原付2種スクーターにオススメの人気タイヤランキングTOP10【2021年最新】
通勤通学に本当におすすめなタイヤとは

法的なメリットと維持費の安さ、そしてメットインをはじめとする快適装備で通勤通学お買い物の強い相棒、原付2種!
そんな原2のタイヤは、ほぼ毎日乗る都合上耐久性は欲しいですし、寒い日も雨の日も安定して性能を発揮してくれるグリップ力も欲しい。
そして、日常の足なのでできればコストは押さえたいというのがライダーのニーズでしょう。

そんなかなり厳しい条件の中選ばれている今、本当におすすめできる原付2種スクーター向けタイヤの人気ランキングを大公開!

タイヤの交換時期は?

1569401979919L.jpg
一般的にタイヤの交換時期は距離で示すと5,000km~25,000km程度と言われます。
仮に片道20Kmを通勤通学する車両の場合、1年から2年ほどで交換を考えるケースが多いでしょう

またタイヤはゴムでできており、時間が立つと硬化し本来の性能を発揮できなくなります。
この寿命がおよそ2~3年と言われています。
ゴムの変化はたとえ走行していなくても起きる現象なので、走行していなくても一定の期間が経過したタイヤは交換してしまうのが安全です。

タイヤの摩耗を目で判断する場合はスリップサインを目安にするといいでしょう。
スリップサインはタイヤの溝の中にある小さな突起のようなもので、これがはっきり見えてきたときが交換時期です。

02_img01.jpg
画像出典:ブリヂストン

タイヤサイズをおさらい!

20180412_pcx125_30-1.jpg
タイヤ交換の前にタイヤのサイズを確認しましょう。
原付2種スクーターで使用されるタイヤは、10インチ、12インチ、13インチ、14インチのタイヤが多め。
Webikeでは車種絞り込み機能で、ぴったり合うタイヤを探すことができるので、もしも愛車のサイズがわからない場合は検索してみましょう!
タイヤサイズを実際に確認したい場合は、タイヤのサイドウォール(横側)に記載されています。


tireseize.jpg
下の表は人気の原付2種スクーターのタイヤサイズをまとめたもの!年式によりこの限りではないですが、純正の場合はこのサイズ!
フロント リア
PCX125(JK05) 110/70-14M/C 50P 130/70-13M/C 63P
PCX125(JF81) 100/80-14 120/70-14
PCX125(JF56・JF28) 90/90-14 100/90-14
リード125(JF45) 90/90-12 44J 100/90-10 56J
アドレスV125 90/90-10 100/90-10
スウィッシュ(DV12B) 100/90-10 56J 100/90-10 56J
シグナスX(SED8J) 110/70-12 47L 120/70-12 51L
NMAX(SEG6J) 110/70-13M/C 48P 130/70-13M/C 63P
トリシティ125(SEC1J) 90/80-14M/C 43P 130/70-13M/C 57P

原2にオススメの人気タイヤランキングTOP10

PIRELLI|DIABLO ROSSO SCOOTER

DiabloRossoScooter_Image_3_4.jpg
ワインディングが抜群に楽しいハイグリップ
レーシングタイヤやハイグリップタイヤなどアグレッシブな走りを好むライダーに人気のピレリが誇るスクータータイヤが第10位!
DIABLOシリーズを象徴する"フラッシュ"レーシングトレッドパターンを採用、プロファイルもクイックなハンドリングを実現するように設計されています。
コンパウンドもシリカを採用しているので、スクーターで攻めの走りをするにはもってこいのタイヤです!
ユーザー評価 良かったポイント
安くて減りにくい事
接地感
ユーザー評価 悪かったポイント
半分くらい減るとジャダーが出やすいかな
おすすめシチュエーション ワインディング ライフ
ドライ
ウェット

MICHELIN|PILOT STREET 2

PILOT-STREET-2.jpg
幅広いサイズ展開でアドレス系からPCX人気!
サイズ展開が広くコスパに優れるタイヤの中で、ウェットグリップを重視して考える通勤ライダーにはこのタイヤが人気!
トレッドパターンはウェット路面での排水性を意識。市街地走行での安定感を追及しているタイヤということで、特にアドレスV125などの通勤通学に定評のある10インチ原付2種スクーターから支持を得ています!
17インチもラインナップされているので、最近人気のアジア系アンダーボーンや125ccスポーツバイクにもおすすめです。
ユーザー評価 良かったポイント
グリップが良い
コストパフォーマンスに満足
信頼できるブランド
全天候・オールラウンド
ハンドリング性能
値段が安い
ユーザー評価 悪かったポイント
耐久性
もうひと踏ん張り・・・
おすすめシチュエーション 街乗り
ツーリング
ライフ
ドライ
ウェット

PIRELLI|ANGEL SCOOTER

20201018_005.jpg
長距離移動やツーリングにオススメ!
10位のDIABLO(悪魔)と双璧をなすANGEL(天使)シリーズのスクータータイヤが8位!
大型車向けのANGELシリーズと同じく、扱いやすさと長距離走行適正を高めたタイヤです。
そんなANGEL SCOOTERにピレリが付けたキャッチコピーが都市間移動の守護天使……!
    ウェット性能も高められているので、スクーターでロングツーリングに出かけるなら候補に入れたい1本です。
ユーザー評価 良かったポイント
原付で付けてる人を見た事ないトコ
雨の日も安心
ユーザー評価 悪かったポイント
タイヤが硬いので手組みは不可能
おすすめシチュエーション ツーリング ライフ
ドライ
ウェット

MICHELIN|POWER PURE SC

701830_01.jpg
ドライ・ウェット・コスパ、オールマイティに高評価!
ミシュランのスクータータイヤとしては初めて2CT(2コンパウンドテクノロジー)を採用し、高いドライグリップと不足ないウェットグリップを実現したタイヤがPOWER PURE SC。
それでいて、毎日使うスクーターにぴったりな良コストパフォーマンスを誇るバランスの良さが人気の秘訣!
ミシュランのタイヤらしくリピート率が高いのもポイントで、インプレッション件数87件(2021年8月時点)というのもポイント!
ユーザー評価 良かったポイント
グリップが良い
信頼できるブランド
ハンドリング性能
コストパフォーマンスに満足
全天候・オールラウンド
豊富なサイズと ハイグリップと耐久性
ユーザー評価 悪かったポイント
ちょっと固いかも
ひと周り小さく見えます。
ウェットではどうでしょうか?
ウェットグリップはタイヤに頼ってはダメ
おすすめシチュエーション ツーリング ライフ
ドライ
ウェット

DUNLOP|SCOOTSMART

d8f87a613a970d7ca414525174b20723.jpg
ダンロップらしいコスパのタイヤ
ここまで登場してきた海外製スクータータイヤと比較するとキャラが薄いタイヤではありますがコスパの良さで第6位!
通勤通学に最も助かるコストパフォーマンスの高いタイヤで、オールラウンドな特性も相まって実用性に振り切って使用する用途ではおすすめ!
ビックスクーター用として選ばれることもあるタイヤなので剛性感は期待できる!
ユーザー評価 良かったポイント
信頼できるブランド
全天候・オールラウンド
しっかりしている。安定して旋回できた
グリップが良い
サイドウォール剛性が高い。
デザイン 性能バランス
ユーザー評価 悪かったポイント
耐久性
グリップ力
価格 グリップ感
手組は覚悟してやらないと、ビート痛めます
手組みはIRC製品よりキツい
おすすめシチュエーション ツーリング ライフ
ドライ
ウェット

DUNLOP|D307

54de04e085174d7be05d65907056d790.jpg
軽量スクーター向けタイヤのド定番
10インチサイズを中心に圧倒的なシェアを誇るダンロップのD307が5位にランクイン!
SCOOTSMARTと同じく、ダンロップのコスパ最強タイヤの一角を占めるタイヤで、通勤通学ライダーに支持されています。
通勤オンリー、コスパ優先でタイヤを選ぶ場合は小径、軽量なスクーターはD307。大型、重量級のスクーターはSCOOTSMARTという選び方がおすすめです!
ユーザー評価 良かったポイント
コストパフォーマンスに満足
信頼できるブランド
グリップが良い
コスパが高い
全天候・オールラウンド
安い
ユーザー評価 悪かったポイント
もう少しウエットグリップが良いと
ゴムが薄い(MB520)比較
サイドのゴムがかたい
チューブレスの場合、ビード上げがネック
おすすめシチュエーション 街乗り ライフ
ドライ
ウェット

IRC|MOBICITY SCT-001

SCT-001_01.jpg
新世代系トータルバランススクータータイヤ
小径、小排気量向けタイヤとオフタイヤで定評のあるIRCのSCT-001が第4位!
昔からこの原付2種クラスで人気商品をリリースしていたIRCが、「トータルバランスに優れたタイヤ」をテーマに数年前に新開発したタイヤです。
ドライグリップはもちろん、通勤通学で避けられないウェット路面でも安定したグリップを発揮できるように排水性を重視した溝を採用しています。
このおかげで、前作SS-560よりもグリップ力が10%向上、制動距離ではドライで8%、ウェットで10%制動性能が向上しています!
ユーザー評価 良かったポイント
乗り心地
IRCは減りにくいわりにグリップが良いと思います。
よく食うし、持ちもいいと思う。
グリップが良い
トレッドパターンがカッコイイ
トータルバランス
ユーザー評価 悪かったポイント
HOOPに比べるとややグリップが落ちますが問題なし
センターにパターンが無いので交換時期が判りにくい
ハンドリング
ピレリよりタイヤ重量が少し重い
おすすめシチュエーション 街乗り
ツーリング
ライフ
ドライ
ウェット

次のページではいよいよTOP3を大公開!
PCXユーザーは納得のあのタイヤが1位!

関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
オンロードタイヤに関連した記事