初心者に優しい最適チェーンの選び方 & 売れ筋チェーン特集!【玄人さんも一緒におさらい!】
バイクパーツの中でも、最も重要かつ交換頻度が高いアイテム、その一つがチェーンですね。

メンテナンスを怠ると大事故に繋がりかねないので、交換時期には常に気を付けてあげたいところ。
交換はバイク屋さんにお願いするとして、自分のバイクに適したチェーンはどうやって調べれば良いの?バイクの大きさは?走り方も関係する?

今回は、そうしたチェーン交換における基本的な情報をご紹介!
後半には各メーカーのサイズ別売れ筋商品も掲載していますので、最後までごゆっくりご覧ください☆

自分のバイクのチェーンからサイズとリンク数を確認しよう!


何も知らずにいざWebikeで調べてみたら、チェーンの種類が山ほど……その中から自分のバイクに最適なチェーンってどうやって確認したらいいの?

実は難しい話ではありません!現在の愛車に張られているチェーンを確認するだけで、5分で判明します!
チェーンの「サイズ」と「リンク数」が分かれば、自ずと目的の商品にたどり着くことができますよ。

チェーン選びの注意点!
駆動系パーツのカスタムがされていないバイクであれば、メーカー適合表を基に購入してもおそらく問題ありません。(おススメはしません!出来る限り自分の目で確認してください!)

ただし、中古で購入した車両では注意が必要です。前オーナーがスプロケットを交換していたりすると、チェーンサイズが変わっている場合もありますので、必ず現在装着されているチェーンを確認してから、最適な商品を選ぶようにしてください!

チェーンサイズの確認方法

まずは車両後輪のタイヤを外して……なんてことはありません。
チェーンを肉眼で確認するだけ!見る場所はここ!

チェーンの「外プレート」に何か刻印がされていますよね?
この赤枠内に「525」と表示されている数字が、チェーンのサイズです。
写真を撮るか、この数字を覚えておきましょう。

チェーンリンク数の確認方法

次にチェックするのは、チェーンのリンク数です。
長さを表す単位として「リンク数」や「L数」と表現されています。リンク数=チェーンの長さです。
つまり、このリンクを正確に数えるだけで、リンク数が確認できます。

バイクに装着された状態のリンク数の数え方で、一番分かりやすいのは「ピンの数」を数えることです。

水性マーカー等で数え初めの位置に印をし、そこからひとつひとつピンを数えましょう。それだけ!

このリンク数と、先ほど確認した「チェーンサイズ」に合致する商品を選べば良いだけです。簡単ですね。
Webikeのトップページ → ショッピング → 検索窓にキーワードを入力して(例:525 136L)→ GO!
これで該当するチェーンの中から選べば良いだけ!


また、以下の各メーカー適合表からも自分のバイクに適したチェーンを探せますので、こちらもWチェックの意味合いでも活用しましょう!

主要チェーンメーカーの各適合表はコチラ!

バイクのスペックによっても違いが!?

さて、ご自分のバイクにどのサイズと長さのチェーンが張られているのかは分かりましたね。
ちなみにチェーンの種類は、バイクの様々な構成や要素から設定されています。

エンジンの最高出力、最高許容回転数の違い、車重、スイングアームの長さなどを基に判断され、その車種が最もポテンシャルを発揮できるレシピがあります。
逆にこれらの条件を満たしていないと、一定の回転数域で共鳴共振などの影響を受けて、フリクションが増え、最悪の場合は走行中にチェーンが破断してしまう恐れもあります。怖いな怖いなぁ……。

なお、巷でよく「チェーンの適合排気量」というワードを見かけますが、同じ排気量でも推奨適合品が違ったりします。排気量は同じなのに、馬力や性能が大きく違うバイクなんてたくさんありますよね?
つまり適合品を排気量でざっくりとは判断出来ないので、排気量はあくまで選定の際の参考程度のものと考えてください。
基本的には排気量が上がることに従い、上位グレードの商品になるイメージです。


大前提としては、現在装着しているチェーンをキッチリと確認して、同じ規格の商品を選ぶようにしましょう!

使用状況によってもチェーンは変わる!

豆知識その2!走る環境や状況、車種のタイプによっても適するチェーンは変わってきます。

例えば、オールマイティなストリート系バイクは、一般道からダート道でのツーリング、やる気があればサーキットでのスポーツ走行まで、幅広い使い方ができますよね。チェーンについても同じで、こういった汎用性の高いバイクにはメーカーによって適合範囲を広く設定しています。
逆にサーキットやエンデューロなど、主にレース環境が主戦場とする「とがった」性能のバイクには、様々な競技専用チェーンが用意されています。それなりの性能を持つ品質でないとアンダースペックになりチェーンが耐えきれなくなる、のは想像に難くないですよね。

以下はDID(ダイドー)のチェーン適合マップです。なんとなくその幅広さがお分かりになるかと思います。

もし今後レースに参加する機会があった際は、チェーンにも気を配っていただくことをお忘れなく!

520サイズ Webike売れ筋チェーン

ここからは、国内3大チェーンメーカーのWebike売れ筋商品をご紹介していきます!
高品質なこだわりチェーンから、コストパフォーマンスに優れるものまで目白押し!

DID(ダイドー)|VXシリーズチェーン 520VX3


まずは、軽快な操作感で爽快なライディングを楽しめるDIDの「VXシリーズ」をご紹介!
DID特許の「X-リング」採用による圧倒的な摩耗寿命で、純正相当のOリングチェーンに比べて、1.4倍以上の長寿命を実現しています。さらにX-リングによる低フリクション効果で摺動抵抗を50%削減し、スムーズな走りと燃費向上に貢献!
価格もお手頃なので、普段使いのバイクにピッタリの一品です。

RK(TAKASAGO CHAIN)|GVシリーズゴールドチェーン GV520 X-XW


RKが贈る、オンロード用フラッグシップチェーンがこちらの「X-XW」シリーズ。レースシーンから得られた高次元の性能と技術を余すことなくフィードバックした本商品。プレートにニッケルメッキ+ゴールドコート、ピンとローラにブラスメッキ(金色)を施し、最強の耐腐食・耐退色性能を実現しました。

市販品ながら高い耐久性と加速性能を実現しており、なんと鈴鹿8耐で実際に装着した車両が6位入賞!一般道でもサーキットでもマシンのポテンシャルを最大限に発揮する、最高峰品質チェーンです。

525サイズ Webike売れ筋チェーン

EKチェーン(江沼チェーン)|ThreeD(スリード)チェーン 525


カワサキの超高性能バイク「Ninja H2R」に純正採用されたことでも有名なThreeDチェーン。
最近ぐいぐいとシェアを伸ばしている本商品の特徴は、その脅威的な伝達効率。卓越した動力性能により、強力で伸びやかな加速を実現しています。
精密鍛造加工されたプレートにより剛性力が向上し、ムダを省いたスリム設計構造で軽量化にも貢献!自慢の「QX2リング」による低フリクション効果と耐摩耗性により、チェーンの寿命が大幅に向上しています。

RK(TAKASAGO CHAIN)|GPスーパーシルバーシリーズチェーン GP525R-XW


ハイテンション鋼を特殊熱処理して精製された、シンプルながら性能優先の強化チェーン。
旧モデルのRXシリーズに比べて10%の強度UP!ニッケルシルバーメッキ加工で錆にも強い!
また、「R-XWリング」の2重プール構造によりグリス封入性を大幅に向上し、標準的なO-Ring(弊社製品)と比べ1.7倍の耐久性を誇ります。
お値段もとっても良心的な本商品、コスパ重視でシルバーのシブい輝きが好きな方におススメ!

530サイズ Webike売れ筋チェーン

DID(ダイドー)|ZVM-Xシリーズチェーン 530ZVM-X


いよいよ来ました!大ヒットのDIDフラッグシップチェーン「ZVM-X」シリーズ!
MotoGPのDNAが埋め込まれた、シールチェーンの最上級グレード。ビッグバイクを意のままに操るダイレクトなレスポンスと、最高の加速性能を実現しました。
ハイクオリティな前モデルのZVM2に採用された「Xリング」のサイズを見直し、剛性を更に約10%向上。脅威的な長寿命が最大のポイントです。

ユーザーインプレッションでは「バイクの押し引きが軽くなり楽になった」、「アクセルワークでのショックが明らかに少ない」、「加速がすごく滑らか」と大絶賛のアイテム!
この機会にぜひDIDの最高品質をご体感ください。

EKチェーン(江沼チェーン)|NXリングシールチェーン 530ZVX3


最後は日本が誇る江沼チェーンより、カラバリ豊富な高性能チェーン「ZVX3」シリーズのご紹介!
新型のプレート形状と特殊合金を採用し、従来のZVXシリーズに比べ引張り強度に対する剛性がアップ。ハイパワーマシン対応の高強度・高耐久性・軽量化が図られた、ニュースタンダードなチェーンに仕上がっています。

うれしい計7色のカラー展開で、愛車にピッタリなカスタムができますね!

メンテの基本はチェーンから

初心者でも分かるチェーンの選び方、いかがでしたでしょうか?
チェーンの詳しいメカニズムについてはコチラでも紹介していますので、ご参考にしてみてください!

知ってるようで知らないチェーンサイズの見方をご紹介!

チェーンオイルの人気ランキングもご一緒にどうぞ♪

チェーンオイル(チェーンルブ)おすすめ人気ランキングTOP10

チェーンは自分で換装するのも意外と簡単で楽しいものですが、多少の知識と工具が必要になります。DIYの準備が整うまでは、まずはバイク屋さんに任せて隣で作業を見させてもらい、事前に交換の流れを頭に入れておくことがおススメです。

バイクにとって命とも言えるパーツですので、チェーン交換後もメンテナンスを怠ることなく、常に最良の状態にしておきましょう!
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
チェーンに関連した記事