[Webモーターサイクルショー] SUZUKIブース
20200327_web_motorcycleshow_obi_sp_635_60.jpg

2020年に創立100周年を迎える国内有数のオートバイメーカーであるSUZUKI。独創的なモノづくりでヒット作を生み出してきた中で、最先端の技術も多く投入してきた歴史がある。

近年、各国の環境規制が厳しくなる中でも、日本メーカーとして唯一大排気量Vツインエンジンを生産し続け、「V-STROM 1050」や「SV650」といった搭載モデルを生み出しており、特に欧州での評価も高い。

また、2020年に入り発表された新世代油冷エンジンを採用した「ジクサー250」も、グローバルマーケットで展開されるモデルとなっている。


【市販予定車両】V-STROM(ブイストローム)1050・1050XT

国内メーカー唯一のリッターオーバーVツイン

海外で評価の高いV-STROMシリーズの中で最大排気量のV-STROM1000を改良し、スズキ初のアドベンチャーモデルである「DR750S」をモチーフとしたデザインに一新したV-STROM1050。

様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載し走りの質を高め、スポークホイールモデルとなるV-STROM 1050XTではクルーズコントロールやヒルホールドコントロールを新たに採用した。






【市販車両】ジクサーSF250・ジクサー250

新世代油冷エンジンのグローバル戦略車

1985年のGSX-R750から始まりGSX1400で搭載モデルが途絶えていた「油冷エンジン」。今回グローバル戦略車であるジクサー250が新開発の油冷エンジンを搭載することが発表された。

249ccの単気筒エンジンは、燃焼室の外周に通路を設けることでエンジンオイルによって冷却する、ウォーダージャケットならぬオイルジャケットによる冷却方法「SOCS(Suzuki Oil Cooling System)」を採用している。

冷却水を使用しないコンパクトなエンジン設計と部品点数を抑えられることでコストダウンにつながり、新しいグローバルモデルとして各国で発売される。


■ジクサーSF250



■ジクサー250





【市販車両】ジクサー

2020年3月4日より発売された新型となるジクサー。154ccの空冷単気筒エンジンと、コンパクトなフレームで装備重量で139kgと軽量な仕上がりで軽快なハンドリングを楽しめるモデル。

LEDの薄型ヘッドライトや、前後二分割のスポーティーなシート、スイングアームにマウントされたリヤフェンダーなどよりスポーティーな印象となっている。







20200327_web_motorcycleshow_680_182.jpg
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事