Webikeが支援しているさまざまなモータースポーツ活動をお伝えします。

Webike MOTOSPORT ウェビック・モトスポーツ

menu_icon
【Webikeチームノリックヤマハ】筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦
更新:2020.03.11

【Webikeチームノリックヤマハ】筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦

 
■大会名:2020年筑波ロードレース選手権第1戦
■開催日:2020年3月7日(土)
■開催場所:茨城県 筑波サーキット

■ライダー/レース結果
・J-GP3クラス
#31 青田魅/予選:クラス4位/総合8位 決勝:クラス5位/総合10位

・ST600クラス
#98 阿部真生騎/予選:クラス1位/総合:4位 決勝:クラス1位/総合:3位

 

レースレポート

筑波サーキットで開催された「筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦」の「J-GP3」クラスに青田魅選手が参戦し、「ST600」クラスに阿部真生騎選手が参戦しました。

青田魅選手はJ-GP3予選1分2秒637でクラス4位。決勝は1分2秒730でクラス5位でフィニッシュ。自身のベストタイムを更新することができました。

阿部真生騎選手はST600予選59秒273、決勝は59秒405で予選決勝共にクラス1位を獲得しました。しかし、レース後半でスタミナ切れを起こしタイムを伸ばす事が出来ず、今後の課題を残すレースとなりました。

2020年初戦、幸先の良いスタートとなりました。

次回参戦は3月21日(土)に栃木県のもてぎサーキットで行われる「もてぎロードレース選手権 第1戦」に阿部恵斗選手と阿部真生騎選手が参戦しいたします!応援よろしくお願いします!

 

青田魅
■筑波ロードレース選手権第1戦 J-GP3クラス
予選:クラス4位/総合8位 決勝:クラス5位 / 総合10位 Best Time:1’02.730

 

青田魅選手コメント

今年からJ-GP3のバイクにステップアップしましたが、なかなか練習に行けないまま前日の走行日になってしまいました。前日の走行で、ベストタイムを更新しましたが、周りのライダーたちのタイムには少し届きませんでした。

しかし、予選では、更にベストタイムを更新し、8番手を獲得しました。
決勝では、前のバイクを1台でも多く抜くことに集中しスタートしましたが、1ヘアで前のバイクがハイサイドで転倒し巻き込まれそうになりブレーキを掛けたら出遅れてしまいました。そんな中でも序盤は表彰台圏内を走行していました。でもコーナーでは、前に出ることが出来ても、ストレートで簡単に抜かれてしまい、順位を下げてしまい凄く悔しかったです。

しかし、今回は自分の目標にしていた、1分2秒台に入れることと、6位以内に入ることが達成出来た事は良かったと思います。
今回も応援をしてくれた皆様、チーム関係者の皆様ありがとうございました。

 

阿部真生騎
■筑波ロードレース選手権第1戦 ST600クラス
予選:クラス1位/総合:4位 決勝:クラス1位/総合:3位 Best Time:59.405

 

阿部真生騎選手コメント

今回は今年最初のレースで600での最初のレースでもあったので、転ばずに総合3位クラス1位で終われて良かったです。
しかし、赤旗等の色々な要因で周回数が減った為よい成績を残せましたが、後半少しずつタイムが落ちてきてしまって、最後の方にはバテて全然しっかり走れていなかったです。

次の茂木ではバテないようにしっかりトレーニングして、全日本クラスのライダーにも喰らいついていけるようにしたいと思います。
次回も応援よろしくお願いします。

 

阿部光雄監督コメント

今年最初のレースは阿部真生騎(マイキ)と青田魁(カイ)の2人でした。
真生騎はST600、魁はJ-GP3クラスで両クラスとも全日本組も出場し勉強になるデビュー戦でした。
真生騎の予選は59秒2でナショナルクラス1位でしたが、やはり全日本組3台が速く全体的には4位でした。
ポールの荒川選手はST600サーキットレコードタイムの57秒5でした。

ウオームアップランで予選2番手のライダーが転倒、寒いせいかスタート直後にも転倒者が出て再スタートとなりました。
真生騎のスタートは順位どおりに3番手発進、前の全日本ライダーに詰め寄るかに見えましたが、やはり600cc初レースの経験不足から疲れも出て4位ライダーには差をつけていましたが、前からは徐々に差をつけられました。
12周目に転倒車が出て赤旗、そのまま11周目の順位でレース終了でした。
総合では3位ですがナショナルクラスデビューウインでした。

魁の予選は全日本組とNSF250の純レーサーを相手に、YZ250のモトクロスエンジンで15台中8位1分2秒6は素晴らしかったです。
レースは4台くらいの集団で抜きつ抜かれつのレースを続け、クラス3位表彰台の期待がかかったのですが、やはりトップスピードの差は如何ともし難く、インフィールドは良いのですがバックストレートで抜かれるの繰り返しで、10位ゴールのクラス5位でした。
しかし魁の成長は著しくJ-GP3のデビュー戦でコーナーの速さを見せつけました。
今回は2人とも初レースにも拘らず速さと成長を証明したレースでした。
次回はもっともっと成長した姿を示してくれると思います。

皆様の応援をよろしくお願いいたします。

 

photo by Ishizaki Nobuki

PAGE TOP