2020年上半期!一番人気だったツーリングバッグランキングトップ10!【みんなが選んだ!】
1位は、やっぱりあのシートバッグ

夏!夏と言えば長距離ツーリング!長距離と言えば、積載問題。ツーリングバッグどれにするか問題です。
宿に宿泊するツーリングはもちろん、最近はキャンプツーリングもブーム!
どんなツーリングバッグを買うか迷っちゃいますね!

ということで今回は、2020年上半期、ウェビックショッピングの販売数、閲覧数をもとに独自のランキングをご用意しました!
忖度なし!100%ユーザーの反応でできたアンケートです!

本当に人気なツーリングバッグはコレだ!

2020年上半期ツーリングバッグ人気ランキングトップ10

第10位 KTM POWER PARTS(KTMパワーパーツ)|リアバッグ [スモール] 10-30L



KTMオーナーからの圧倒的な支持を得て10位にランクイン!。容量が10L~30Lで調整できる構造なので、行きはお財布とスマホ、帰りはお土産も入れるという使い方もできそうです。
実際に購入したライダーの評価では、KTMの車両にマッチするデザインなのはもちろん、容量調整機能で機能性もバツグンとのこと。

【容量】
約10-30L


第9位 kriega(クリーガ)|ドライパック US-20



9位はイギリス生まれのブランド、クリーガのドライパック。
日帰りから夏の1泊ツーリングにピッタリな、20Lサイズで、防水性に優れています。
高速道路の走行中など、停まれない状況で雨に降られても、中身が濡れないというのは大きなアドバンテージ!そしてかっこいい!



【サイズ】H40×W26×D19 cm
【素材】420D CORDURALITE/YKKジップ
【容量】20L
【重量】850g
【標準装備】
・USフックストラップセット
・ショルダー&ウエストストラップ

・100%ウォータープルーフ
・ロールオーバー・クロージャー
・オーガナイザー・ポケット
・別売オプション:TANK USドライパックコンバーター



第8位 GIVI(ジビ)|B32N-ADV BOLD モノロックケース


テールボックスの代名詞といえばGIVI!
8位はモノロックケースです。このケース、意外とコンパクトに見えますが、四角形状なので、ヘルメットも入るという実用的なボックスです。
さらに、ボックスの上部には、クルマのルーフレールのようなレールがついているので、上部に積載しやすくツーリングでも活躍できます!
ADV150など、アドベンチャーバイクに似合うこと間違いナシ!

【カラー】未塗装ブラック
【容量】32L
【付属】汎用ベース
【本体重量(ベース込み)】3.9kg
【サイズ】奥行433×幅405×高さ(外側)303mm
※ケース本体の寸法です。アクセサリーの寸法は含まみません。
【最大積載重量】3kg


第7位 タナックス モトフィズ(TANAX motofizz)|シェルシートバッグGT


スーパースポーツやストリートファイターに似合うシュッとしたデザインで大人気のシェルシートバッグGT!
どうやら容量の問題で、コンパクトなシェルシートバッグMTからの乗り換えユーザーが多いようです。
デザインも良く容量も最大18Lと1泊の着替えは積載できそう!

素材:PC樹脂/1680Dポリエステル
容量:14-18L
最大収納重量:5kg
製品重量:1kg

【サイズ】
最小時:(H)212×(W)278×(D)350mm
最大時:(H)272×(W)278×(D)350mm

【セット内容】
・バッグ本体×1
・Kシステムベルト×1
・レインカバー×1
・接続バックル×2
・セフティベルト×1



第6位 タナックス モトフィズ(TANAX motofizz)|キャンピングシートバッグ 2



75Lの大容量でキャンプにピッタリのキャンピングシートバッグが6位です!
サイドからの荷物の出し入れや、バッグ上部への積載、容量の可変機構など、荷物が多くなりがちなツーリングで痒い所に手が届く仕上がりになっています。
キャンプツーリングの積載にお悩みの方、これからキャンプツーリングを始めたい方にピッタリ!

ちなみに、別売りのグランドシートバッグと合体させることで、最大容量が105Lになります。


【カラー】ブラック (MFK-102)
【素材】1680Dナイロン+PVCレザー
【容量】59-75L

【サイズ】
最小時:350(H)×620(W)×350(D)mm
最大時:350(H)×820(W)×350(D)mm

【付属品】
・固定ベルト
・レインカバー
・接続バックル
・ショルダーベルト
・ホルダーベルト
・セフティベルト


第5位 GIVI(ジビ)|モノロックケース B32N BOLD


8位で紹介したモノロックケースの、上部レールレスバージョンが5位!。
容量的には差がないので、街乗りメインという場合にはこちらを選択するといいかもしれません。
購入したユーザーからのインプレッションでは、四角い形が使いやすいという評価が多くみられました。

本体カラー:未塗装ブラック
容量:32リットル
サイズ:奥行433×幅405×高さ303mm
重量:3.2kg(ベース込み)
最大積載重量:3kg
付属品:汎用ベース


第4位 タナックス モトフィズ(TANAX motofizz)|シェルシートバッグMT


日帰りのツーリングで、お財布とスマホ、レインウェアを持っていくのにピッタリのサイズ感で、大人気のシェルシートバッグMTが4位!
Kシステムベルトという特別な積載システムを採用しているので、簡単に積載できてズレないのも特徴。
容量18Lで1泊ツーリングもできそうなシェルシートバッグGTとお好みでどうぞ!

素材:PC樹脂/1680Dポリエステル
容量:10-14L
最大収納重量:4kg
製品重量:0.85kg

【サイズ】
最小時:(H)194×(W)256×(D)326mm
最大時:(H)264×(W)256×(D)326mm

【セット内容】
・バッグ本体×1
・Kシステムベルト×1
・レインカバー×1
・接続バックル×2
・セフティベルト×1



次のページでは2020年最も人気だったツーリングバッグをいよいよ発表!
1位はやっぱりあのバッグ!?

関連キーワード
車載バッグに関連した記事