【お詫び】ウェビックショッピング アクセス障害について

スズキ  SV650S

適合パーツ 新製品 中古 セール対象商品 インプレッション 純正部品を購入する
1096 7 1 523 12
スズキ  SV650Sの人気商品ランキング
売れ筋ランキング ? 注目度ランキング ? 満足度ランキング ?

1

ウルトラG2 スポーツ (ULTR...
HONDA ホンダ ウルトラG2 スポーツ (ULTRA G2 SPORTS)... ¥1,140~

在庫あり即日発送 sale

1

オートバイ用12.8V エコリチウ...

1

ウルトラG2 スポーツ (ULTR...
HONDA ホンダ ウルトラG2 スポーツ (ULTRA G2 SPORTS)... ¥1,140~

在庫あり即日発送 sale

2

【ヤマハ純正】プレミアムシンセティ...

2

フルカウル

2

POWER1 SCOOTER 4T...

3

ECSTAR[エクスター]  R9...

3

マッドガード
M.A.D. マッド マッドガード ¥12,778

送料無料

3

BIKE FS HR Ver3 1...

4

オートバイ用12.8V エコリチウ...

4

HOMOLOGATED MID フ...

4

MVX-500 4T 10W-40...
YACCO ヤッコ MVX-500 4T 10W-40 [1L] ¥3,212

在庫あり即日発送 送料無料

5

スクリーン レーシング

5

アンダーカウル (ベリーパン)(S...

5

BLEND スクーター【10W-4...
売れ筋ランキングの続きを見る 注目ランキングの続きを見る 満足度ランキングの続きを見る
ランキングの続きを見る
  • 車種:SV650S 

SV650S のインプレッション (全 12 件中 1 - 10 件)

インプレッションの並び順を変える
[ 新着順 | 高評価順 | 低評価順 | 参考になったが多い順 ]
さん(インプレ投稿数: 1件 / Myバイク: NC700X | SV650S )

アルマイトカラー:ゴールドアルマイト | スライダーベースカラー:ブラック
利用車種: SV650S
身長・体重・体型: 身長/166-170cm 体重/61-65kg 体型/普通

4.0/5

★★★★★
使用シチュエーション 街乗り向き ツーリング サーキット
効果 効果なし 効果あり
作業スキル 初心者 プロ級
品質・質感 5
コストパフォーマンス 4

2005年式SV650Sに装着しました。右側のボルトの長さが足りず、M10×140細目キャップボルトを別で準備しました。(1000なら足りるのか?)造りは良くカッコいいです。強度もそこそこありそうで、立ち転け対策としては十分だと思います。取り付けはトルクレンチが良かったのですが、ボルト頭が深くエクステンションが無かったので手で締めました。値段はそこそこしますが、ただのジュラコンの塊よりは凝った造りなので、高過ぎることはないと思います。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2022/03/22 21:00

役に立った

コメント(0)

▲マークさん(インプレ投稿数: 16件 / Myバイク: GSX1100S KATANA [カタナ] | YBR125 | SV650S )

利用車種: SV650S

5.0/5

★★★★★

各メーカー純正フォークオイルの中で一番安い。
値上げしないでね、スズキさん。
厳密には硬さは微妙に差がありますが、
中身に大差はありません。
スズキ車に限らず使えるフォークオイルです。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2018/02/26 12:56

役に立った

コメント(0)

▲マークさん(インプレ投稿数: 16件 / Myバイク: GSX1100S KATANA [カタナ] | YBR125 | SV650S )

利用車種: SV650S

4.0/5

★★★★★

SV650S K4に使いました。
全く問題なく、取付可能。5センチ程アップハンドルになります。
ただ、純正のマスターシリンダーのフルードタンクの取り付けを
変更する必要がありますし、ハンドルウェイトも純正はポン付けできませんから、別途社外品に交換する必要があります。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2016/01/25 10:50

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

4.0/5

★★★★★

SV650Sの前後タイヤにダンロップα13に交換して3000km走行しました。高加重でのグリップ力、峠程度の走りでは全くタレ無いトレッド面。
 縦溝を施工した道路でも安心してコーナーに入っていけるし、コーナーに施された黄色ペイントでも不安なし。
 峠を走る分には全く問題なく、交換して良かったと思いました。
 ところが、先日、高速道路を使った二人乗り長距離ツーリングに行って、帰ってきて、リアタイヤを見ると見事、台形に減っているではありませんか。ハイグリップ系では高速道路ツーリングなんかに行ってはならないと痛感しました。
 ツーリングが多い人は間違っても選んではいけないタイヤです。
 画像は3000km走ったフロントです。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2014/09/14 17:56
2人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

4.0/5

★★★★★

エンジンオイル選びは迷う。入手のし易さとコストパフォーマンスから、カストロールの化学合成油をずっと使ってきた。ただ、カストロールが純粋には100%化学合成とは言えないグループ3の高精製油を全合成オイルとして売り出し、しかもアメリカでモービル1との訴訟に勝ってから、カストロールの化学合成油への信頼は揺らいだ。
 伝説のレーシングオイルR30を使ったこともあるオジさんはカストロールのブランドには心ときめくが、よく考えると現在日本で売られている国産カストロールはすべてがOEM商品であり、カストロールの本社であるBPでも作っていない。日本国内の製油会社に生産は委託されている。だったらもうカストロールにこだわることもあるまいと純粋な国産ブランドに変えることにした。ベリティは製油会社ではなく、ブレンダー(製油会社からオイルを買って、ユーザーの求める性能のオイルを作って売る会社)であるが、その高品質には定評がある。成分もちゃんと表示してある。
 前置きが長くなったが、使ったマシンはSV650SとXR230である。XRの方は製油メーカーのバイク用鉱物油(ホンダ純正鉱物油よりは上)からの交換である。これはもうはっきりと差が出てしまった。ホンダの230系エンジンはシフトフィーリングが悪いので有名だが、シフトがスコスコ決まる。化学合成油は添加剤の多い鉱物油系にシフトフィーリングだけは負けると信じていた古いオヤジにとってはカルチャーショックだった。値段差がものすごくあるのだから、これくらいの差があっても当然かもしれないが。
 カストロール化学合成油を使っていたSV650の方は「これは違う」とはっきり言うほどの差は残念ながら出なかった。いくらOEMでもカストロールのブランドに恥じないレベルのものにはしてあるようだ。ただ直後の差はあまり無くても長く乗ると差は出るかもしれない。そのあたりは長期使っている人の意見を参考にしていただきたい。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2014/07/05 23:07
1人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

3.0/5

★★★★★

革パンツは持っていたが、レーサータイプだったので、レーシングブーツとの組み合わせでしか着られないし、町中やツーリング先でも違和感のない革パンツが欲しかった。そこでGパンスタイルの革パンツを購入。
 サイズは表示とずれがあるので、販売店に実寸を測ってもらってから購入した。冬には防寒のためインナーを履くので、少し大きめにした。
 届いたばかりの革パンツは結構硬い革で着慣らしが必要だった。
 ブーツや上着を選ばないので、確かに気楽に履けるし、バイクを降りても違和感は少ない。ただし、ライディング専用に作られてはいないので、シャーリング等が無く、バイクフィッティングや操作性はレーサータイプに比べると落ちてしまうのは仕方がない。特にスーパースポーツ系バイクのようにステップが高いタイプは膝の曲がりがきついので、この手の革パンツとの相性がよくない。
 だから、ビッグスクーターやアメリカンに乗る人に向いていると思う。
 革製品は防風性は高いが防寒性はイマイチである。とくにGパンタイプは膝にニーパッドがなく、裾も風が入りやすいので、冬の防寒性はレーサータイプに劣る。冬は厚めのインナーが必要である。
 走りにこだわる人はやはりレーサータイプをお勧めするが、気楽に履きたい人や転倒時の防御性能を重んじる人にはお勧めしたい。革そのものや縫製はしっかりしている。
 

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2014/01/14 18:02
1人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

4.0/5

★★★★★

まだ交換時期まで寿命を残しているノーマルプラグから交換してみた。
 時々、劇的に性能が良くなったという書き込みを見るが、高性能プラグで改善できるのは数パーセントのはず。劇的に良くなったのは前のプラグが寿命が来ていて、かなり性能が落ちていた場合だと思われる。そういう意味からも性能を維持している状態のノーマルプラグと比較がしてみたかった。
 始動性の悪くないエンジンでは始動性の向上は体感できないと思う。私のSV650Sも始動性に不満はなかったので、替えた直後の感想は「あまり変わらんなあ」という感じだ。
 エンジンがあまり回らない通勤でも特段変化はない。変化を体感できたのはエンジンが中回転域になる高速道路である。80Km~100Km/hで流している状態でのピックアップが確実に良くなった。「もっとアクセルひねれよ」とエンジンがささやいてくる感じだ。これはNGKがイリジウムプラグの効果をうたう「中速域での活性化」とも合う。
 おそらく峠での走りでも差が出ているだろうが、峠ではライダー側のアドレナリンが出まくりで走るので、微妙な差が体感しにくい。
 燃費の向上も数パーセントあるだろうと思うが、この数パーセントは走りでいくらでも変化するので、データとしては残りにくい。ただし、峠を激走したり、高速を飛ばしたりした時の燃費の落ちは確実に少なくなった。中速域で着火性能が燃費の向上に寄与していると思われる。
 また、期待したのは防汚効果だ。IXプラグはノーマルに比較してカーボンを焼き切る性能に優れるという。プラグの点検交換が極めてやりにくいSVにとっては重要な性能である。
 IXプラグは両極イリジウムではないから、長寿命タイプではないが、キャブを使うエンジンではメンテナンスフリーにせず、たまにプラグの様子を確認する方がいいので、長寿命でなくてもいいと思う。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2013/10/23 10:14
4人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

4.0/5

★★★★★

朝夕は肌寒いが、日中は暑くなるような秋口のツーリングに最適である。
 生地は薄めであるが、空気を通さないしっかりした生地で、ちょっとごわごわ感がある。
 生地が厚めでなくても要所にはプロテクターが装備されているので、プロテクション性は高いと思う。胸と腕に走行風を取りれるインテークがあり、ちょっと気温が上がっても走っていれば暑さは感じにくい。
 前傾姿勢を取った時のフィット感もよく、ライディングウエアとして合格。
 9000円を切る売値を考えると、コストパフォーマンスは極めて高く、お買い得のジャケットと言える。
 マイナス面はサイズ表示と実際のサイズに差があることだろう。他のコミネジャケットも所有しているが、161cm54kgの私の場合普通のコミネジャケットはSサイズである。
 口コミで小さいという評価があったので、Mを選んだら、ジャストフィットであった。ピッタリしすぎて、インナーを厚着することは難しいほどである。厚着して防寒性を上げたい時は
胸と背中のプロテクターを外すことになる。
 体型的に筋肉質のスリムなスポーツマン体型が最も良くフィットし、メタボ系の人にはお勧めできない。理由はサイズを大きくすると入りはするが、腕の部分が長くなりすぎるからである。コミネジャケットでも特異なサイズなので、やせ気味の女性又はスリム系の男性にお勧めしたい。
 ライディングウエアとしては少し窮屈かもしれないが、前傾姿勢で身体が自由に動くから、プロテクター装備のウエアとしては考え方は正しい。ゆったり型フィットのウエアは万が一の転倒の際、プロテクターがずれてしまって、肩や肘を守れないからだ。
 希望を言えば、鮮やかな色も用意して欲しい。最近は黒系のジャケットが多くて、選択肢がない。事故防止の面からもバイクウエアは目立つ色の方が好ましい。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2013/10/09 11:07
3人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

4.0/5

★★★★★

ダンロップファンですが、今まで履いていたクオリファイアーが経年変化で、路面温度が低い時のグリップ力が著しく低下したので、交換を考えました。
 候補はBSなら新製品の023、ダンロップならこれまた新製品になるα13。
 サーキットを走ることはもうないので、023でもいいかと思いましたが、スポーツツーリング系のタイヤの欠点はサイドのコンパウンドを柔らかくしてグリップを出しているので、峠ばかり走ると、センターの溝が残っているのに、サイドが摩耗してしまう点です。ツーリングの途中にちょっとだけ峠がある程度ならいいのですが、ワインディングばかり攻めるような走りではトレッド面が溶け出して、摩耗が一気に進みます。その点、ハイグリップ系はトレッド温度が上がっても、摩耗が急に進むことはありません。
 かつてのように激しい走りをしないので、だいぶ迷いましたが、セパハンのスポーツマシンならα13だろうと決意して、購入。
 届いたα13は本当にスリックライクなデザイン。バイク仲間も「これほとんどスリックじゃん」と驚くほどです。
 コンパウンドが劣化した前のタイヤと比較するのはフェアではありませんが、交換してすぐに分かるのが高剛性。直進でピタリと安定、がっしりした安心感があります。
 慣らしが終わった頃に少しだけ峠を走ってみました。荷重をかけて走ると、鬼のようなグリップ感があって、これぞハイグリップ系といえる走りです。
 逆にブラインドコーナーなど思い切って荷重をかけられないような場所では、さほど好印象ではありません。やはりサーキットライクなタイヤなのでしょう。
 驚いたのはコンパウンドが高温に対応しているのか、峠をちょっと走ったくらいでは、トレドの溶け出しが全くありません。今までのタイヤではトレッドが溶けていたような場所でも、トレッド面はサラリとしています。サーキットのような高負荷でなければ、トレッドが溶け出すようなことはないのでしょう。これならワインディングばかりを攻めた時に、サイドだけが摩耗してしまう事も少ないはずです。
 ハンドルがトップブリッジの上に付いているようなマシンにはお勧めしませんが、セパハンがトップブリッジ下に付いているレプリカ系マシンなら、一度検討なさることをお勧めします。
 

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2013/09/30 16:27
2人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

TT-Rさん(インプレ投稿数: 177件 / Myバイク: グロム | Ninja 650 | KLX125 )

利用車種: SV650S

3.0/5

★★★★★

走行中、会話が出来ると何かと便利なので、購入してみた。
 まずヘルメットへの取り付けだが、ヘッドホンを取り付けやすいものと、しにくいものがある。取り付けしやすいのは、インナーの耳の部分が大きくえぐれていて、出来れば内装生地で覆われていないものがよい。理由は生地だと粘着テープがつかないことと、耳への圧迫感があるからだ。生地の裏側に潜り込ませようとしたが、そうすると耳に当たって違和感が出る。着けやすかったのはジェット型ヤマハのYJ5-IIである。フルフェスの場合、私の手持ちヘルメットは全て耳の所も生地でカバーされていたので、仕方なく、耳部をカットして、インナーに直接ヘッドホンを張ることにした。ヘルメットによっては何らかの改造をしないとぴったりとは着かない。マイク部はヘルメットの縁に付けるが、これも高級ヘルメットほど、しっかりしたつくりなので付けにくくなる。取り外しは可能だが、そのたびにヘルメットも取り付け部のバネも痛むので、付けっぱなしが良い。私はヘルメットを一個インカム専用にした。
 さて、使用感だが、配線は確かに煩わしいが、一度ヘルメットを被ってしまうと、さほど気にならない。音量あまり大きくないし雑音も多いからボリューム最大で使うしかない。町中では十分に聞こえる。高速では100km/hでしか試していないが、風切り音がうるさいもののの聞こえはする。このあたりはヘルメットの風切り性能でも左右される。
 フルフェイスの場合、マイクがすっぽり隠れるので、風切り音は入りにくい。しかし、ヘルメットの中でしゃべるのは声がくぐもってちょっとしゃべりにくい。ジェット型完全シールド付きはしゃべりやすいが、空気を巻き込みやすいので、高速ではマイクに風切り音が入る。
 音質の面ではマイクがすっぽり内側に入るヘルメットが風切り音を拾わずによい。
 まあ、ちょっとした不満はあるが、会話を楽しみながらのツーリングは退屈しないし、コミュニケーションが取れてよろしい。1万円からおつりが来るモデルとしては上出来だろう。
 一番の不満はヘルメットを家の中に持ち帰る時だ。長い配線が垂れてしまうので、この配線とヘルメットを持って、移動しなければならない。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES・・・オススメできます。

投稿日付: 2013/09/09 17:42
2人のライダーが役に立ったと考えています

役に立った

コメント(0)

他の車種で絞り込む

PAGE TOP