2020年に人気を集めた燃料添加剤ランキングトップ10!!【2021年版】

シンプルに言うと、バイクはエンジン内で燃料を圧縮&爆発させ、それを動力に変換して走っています。
そのためエンジン内の環境はとても過酷で、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
しかし、ショップやよほど熟達した人でもないかぎり、自分でエンジンを開けて直接メンテナンスするなんてことはできません。

しかし、バイクを、エンジンをいたわりたい……。
そんな時は、お手軽な燃料添加剤を使いましょう!
その名の通り給油口から注いで燃料=ガソリンに混ぜることで、燃料に関わる様々なパーツを内側からメンテナンスしてくれます!
バイクの健康を保ち、走行性能やフィーリングの向上が図れるだけでなく、燃料自体の酸化防止やタンク内の腐食対策にもなるので、長い期間バイクに乗らないなんて場合にもおすすめです!

今回は、2020年にウェビックショッピングで人気を集めた燃料添加剤を、独自の集計結果を基にランキング形式でご紹介します!

2020年燃料添加剤ランキングトップ10!

10位 円陣家至高|EGS Limited(イージーエスリミテッド) コンプレッション復活剤


コンプレッションとは、シリンダー内をピストンが往復する際に燃焼室で発生する「圧縮圧力」のこと!
独自開発のリキッドメタル(液化金属)がピストンとシリンダーの僅かなスキマを埋め、潤滑することで爆発のパワーを余すことなく引き出し、さらにスラッジなどの発生を抑えます!
これまた驚くべきは持続性で、他の燃料添加剤の様にスグ燃えきることなく液状のまま燃焼室に留まり続け、効果を発揮し続けます!


9位 SUZUKI|エンジン洗浄剤


スズキ純正の4サイクルバイクに使用できる燃料添加剤です!
ポリエーテルアミンという洗浄成分がメインで、噴射ノズルや堆積したカーボンデポジット等をクリーニングしてくれます! カーボンデポジットとは、燃焼室内に発生する燃料の燃えカスや炭素の固着物などのことで、ノッキングやデトネーションなど異状燃焼の原因となる厄介なヤツ。
1本当たりガソリン3~6Lが適正量のため、原付バイクにちょうどよさそうですね!


8位 TITANIC|燃力50 チタンアンプル (ガソリン添加剤) チタンコート


燃焼室をはじめ、吸排気バルブやインジェクターなど燃料系統の奥まで浸透し洗浄してくれます!
更に、配合されている液化チタンによって、その名の通りエンジン内をチタンの被膜でコーティング!
洗浄とチタンコーティングがセットになることで、その後も汚れの堆積や、キズを防いでくれます!
ちなみに、「燃力」と書いて「ねんりき」と読みます。ご参考までに!


7位 WAKOS|CR601 CORE601


数多くの素晴らしい製品を世に送り出すブランド、ワコーズが「究極のガソリン燃料添加剤」と自負するのがこのCORE601!
洗浄などの基本性能のはもちろんのこと、「燃料チューニング」という発想から「良い点火」「良い圧縮」「良い混合気」が追求されており、全回転域でのトルク、パワーの向上が期待できます!


6位 LIQUI MOLY|エンジンコーティング&クリーナー 4T Bike-Additive


リキモリのエンジンコーティング&クリーナー Bike-Additiveが6位にランクイン!
堆積物の除去などの洗浄作用はもちろん、ガソリンの劣化やサビ、金属の腐食を防いでくれます!
リーズナブルな価格なので、推奨される3,000キロ~5,000キロごとに使用してもお財布にやさしいのもうれしい!
最高のエンジンパフォーマンスを維持しましょう!


5位 SUPER ZOIL|スーパーゾイル フュエルチューナー for ガソリン


注目すべきは「燃焼のタイミング」に着目したスーパーゾイル独自の技術!
まず、洗浄、溶解作用によってスラッジなどの汚れや燃料に含まれる燃えにくい物質を分解します。ここまでは多くの添加剤と同じなのですが、すごいのはここから!
その分解した物質、及び添加剤自体が燃焼するタイミングを均一に調整する作用があり、それによって性能、フィーリングの向上が期待できます!


4位 KAWASAKI|デポジットクリーナー(ガソリン添加剤)


ライムグリーンのカワサキカラーに身を包むのは、カワサキ純正のデポジットクリーナー!
洗浄成分PEA(ポリエーテルアミン)と、スラッジなどを溶かす石油系溶解剤が配合され、愛車のカーボンデポジット予防、アクセルレスポンスに貢献します!
ただ臭いが独特らしく、作業の際は手袋などをして、こぼさないように注意したほうがいいかも……!


 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
ケミカルに関連した記事