オーナーの評価から見るCT125ハンターカブの超オススメカスタム!

CT125ハンターカブのオーナーは愛車をどう思っているか、レビューで見てみる!

オーナー満足度

/4.42(2021年5月現在)

同じカテゴリーでの平均満足度が3.75なので、そこからみるにCT125ハンターカブの掴みは極めて良好です!
ひと目でハンターカブと分かるルックス、街乗り・通勤・ツーリングなど幅広い用途で活用されています。
オススメ125ccバイクとして常に候補に挙げられるのも頷けますね。(投稿数:321人)

user_review_ct125.jpg
燃費
4.73
走り
3.82
ルックス
4.73
メンテナンス性
3.75
積載性
4.82
とりまわし
4.64

CT125の良いところ

    CT110から続くハンターカブらしいスタイリングと走行性能が魅力ですね。

  1. 荷物がたくさん積める
  2. 燃費が良い
  3. 無骨なデザインがカッコいい
  4. 結構オフロードも走れる
  5. 前後ディスクブレーキ

CT125のちょっともう少し……なところ

    大人気なハンターカブと言えど、オーナーだからこそ分かるネガな部分もあるようです。

  1. 足つきの悪さとシートの硬さ
  2. 整備性が悪い
  3. ヘッドライトが暗い
  4. ハンドルの剛性感が薄い
  5. メーターが見辛い

より良いハンターカブライフを送るために……

SP武川:SPタケガワ | ローダウンリアショックアブソーバー

ct125_01.jpg

取付け位置をオフセットした専用設計品
ピッチは330mmでシート高が約40mm下がり、乗車時の足付き性が向上し、街乗りでの信号待ちやタンデム時の安定性を高めます。
さらに、減衰力とバネレートを見直すことで、路面への追従性を高め、安定した走行をお楽しみ頂けるオイルダンパー式リアショックアブソーバーです。
本体はクロームメッキでスプリングはレッド/イエロー/クロームメッキ/ブラックの4色から選べます

EFFEX:エフェックス | GEL-ZAB [ゲルザブ] C

ct125_02.jpg

EXGEL(エクスジェル)の高い衝撃吸収性により、座圧を分散し車体からの微振動も軽減、長時間乗車の疲労を軽減します。
疲労軽減により、「もっと遠くへ」を可能にするゲル内蔵座布団ゲルザブ。
「長距離を走るとお尻が痛い」そんなライダーにお勧めのアイテムです。

PROTEC:プロテック | LEDマルチリフレクターヘッドライトキット

ct125_03.jpg

CT125ハンターカブのノーマルLEDヘッドライトLoビームは10.1wで点灯しておりハロゲン球と同等の明るさでがっかりさせられた方も多いようです。
交換しようにもノーマルLEDヘッドライトは電球式ヘッドライトと違って社外LEDに交換して明るくする事が出来ません。 本製品はヘッドライトユニットを交換する事でPROTEC製H4LEDバルブの装着を可能とし、ヘッドライトが何倍にも明るく生まれ変わります。

SP武川:SPタケガワ | LEDフォグランプキット

ct125_04.jpg

濃い霧や激しい雨の時に、ヘッドライトでは照らせない部分を補い、走行時の視認性向上及び夜間走行時の安全性を高める事が出来ます。
また、他のライダーや車からの認識がしやすくなり、事故防止対策としても貢献します。
照射範囲はスポット照射とフラット照射をバランスよく掛け合わす事により、ヘッドライトでは照らせない部分を補ってくれる照射範囲となっております。
ヘッドライトステー装着用とSP武川製レッグバンパー装着用、SP武川製サブフレーム装着車用があります。

KIJIMA:キジマ | フォグランプキット

ct125_05.jpg

取り付けに必要なパーツが揃ったフォグランプキットにハンター125用が登場!
夜間の走行や悪天候での走行での活躍はもちろん、アドベンチャースタイルを強くイメージさせるアイテム。
車体のイメージを大きく壊さない様に小型のフォグランプを採用。
またフォグランプ取付で見えにくくなるサイドリフレクターも移動出来る様に設計されています。

SP武川:SPタケガワ | スーパーマルチTFTメーター

ct125_06_01.jpg

突如登場したSP武川の新型メーター。
速度、回転数、ギアポジション、温度計、燃料計、時刻、バッテリー電圧表示やタイヤ外径補正、パワーテスト機能等、非常に多くの機能を搭載したマルチメーターです。
視認性に優れた指針式タコメーターとTFTカラー液晶によるデジタル表示を採用しています。

SP武川:SPタケガワ | スーパーマルチDNメーター

ct125_07.jpg

純正メーター交換型多機能メーター“スーパーマルチDNメーター”。
純正メーターと交換するだけで、一切の配線加工を必要とせず装着出来るマルチメーターです。
速度、回転数、ギアポジション、温度計、燃料計、時刻、バッテリー電圧表示やタイヤ外径補正、バックライト色変更等、非常に多くの機能を搭載!!
又、ほぼ純正メーターと同形状で同位置に装着出来ます。

OPMID:オプミッド | トップインジケーター タコ

ct125_08.jpg

高い視認性を誇るシフトタイミングライト付きコンパクトタコメーター。
ハンドルホルダーにタコメーターをビルトイン可能です。
硬質なブラックボディに浮かび上がる高輝度グリーンLED透過式ディスプレイを採用。
サイドに操作用タッチセンサーを内蔵しています。
アワーメーター・最高回転数・電圧計機能付き。

ENDURANCE:エンデュランス | ハンドルクロスバーS

ct125_09.jpg

アルミ材の削り出しによるハンドルクロスバーです。
クロスバーの径がハンドルと同じΦ22.2にすることで、ハンドルに固定するタイプのスマホホルダーやメーターステーなどを固定することができます。
従来のタイプに対して、段付き部を無くして、ステーなどの固定可能部を最大限に拡大してあるので、さまざまなホルダーを取り付け可能です。

ZETA:ジータ | スペシャライズド ハンドルバー

ct125_10.jpg

CT125ハンターカブ専用のアルミハンドルバー。
アルミハンドルならではの滑らかな形状で、オフロードでの走行性能と安定性を重視したワイドアップベンド。
ハンドルポジションセッティングを容易にするポジショングリッド付き。
取付はスイッチボックス用穴あけ加工済みのボルトオン設計。

最強の原2ツアラーを製作せよ!

ct125_userreview_2.jpg

CT125ハンターカブのバイクレビューを見ると同カテゴリ平均評価よりも圧倒的に高評価を受けています。
しかし、そのすべてに満足出来ているわけでは無いようです。
そんな時は人気車種故の豊富なアフターパーツで改善していくことをお勧めします!
フレームカバーなどのせいでメンテナンス性に難有りと言われていますが、今回ご紹介した商品は基本的に外から取付出来るものばかりです。
オーナーの皆さんはぜひ参考に自分だけのハンターカブを作ってみてください

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
外装に関連した記事