モンキー125のパリダカ仕様!?ダートフリークが手掛けたコンセプトカスタムモデルがアツい
20200327_web_motorcycleshow_obi_sp_635_60.jpg

ダートフリークが放つ、モンキー125 オフロード系モディファイバージョン。
このモンキー125は1982年に発売されたXL125R/250Rパリダカをモデルに製作されました。
前後フェンダー、タンク、キャリアにワンオフ塗装を施し、当時のイメージをモンキー125で忠実に再現しています。
装着パーツはモンキーの愛らしいデザインを踏襲しつつもオフロード走行においての機能性もしっかり備えています。



優れたパワーに期待できるバレル4-S ミニサイレンサー(5月発売予定)


monkey125parisdakar_delta.jpg

オフロード走行に対応するアップタイプフルエキマフラー。
厳しい排出ガス規制及び騒音規制に対応しつつ、多段膨張型エキパイによって低回転域ではノーマルと同等、中~高回転域ではノーマルを大幅に上回る優れたパワー特性を発揮します。
スタイリッシュなステンレス製ヒートガードをサイレンサー部とエキパイ部に標準装備しています。
・近接排気騒音:83dB
・加速騒音:77dB (政府認証品)


明るさをそのままにレンズをしっかり守るヘッドライトガード


monkey125parisdakar_headlightguard.jpg

頑丈なアルミ製フレームと、照射を妨げないポリカーボネート製プロテクターによるハイブリッド構造のヘッドライトガード。
林道やオフロード走行において、飛び石や枝などからヘッドライトレンズを保護し、傷や割れを防止します。


マディでも効果あり!ドライブカバー


monkey125parisdakar_drivecover.jpg

純正品と比較して強度、メンテナンス性が向上したドライブカバー。
マディー走行時の泥噛みを低減してくれます。
素材にはアルミ合金を使用しCNC加工、そしてカラーアルマイトで仕上げられています。
エンジン周りの鮮やかに磨きをかけるドレスアップパーツとしてもオススメです。


安全性とドレスアップ効果を兼ね備えるヒールガード

monkey125parisdakar_heelguard.jpg

足などがチェーンに接触するのを防止するガード。
ノーマルチェーンカバーステーを使用して装着され、強度アップを図りつつ、足回りをスマートに演出してくれます。
高精度アルミ切削加工をした後にカラーアルマイト処理が施され、美しい仕上がりを誇ります。



6段階からポジションを選べるリボルバーシフトレバー


monkey125parisdakar_revolver.jpg

チップ位置調整によりスタンダードポジションを含めた6段階から、シフトフィーリングに合わせて好みの位置を選べるシフトレバー。
チップマウントはA7079材を使用し、高精度マシンによる加工が施されています。
チップにはローレット加工をすることで滑りにくく、アーム部は鍛造A2014材を採用することで高強度・耐久性に優れています。


20200327_web_motorcycleshow_680_182.jpg
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
マフラーに関連した記事