ハンドルカバーおすすめ人気売れ筋ランキング【2020年冬最新】装着画像アリ!
ハンカバ+グリヒ=獄温

寒い時期にバイクに乗っていて、最も苦痛なのは手が冷えること!
胴体に関しては多くの方が、冬らしい厚着で寒さを凌いでいますが、手だけは例外!
グローブをしていても突き刺さるような冷気でウィンターグローブでも寒いなんてことは珍しくないですよね。
そんな時期に是非使っていきたいのがハンドルカバー。イメージは街乗り用のスクーター向けですが、昨今はスタイリッシュなデザインの物も増えて、大きいバイクの方でも使えるようなものが増えています!

また、グリップヒーターと組み合わせると、氷点下の気温でも夏グローブで乗れるほど暖かい、まさにコタツのような環境を作ることも可能です。

今回はこれからの冬に向けてピッタリ!ハンドルカバーの人気売れ筋ランキングをご紹介します。

ハンドルカバーの選び方

車両に合うサイズを選ぶ

一般的なハンドル周りであれば、ほとんどのハンドルカバーを取り付けることが可能です。
注意しないといけないのは、スクーターでパーキングレバーのある車両や、大型ネイキッド、ハンドガードを付けている車両。
これらの場合、安価なスクーター用ではうまく取り付けできないケースも珍しくありません。

その場合はインプレッションなどを参考にサイズの大きなハンドルカバーを選びましょう。
※ハンドガード付きでも入るハンドルカバーはあります。

防風・防水性のあるものを選ぶ

バイクに乗る上で間違いなく防風、防水性は必須です。
特に、開口部に関しては注意が必要です。
ハンドルに差し込む取り付け部、手を差し込む部分は水が浸入しやすいので注意!絞りのあるものがベストでしょう。

安価で、防風防水性をある程度兼ね備えているのが、ウェットスーツにも使われるネオプレーンという素材です。
柔軟性もあるので付け外しや手の出し入れもしやすく、保温性もあるのでハンドルカバーにピッタリの素材です。

手元の操作性、手の出し入れがしやすい物を選ぶ


防風防水面では開口部が閉じていた方が良いのですが、操作性の面では広い方が良いということになります。(なので調整が大事)
万が一の転倒時に手が抜けなくなる危険もあるので、手の出し入れ口は固定されず、伸縮性のあるものがいいでしょう。

また、スロットルやブレーキングなど繊細な操作をカバー内で行うので、手と干渉しないある程度の広さが必要です。
素手で差し込んでちょうどよくても、グローブをするとキツイということもあるので、最も慎重になって選びたいポイントです。

またスイッチボックスの操作性も忘れないようにしましょう。
最近はモード切替スイッチなどがついて、スイッチボックスが大型化しています。
それらの車両では、大きいサイズのハンドルカバーでないと、干渉することがあります。

ハンドルカバーは危険なのか?


手をすっぽり覆ってしまうので、転倒の際に手が抜けないという危険性があると言われるハンドルカバーですが本当にそうでしょうか。
冬場、手元の寒さ対策はウィンターグローブかハンドルカバーそしてグリップヒーターでしょう。
ウィンターグローブが一見安全に見えますが、厚手のグローブというのは操作性が若干悪化するのは避けられません。そして絶対的な耐寒性はハンドルカバーに劣ることが多い。
それに比べ、ハンドルカバーを使うことで、操作性を犠牲にしない薄手のグローブを使うことができるので、転倒に至る前のリスクを少し減らすことができます。

そう考えると、ハンドルカバーは必ずしも危険とは言えませんよね。
一番大事なのはライディングのスタイルや自分にあった寒さ対策を選ぶこと。それが一番の安全策です。

ちなみに、寒さ対策をしないのは論外です。なぜなら、手元が寒いと動きづらくなるだけでなく、寒さは身体に疲労をためてしまうから。
疲労はすべての事故の原因です。寒さ対策をしないというのは非常に危険です。

ハンドルカバーおすすめ人気ランキングTOP10

第10位 MADMAX(マッドマックス)|防水・防寒 ネオプレーンハンドルカバー


安価ながら、ネオプレーン素材を使用しており、優れた防風防水性を発揮するハンドルカバーです。
スクーターを中心に選ばれている製品で、ウィンカーボタンはカバー外になるモデルです。
ベーシックなハンドルカバーなので、街乗りを中心におすすめ!


第9位 KOMINE(コミネ)|AK-001 サーモライトハンドルウォーマー


第9位はコミネのサーモライトハンドルウォーマー。
内綿にThermoliteというフリースのような素材を使用して保温性を確保し、手を入れた上面には、ホッカイロが入るという優れもの。
右側カバーには上部にチケットや小物を入れられるポケットを装備しています。
大き目のサイズなので、ハンドルカバーを取り付けたまま使用しているライダーも多いようです。


第8位 LEAD工業(リード工業)|WARMTH KS-209 防水ハンドルカバー


全体に防水素材を使用するのみならず、走行中最も雨が当たるカバー前面の縫製部分に止水テープ処理を施した防水ハンドルカバーです。
手の挿入口は寒風の侵入を防ぐオーバーフラップ構造を採用し、カバー内部はボア素材になっているのもポイント。


第7位 YAMAHA(ワイズギア)|ハンドルカバー


クロロプレンゴムを採用したワイズギアのハンドルカバーが第7位!
クロロプレンゴムとはネオプレーンの原料素材のことで、ネオプレーンの商標を持つデュポン社以外が製造した物のことです。
つまり、素材としては限りなく近いものです。そのため防風防水性に期待できます。
この製品はなかなか耐久力があるようで、中には使い始めて4シーズン目に突入する猛者も。


第6位 KOMINE(コミネ)|AK-085 ネオプレーンウォームハンドルカバー


第6位のこちらは、なんと珍しいグリップのみをカバーするタイプ。
グリップはカバー内なのでスロットル操作をカバー内で行いながら鍋掴みのような要領で、ブレーキやクラッチを操作します。冬に冷たくなるレバーに触れなくていいというわけですね。

腕のでは入り口の丈も長く、袖周りが寒くなるということもないでしょう。

インプレッションを見ると、独特の形状でカウルとの干渉が少ないからか、スーパースポーツなどセパハン車両で装着するライダーも多くみられました。


第5位 DAYTONA(デイトナ)|ハンドルカバー【特価商品】


第5位は、デイトナらしいオレンジのステッチが特徴のハンドルカバー。
素材はウェットスーツに使われるクロロプレンをメイン外側はナイロン、内側は裏起毛を採用しています。厚さも4mmとかなり分厚く防風・防寒性に優れています。
特徴は親指部分の可動域を広げることで、手元のスイッチが操作しやすくなっている点です。
手を入れる開口部にはPVCコートされたシャーリングがあり調整可能、風の侵入も防ぎます。
ビッグバイクにも取り付け可能な優れものです!


第4位 GOLDWIN(ゴールドウイン)|エアロカバー GSM29057


第4位はゴールドウィンのエアロカバー。こちらは、一般的なハンドルカバーと違い、上面にハードな素材を採用している珍しいモデルです。
カーボン柄で、ハード素材なので、取り付けるとハンドガードに近い印象になります。
デザインの問題でいままでハンドルカバーをあきらめていたライダーにおすすめです。

※画像は旧モデル


意外と個性豊かなハンドルカバー

一口にハンドルカバーと言っても結構差があります。
昔ながらのカバーだけという形状ではなく、最近ではポケットがついていたり、スイッチ操作に力を入れていたり。
スクーターだけでなく、大型やアドベンチャーオフ車などにも対応しているモデルが多いのも特徴。

次のページではいよいよTOP3を発表!

関連キーワード
ハンドル,ハンドルカバーに関連した記事