ZETAはオンロード向けパーツも豊富!

ダートフリークがプロデュースするブランド「ZETA」はハンドガードなどオフロード車向けのパーツのイメージが強いのですが、オンロード車向けの商品もあることをご存じですか?
Kawasaki Racing Team SUZUKA 8HやTRICKSTAR NINJA ZX-10Rなどのレース車両にパーツが採用されるなど、性能はお墨付きです!

レバーやクラッチパーチ、ハンドルまで、意外に商品のラインナップは広く、アナタのマシンに装着できるパーツがあるかもしれません!
それではZETAのオンロード車向けの商品をご紹介いたします!

レバー

ZETAお得意のレバーは、贅肉を極限まで落としたレース向けのものから、ストリート用のレバー折れを回避できるピボット付きのモデルまで、用途に合わせてチョイスできるようになっています。

以下のようにタイプが分かれています。

フライトシリーズ レース向け
パイロットシリーズ ストリート&レース向け
ピボットシリーズ 小排気量向け

フライトレバー

zs60-3-1.jpg

スーパーバイクレースで勝利するために開発され、徹底した軽量化を実現するためCNCマシンで360度全面を切削加工しています。
転倒によるダメージを最小限に抑える可倒機構と300km/hを超える高速領域での風圧をかわすベンドホールも採用。

オプションでリモートアジャスターも用意されている、レース向けのレバーです。
FIM、MFJのレースレギュレーションに対応。


パイロットレバー

zs61_1215_detail01.jpg

フライトレバーのノウハウを公道走行可能な一般車両用にフィードバック。
上・下・前方向へ可倒する機構により、転倒による破損を大幅に軽減することができます。折れたらレース&ツーリング終了なのでありがたい!
他には、細かいレバー位置調整(約20段階)が可能なアジャストシステムも搭載と、至れり尽くせりの高機能レバーとなっています。

ブレーキ/クラッチを各車種専用にまとめたレバーセットもございます!


ピボットレバー CP

ZE41-3105.jpg

125cc~400ccの車両がメインとなるピボットレバーシリーズ。オフ車に装着されているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか?
軽量・高精度を追及し、細部に至るまでCNCマシンで360°全面切削加工。
転倒によるレバー破損を最小限に抑える可倒式タイプで、転倒後、すぐに再スタートできる、スプリング内蔵による自動レバー復帰システムを採用。

車種によっては、3フィンガータイプと4フィンガータイプが選べ、ブレーキ/クラッチを各車種専用にまとめたレバーセットもございます!


クラッチパーチ

クラッチレバー単体ではなく、ホルダーごと交換する必要ある?と思われる方も多いかと思います。
しかし、交換することで、クイックケーブルアジャスターで走行中でも素早く簡単にワイヤーの遊び調整ができたり、レバー比が変わって軽くなったりするので結構オススメですよ!

フライトパーチ

zs60-58.jpg

ワイヤー式クラッチ車用に開発したレバー/ホルダーキット。
スーパーバイク選手権で勝つ為の全ての機能を搭載。
レバー可動部にベアリングを内蔵し、フリクションロスを徹底軽減したりとこだわり満載です。

FIM、MFJのレースレギュレーションに対応。


フライトパーチ RD

zs60_5881.jpg

フライトパーチの機能をそのままにレシオデバイス機能を追加した改良版。
クラッチワイヤーのタイコ部分をセットする場所を変えることで、クラッチの繋がりやキレを重視した『キレ重視セッティング』と、クラッチレバーを引いた際の軽さを重視した『軽さ重視セッティング』を選択することができます。
クラッチスイッチ付/無しの2タイプがラインナップされており、ストリートマシンに装着可能です。


レバーガード

MOTOGPをはじめ、レースで装着が義務付けられているレバーガード。
ZETAからはレース用とストリート用の2タイプ用意されています。

フライトレバーガード

zs72_1162_detail04.jpg

レースでの使用を目的に開発したレバーガード。
ポリアミド樹脂製のレバーアームは高い強度を持ち、柔軟性にも優れます。
スチール製バーエンドとインナーブラケットは、バランサーウェイトとしての効果も発揮し、振動対策にもなります。

レバーガードでは珍しいのですが、クラッチ側のバーエンドも付属していて、左右のデザインバランスが崩れないのもうれしい気遣いです!


レバーガード

zs72_1004_detail01.jpg

こちらは樹脂製ではなく、CNC加工された高強度ジュラルミン材を使用したレバーガード。
ガード部の方向を組み替えることで、左右どちらでも取り付け可能なリバーシブルデザインとなっているので、クラッチ側にも装着可能!
初心者の頃についついしてしまう、立ちごけ対策にも最適です!


セパレートハンドル

セパレートハンドルもレース向けのものとストリート向けの2タイプがラインナップされています。

フライトハンドル

zs03-0133.jpg

スポーツ走行に特化した設計で、レースからのフィードバックによって作業性、耐久性も研究されたレーシングハンドル。
一つの工具ですべてのボルトを触れるようになっていたり、左はグリップが滑らないように、右はスロットルが回しやすいようにと、バーの表面加工が異なっていたりと、細部までこだわって作られています。


パイロットハンドル

zs03-1371_1.jpg

自分好みのライディングポジションをつくることができるストリート/ツーリングに最適なセパレートハンドル。
ハンドルブラケットは25mm・45mmの2種類の高さを設定。
また、取り付け位置の変更が可能でハンドルバー垂角を5°・10°から選択できる独自のアジャスト機構も採用。
さらに、別売の5mmオフセットプレートを組み合わせることでバーハンドルからのコンバートなど様々な車両に対応可能です!


チタンボルト&ナット

ZETA チタン製品は余計な装飾加工をしないシンプルな設計が特徴です。
また、ただチタン部材を切削するだけでなく、熱間鍛造製法を施すことで素材強度を上回る引張強度を誇ります。
頭部は精密切削加工によって最適な品質を確保し、高強度素材のためワンサイズ小さく設計することでさらなる軽量化にもつながっており、ネジ部は転造加工を用いることで焼き付き、カジリを防いでいます。

チタン ブリーダースクリュー

zt15_4080_detail01.jpg

brembo純正のブリーダーバルブは2面幅が11mmに対して、ZETA製チタン ブリーダースクリューは10mmで設計してあるため作業性に優れ、軽量化にも貢献。


チタン マスターシリンダーボルトキット

zt32-1210_02.jpg

bremboマスターシリンダー/RCSマスターシリンダーに対応するクランプボルト、ピボットピン、ブリーダースクリューなど必要数をまとめたキット。
ボルトにはフランジ、テーパーキャップの2種類を設定。


チタン バンジョーボルト

zt15-1000_1.jpg

チタン合金 Ti-6AL-4Vから削り出したバンジョーボルトは、アルミ製に比べて強度・耐食性・ビジュアル等どれをとっても優れます。
ボルト頭部にはワイヤーロック用の穴を全面に設けており、サーキット走行時も安心です。


他にはディスクボルトや、チェーンアジャストボルトなど、ここでは紹介しきれないほどの種類があるので、要チェックです!
ドレスアップでアルミボルトを入れるのも良いですが、ワンランク上のチタンボルトで攻めてみてはいかがでしょうか?


アクセサリーパーツ

ZETAお得意のCNC削り出しのアルマイトパーツは愛車のドレスアップに最適です!
汎用性の高いパーツをセレクトしたので、あなたの愛車に装着できるかも??

オイルフィラーキャップ

zs89-2-4.jpg

高強度ジュラルミン材をCNC加工後、カラーアルマイト処理を施しています。
開閉には19mmレンチを使用するので、固くて指で開けられない!なんてこともありません!
落下防止のためのワイヤリング穴も備わっているので、サーキット走行時も安心です。


エンジンプラグ

ze89_1150_detail02.jpg

コインドライバーで回すタイプのプラスチック製のプラグだと、何度も回しているうちにナメてしまったり……なんて経験ありませんか?
こちらのプラグに交換することで回避できます!しかもドレスアップにもなって一石二鳥です!


マスターシリンダーカバー

zs86_0114_detail01.jpg

フルードに侵されたり、経年劣化でボロくなってしまいがちなマスターシリンダーカバー。
シャープなデザインでハンドル周りのワンポイントとして彩ってくれます。
常に視界に入るパーツなので満足感は高いはずです!


まとめ

Screenshot_2.jpg

今回ご紹介した商品以外にも、トップブリッジやバーライズキット、バーハンドルなど様々な商品がございます。
ぜひ下のリンクからチェックしてみてください!


 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
ブレーキ,ハンドルに関連した記事