伝説のパーツメーカー、スーパーナウってなんだ!

こんにちは!最近ZX-7R買ったオフロード担当のコータローです。土の上だけではなくアスファルトでも乗ってますよ~。
今回はそんなわけで?珍しくオンロードなお話です!

先日ウェビックで取り扱いを開始した、スーパーナウ!みなさんご存じですか?
知る人ぞ知るメーカーで、筑波サーキットや日光サーキットのコースレコードを持っており、サーキットでの実績を商品にフィードバックして開発されています。
4輪に明るい人なら、筑波スーパーラップのRX-7でピンとくるのではないでしょうか?

バックステップはNSR250RやRGV250Γなどの80~90年代のレーサーレプリカから最新車種のZX-25RやRS660まで幅広くライナップされています。
ハンドルバーやレバーガード、ステップバーは様々なタイプが用意されており、自分の好みのタイプを選ぶことができます。
切削加工はすべて自社で行っており、挽き目と呼ばれる切削跡も美しい……

それではスーパーナウの商品をご紹介いたします!

バックステップ

スーパーナウのメイン商品ともいえるバックステップ。
なんと2万円台の商品もあり、品質と機能性を考えると異常な価格設定で有名です。
スーパーナウのバックステップはSTDとレーシングの2パターンが用意されています。

【STDバックステップ】=公道使用を前提にした製品

IMG_7059.jpg

サイドスタンド、純正シフター、純正ブレーキスイッチ、純正ブレーキホース、ABSに対応する事を絶対条件として製作されています。当然、車検にも対応。
補器類が付くため設計の制約は多いですが、その中で最大限の操作性を考えて作られているので、レースで使用しても全く問題ありません

【レーシングバックステップ】=レースでの使用を前提にした製品

IMG_4299.jpg

サイドスタンド、ブレーキスイッチは付けない、ABSは撤去、ブレーキホースは交換、レースカウル使用、干渉する部分は必要に応じてカット、という考えで製作されています。
純正シフターも基本的には対応するように作られていますが、反応方向(正、逆シフト時でギアアームの向きを入れ替える場合)までは考慮されていません。
(例:ZX-10R(16-20)、RSV4などは逆シフトにするとセンサーの反応方向が逆になり、シフターの反応方向も逆にする必要がある)
無駄な物を付けずに済むので設計の自由度が上がり、操作性、転倒時の破損の仕方、修理の容易さなど、レースで必要な条件に特化した製品となっています。


ステップバー

ステップバーは4種類をラインナップ。
それぞれ特徴があるので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。
ステップバーからM8のボルトを出して、ナットで固定する方式なので、汎用性が高く、他社製のバックステップに取り付けることも可能です!

ステップバー タイプ1

type1.jpg

スタンダードタイプ。ローレット加工後に切削加工。

ステップバー タイプ2

type2.jpg

タイプ1と同じ取り付け寸法で、グリップ力を可能な限り増したタイプ。
タイプ1でグリップ不足と感じる方にオススメ!

ステップバー タイプ3

type3.jpg

タイプ1をベースに、転倒時の耐久性を向上させたタイプ。

ステップバー タイプ4

type4.jpg

タイプ2をベースに、転倒時の耐久性を向上させたタイプ。
タイプ3でグリップ不足と感じる方にオススメ!


レバーガード

IMG_65481.jpg

MOTOGPをはじめ、レースで装着が義務付けられているレバーガード。
ほとんどの車両に適合するように3タイプ用意されています。

A.jpg

バーエンドは安全性をさらに向上させるため樹脂を使用しておりGOOD!
立ちゴケ時のレバー保護にもオススメです。


セパレートハンドル

S.jpg

形状違いで3タイプをラインナップ。
もちろんMFJレギュレーション適合品です。
高さのUP数と垂れ角のバリエーションが多く設定されているので、好みのハンドルが探せるはずです!

レーシングハンドル タイプA

typeA.jpg

【ハンドルバー高さ】18UP
【垂れ角】4度~15度

フォークの真横にバーが出る形状。

レーシングハンドル タイプB

typeB.jpg

【ハンドルバー高さ】38UPor50UP
【垂れ角】6度

フォークの前へ出て、上がった所からバーが出ている形状。

レーシングハンドル タイプC

typeC.jpg

【ハンドルバー高さ】18UP
【垂れ角】6度

フォークの真横へ出て、上がった所からバーが出ている形状。


オイルフィラーキャップ・オイルドレンボルト

IMG_8301.jpg

どちらもレースのレギュレーションに対応するワイヤーロック用の穴付きです。
オイルドレンボルトはマグネット内蔵なのですが、マグネットが脱落してエンジン内に侵入する事が無い安心構造。
オイル交換時にドレンボルトを外したらマグネットがいない……!という心臓に悪いシチュエーションが起きないようになっています。

IMG_8269.jpg

ほとんどの車種をカバーしているサイズ展開で、ドレンボルトはM22のピッチ1.5という超特殊なRS4V用までもをラインナップ!
スーパーナウの製品を使ってみたいけど、自分の乗っているバイクに適合する商品がない……なんて人にオススメ!私もオフロードバイクに使っています!



まとめ

unnamed-1.jpg

今回ご紹介した商品以外にも、カニフックやフレームスライダー、ステムキットなど様々な商品がございます。
また、開発中の車種・商品もあるのでスーパーナウから目が離せません!
ぜひ下のリンクからチェックしてみてください!


 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
足回り,ハンドルに関連した記事