんでしたが、ST250の時のミッションの違和感は残っていました。
しかし予選は始まっているので、コースに1番に出て行きタイムアタックを開始。
2位とはあまりタイム差をつけられませんでしたが、タイムは2分24秒.522でST250の予選よりもタイムを伸ばすことが出来ました。
グリッドは一番グリッドで決勝を迎えます。

 

モテローST250決勝

ギアの不具合はそのままの状態で決勝を迎えました。
スタートはうまくいき、8番グリッドから6位くらいまで上がることが出来ました。
前の集団について行こうとしましたが 3速、4速、5速とギアが入りづらく 前の集団にもついて行けず 後退してしまいました。
中盤はこれ以上順位を下げたくない!という気持ちで頑張りましたが、特に4速から5速のギアチェンジが上手く繋げられず、一気に12位まで後退してしまいました。
最終ラップ、ビクトリーコーナーで頑張って、最終コーナーの立ち上がりを早くしてみましたが、順位は変わないままチェッカー。
予選8位、決勝12位でした。

 

 

 

レディースロードレース第2戦決勝

サイティングラップのとき、少しだけ雨が降ってきましたが、路面が濡れる程ではありませんでした。
決勝が始まりスタートでは少し遅れてしまいましたが、1コーナーは1番に入りました。
そのまま逃げ切ろうと思ったけど、またミッションの入りが悪く、4コーナーから5コーナーまでの間で1台に抜かれてしまいました。
そこからは2台バトルでした。1周目の最終コーナーの立ち上がりを早くして、スリップについて抜きました。
4周目、4コーナー立ち上がりでまた抜かれてしまいましたが、バックストレートで抜き返し、その後は抜かれないように、スリップにつかれないように走りチェッカー。
予選1位、決勝1位でした。

 

今戦の反省点は、 難しい車両状態でも 上手く合わせられなかった所、車両の違和感に早く気付けるように、今後は気をつけて頑張りたいと思います

サポートの皆様 、応援して下さった皆様、そしてチーム関係者の方々 有り難う御座いました
今回は良い結果だけが報告できませんでしたが、次回良い報告だけをお伝えできるよう頑張ります!

webikeチームノリックヤマハ#81 中原美海

 

 

▼フォトギャラリー

【Webike Team Norick YAMAHA】もてぎロードレース選手権 第4戦