【2021年版】オススメの人気ライディングシューズ10選!

皆さんは、どのような靴でバイクに乗っていますか?

バイクに乗る時の靴は、大きく分けて「ブーツ」と「ライディングシューズ」の2つに分かれると思います。

どちらもデザイン・操作性・防護性など、商品によっていろいろな特徴がありますが、「どんな靴を選んだら良いのか」迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は「ライディングシューズ」の方にフォーカスして、オススメの商品を10個ほどご紹介していきたいと思います!

ビビッときた商品があれば、ぜひオレンジ色のボタンから商品の詳細を覗いてみてください!

ライディングシューズ選びのポイント

photo-2-min-1.jpg

ライディングシューズ選びのポイントとしては大きく分けて3つ!

  • 安全性
    つま先・くるぶしなどの各部プロテクターのありなし。
  • 機能性・快適性
    シフト操作のしやすさや、脱ぎ履きのしやすさ。防水機能などのありなし。
  • デザイン性
    スニーカースタイルやミリタリー系の無骨なデザインなど。

最低限の安全確保を

ライディングシューズは、バイクに乗ることを前提として作られているため、普通のスニーカーで乗るよりもはるかに安全です。

かかと部分やくるぶし、つま先など各部にプロテクターが付いているものや、生地自体を固めに作ってプロテクターの役目を果たしているライディングシューズもあります。

バイクに乗るうえで一番危険なのは肌を露出すること。

なるべく肌を露出しないよう、最低でもくるぶしまで隠れるシューズをオススメします。

防水機能、脱ぎ履きしやすい点も大事

バイクに乗るうえで避けられないのが濡れること。突然の雨を想定して、防水性のあるシューズを選ぶのがオススメです。

防水機能があれば、天候に左右されず安全かつ快適にツーリングが楽しめるでしょう。

また、脱ぎ履きがしやすいという点にも注目。

靴紐を緩めずに履けるサイドジッパー付きのものや、ダイヤルを回してフィット感の調整ができるBOAフィットシステムが付いているシューズがオススメです。

簡単に脱ぎ履きができるので、出先でも、長時間走って疲れて帰ってきた時でも楽々です。

デザイン豊富。好みに合った見た目のシューズを

最近のライディングシューズは、デザインがかなり豊富になってきています。

「見た目は普通のスニーカーだけど、プロテクターやシフトパッドが付いている正真正銘のライディングシューズ」といったように、パッと見では見分けがつかないデザインが多くなってきています。

安全性の面だけではなく、ファッション性も考慮したモデルが増えつつあるのです。

やはり一番は自分が「カッコいい」と思うこと。好みのデザインを探して、お気に入りのシューズを見つけましょう。

おすすめのライディングシューズ10選

ライディングシューズ選びのポイントを抑えたところで、次は私がオススメするライディングシューズを10商品ご紹介します。 興味のある商品があれば、詳細を覗いてみてください!

gaerne:ガエルネ|ボヤージャー CDG GORE-TEX

gaerune_3-min.jpg

見た目はカジュアルなスニーカーですが、ちゃんとしたライディングシューズです。

つま先にはあて革とカップ型のガードを内蔵しており、シフト操作も考慮されています。サイドジップなので脱ぎ履きもしやすいのがポイント!

かの有名なGORE-TEX®を採用し、防水・透湿性能はお墨付き。

また、通常サイドジップで防水仕様となると内側にジッパーが来るのですが、このシューズは車体を傷つけないように外側へ配置。こういった細かな配慮がされているのがポイント。

ユーザーたちの最大の決め手となっているのはそのデザインで、性能もさることながら普段履きでも違和感のないスニーカースタイルが好評のモデルとなっています。

着脱方法 サイドジッパー 防水性 あり
シフトパッド あり(あて革) プロテクター あり
サイズ 24.0-29.0cm

RS TAICHI:アールエスタイチ|DRYMASTER-FIT フープシューズ

RSTAICHI-min.jpg

こちらもスニーカースタイルなライディングシューズ。

着脱方法はBOAフィットシステムを採用。ダイヤルを回すだけなので、グローブをした状態でも簡単に着脱が可能です。

なので、靴ひも部分はダミーだったりします。(スニーカースタイルを崩さないためですね)

また、同ブランドのレインウェアでも使われている素材(ドライマスター)を採用しているため、それと同等の防水・透湿性を持ち合わせています。

かかとやくるぶし部分などにプロテクターが内蔵されているため、防護性も完璧。街乗りからツーリングまで幅広く使えるのではないでしょうか。

着脱方法 BOAシステム 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 24.0-28.0cm

alpinestars:アルパインスターズ|CR-X DRYSTAR(R) RIDING SHOE

alpine-min.jpg

レーシングギア人気No.1ブランドのシティーユースモデル。

『街を駆けまくって、歩きまくれ!』のキャッチコピーのごとく、シフトやリアブレーキの操作感と歩きやすさの両立を目指したモデルのようです。

見た目は、カジュアルなスニーカーというよりランニングシューズに近い見た目をしています。

フィット感・柔軟性が高い上にインナープロテクションで守るべき箇所はしっかり守られている点が魅力的!

こちらのシューズも防水加工済み。突然の雨にも対応できるライディングシューズです。

着脱方法 面ファスナー&靴紐 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 24.0-28.0cm

gaerne ガエルネ|ToughGear(タフギア) シューズ

tough-min.jpg

オフロードテイストなライディングシューズ。

「くるぶし丈であること」「バックルのため着脱がしやすいこと」から、気軽に履けるオフロード系シューズというのが人気の理由のひとつでもあります。

その無骨なフォルムはオフロード・アドベンチャータイプの車両にピッタリ!

もちろん見た目だけではなく、ビブラムソールや撥水加工された合成皮革などの性能も持ち合わせているため、林道ツーリングやそのままキャンプでアウトドアを楽しむという方にもオススメです。

サイズについては普段履きより大きめサイズをお勧めします。

着脱方法 バックル 防水性 なし(撥水加工あり)
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 23.0-29.5cm

RS TAICHI:アールエスタイチ|DRYMASTER [ドライマスター] BOA [ボア] ライディングシューズ

RSTAICHI_-2-min.jpg

RS TAICHIの人気かつ定番モデルです。

各部プロテクターで安全性を確保。レインウェアと同素材のドライマスターを使用しているので、防水/透湿機能は十分にあります。

また、靴紐の代わりにBOAフィットシステムを採用しているためダイヤルを回すだけで簡単に脱ぎ履きやフィット感の調整が可能となっています。

防水機能やBOAフィットのシステムの使いやすさに加え、見た目のカッコよさに惹かれて購入するユーザーも多いようです。

着脱方法 BOAシステム 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 24.0-28.0cm

elf:エルフ|SYNTHESE14 [シンテーゼ14] シューズ

elf-min.jpg

定番のライディングシューズといえるほど、ツーリングライダーたちの間で愛用されている「シンテーゼシリーズ」

プロテクターを意識したデザインでスポーティな印象を与えてくれます。

機能面については、バックルでカンタンに着脱・フィット感の調整ができる点や、次世代透湿・防水システム「ZONDA」を採用することで十分な防水性や通気性を備えています。

オールマイティな機能性を持つため、街乗りからロングツーリングまでマルチに活躍してくれるライディングシューズです。

着脱方法 面ファスナー&バックル 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 23.0-28.0cm

elf:エルフ|S17 [シンテーゼ17] シューズ

elf_2-min.jpg

定番かつ人気の「シンテーゼシリーズ」新モデル。

BOAシステムの採用により、従来モデルの「履きやすさ」に磨きをかけています。

また面ファスナーの着脱も可能なため、「簡単に脱ぎ履きがしたいからBOAシステムだけで固定したい」など、好みに合わせてカスタマイズが可能です。

各部のプロテクションも相まって、ハイカット特有の足が包み込まれているような安心感と操作性の良さが好評。

愛用者が多いシリーズでもあるシンテーゼ。街乗りからロングツーリングまで、幅広いシーンで活躍してくれるライディングシューズとなるでしょう!

着脱方法 面ファスナー&BOAシステム 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 23.0-28.0cm

DAINESE:ダイネーゼ|YORK AIR SHOES

dainese-min.jpg

イタリアらしいオシャレなデザインのライディングシューズ。

高級感が漂うスエードレザー。そこにメッシュ素材を合わせ、通気性の向上を図っています。

そして、スマートなデザインながら、各部のプロテクターはCE規格が通っている安心設計。

「オシャレなデザインで、プロテクション性能も捨てられない」というライダーにはピッタリな一足になるでしょう。

着脱方法 靴紐 防水性 なし
シフトパッド あり プロテクター あり
サイズ 39(25.5cm)-47(30.5cm)

KOMINE:コミネ|ウォータープルーフマイクロファイバーライディングスニーカー

KOMINE-min.jpg

スニーカースタイルのライディングシューズ。

カジュアルなデザインが特徴ですが、透湿防水機能付き・プロテクション性能やシフトパッド等、実用性の高いライディングシューズでもあります。

また、サイドジッパー式なので脱ぎ履きもしやすい点が嬉しいポイントです。

着脱方法 サイドジッパー&靴紐 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター なし
サイズ 25.0cm-29.0cm

GOLDWIN:ゴールドウイン|Gベクターライディングシューズ

GW-min.jpg

ミリタリー系のフォルムが特徴的なライディングシューズです。

防水性に定評のあるGベクターブーティーを採用し、それに加えメッシュ素材も取り入れることによって防水性と通気性の両立を図っています。

くるぶしまでしっかり保護するハイカットタイプのため、安全性も良し。

足囲がやや広めの3Eサイズのため、幅広の足に合わせやすいライディングシューズとなっています。

着脱方法 面ファスナー&靴紐 防水性 あり
シフトパッド あり プロテクター なし
サイズ 23.0cm-30.0cm

まとめ

mamotme-min.jpg

気になるライディングシューズは見つかりましたか?

安全にバイクを乗るためにライディングシューズは必需品。

デザインが微妙で敬遠されていた方も、最近のデザインにはグッとくるものがあったのではないでしょうか。

選び方のポイントを参考に、自分だけのお気に入りのシューズを見つけてください!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
アパレル,フットウェアに関連した記事