チェーンオイル(チェーンルブ)おすすめ人気ランキングTOP10【飛び散らない!】
わたしはチェーンオイルのような人間です=いい人

エンジンからの動力をタイヤに伝える大切なチェーンを守る潤滑剤。
その名もチェーンオイル。

チェーン清掃はとてもポピュラーな整備なだけあって、使用するチェーンオイルのラインナップも非常に多岐にわたります。
選ぶとき、どれを選んでいいのかわからなくなりそうですね。

そこで今回のランキングは、2020年上半期最も人気だったチェーンオイルランキング!
みんなが選んでいる人気のチェーンオイルを一挙公開です!

チェーンメンテは難易度も低く、誰でもすぐできますが、効果の高い整備です。
今週末はチェーン清掃にレッツトライ!

チェーンオイルの役割


チェーンオイル(チェーンルブ)は、高速で稼働するチェーンの回転をスムーズにするための潤滑の役割を果たしています。

チェーンというのは金属できていて、それが高速回転することで動力を伝えるというものですが、このチェーンがつながっている相手もまた金属でできたスプロケット。
つまり走行中のチェーンは、金属の歯車(スプロケット)と超高速で接触しており、そこにはものすごい負担が発生しています。
これを、チェーンオイルを塗ってコーティングしてあげることで負担を減らしてあげようというわけです。

もしも、このチェーンオイルがすべてなくなってカラカラに乾いてしまうと、ジャラジャラ異音が発生したり、砂を噛んだような走行のフィーリングになったり、最悪の場合チェーンが切れて大事故につながります。
どれもたった、数分の作業で防げることなので、チェーンメンテは定期的に行いましょう。

チェーンオイルの選び方

ここでは、選ぶ際の基準にしやすい2つの項目についておさらいしておきましょう。

粘度は整備頻度と走行環境で選ぼう

まずは粘度!チェーンオイルは「ウェット」「ドライ」そして、中間の「セミウェット/ドライ」の3種類に分けられます。
車両の使用用途やチェーン清掃の頻度と相談して選びましょう。

ウェットタイプ

粘度が低いサラサラとした液体に近いチェーンオイルです。容器はボトルタイプで、チェーンに垂らすように使うものが多いです。
液体に近いので、狙ったところに塗りやすく、浸透性も高いので、乾いたチェーンにもよく馴染むのが特徴です。

しかし、ある程度乾燥するまで時間がかかるので、すぐに走行すると飛び散ってしまったり、走行中に砂などが付着しやすいというデメリットがあります。
カサカサのチェーンを清掃する際や頻繁に整備をして愛車を良い状態で維持したいならおすすめ!

ドライタイプ

ウェットと反対に粘度が高く、速乾性に優れたチェーンオイルです。一般的なスプレー形状はこちらがメイン。
塗った直後に走行しても飛び散りが少なく、また比較的長期にわたって効果を持続できるのが特徴です。

デメリットとして、スプレーの場合は、狙った場所に塗布するのが困難、スイングアームやタイヤなどを養生しないと付着する可能性があるという塗布時の問題。
そして、浸透性ではウェットに劣るので、カサカサチェーンの整備にはあまり向かないという点がデメリットとなります。

セミウェット/ドライ

近年人気の出てきたチェーンオイルで、ウェットとドライの中間の特性を持ったものです。
潤滑性(ウェット系)と速乾性(ドライ系)、どちらに優れているかはチェーンオイルによって異なりますので、愛車の整備状況と走行環境と相談して決めましょう。

色は白orクリアが一般的

チェーンオイルには色があるものと、色のないクリアタイプがあります。
カラーチェーンなど、色のついたチェーンの場合は、無色透明なクリアタイプが塗った後の満足度も高くおすすめ。
一般的に粘度の高いドライタイプに近いものは、白色のチェーンオイルが多く、ウェットタイプは透明が多いというのが特徴です。
これを逆手にとって、ドライタイプの白色を目印に塗りムラをなくすというのもテクニック。

チェーン整備の頻度


一般的に、チェーンの清掃は500km~1,000km走行するごとに1回するのが望ましいとされています。
しかし、雨天や水にぬれた、泥を被った際にはこの通りではなく、できるだけ早く注油するのがベストです。
また、たまにしか乗らない場合は、走行距離ではなく、実際のチェーンの状態を見て、走行前などに整備しておくのが良いでしょう。

いずれも、頻繁に整備することで、チェーンの寿命を延ばし、高額なチェーン交換費用を節約することができます。



チェーンオイル上半期人気ランキングTOP10

第10位 DID(ダイドー)|チェーンルーブ


チェーンの人気ブランドDIDのスプレータイプチェーンオイルです。
塗り始めはさらさらと浸透しやすく、しばらくすると粘度が上がって飛び散りにくくなるというという塗り心地で人気のようです。
液は透明で、カラーチェーンでも美しい見た目を維持して塗ることができます。


第9位 Vipro’s(ヴィプロス)|グレサージュ


セミウェットタイプでありながら、皮膜強度が高く、水分にも強いと話題のヴィプロスのグレサージュが第9位。
塩素系の極圧添加剤を使用していないので金属の酸化も防ぐことができます。
インプレッションでは比較的愛車の整備をマメにしているユーザーが多く、リピート買いが多いのも特徴。
多くのチェーンオイルを試したライダーの行きつく先の1つといえるチェーンオイルです。

ちなみに、ワイヤーやベアリング、金属のスライド面、エンジンの組み付けなど金属摺動部全般に使うことができます。


第8位 YAMALUBE(ヤマルーブ)|スーパーチェーンオイル ドライ


第8位は、ヤマハのケミカルブランド、ヤマルーブのスーパーチェーンオイルドライ!
ドライのチェーンオイルらしく、飛び散らず、べたつかないチェーンオイルです。
色はホワイトタイプで塗った場所がわかりやすい!車両メーカーのチェーンオイルというのも信頼できるポイントです。


第7位 SUPER ZOIL(スーパーゾイル)|チェーンルブ


エンジン添加剤で有名なスーパーゾイルですが、チェーンルブもラインナップしています。
スプレー式のクリアタイプチェーンオイルです。
粘性は低めで浸透しやすく、ちょっと飛散は多めのご様子。


第6位 YAMALUBE(ヤマルーブ)|スーパーチェーンオイル


第8位のドライタイプと双璧を成す、ウェットムースタイプのチェーンオイルです。
浸透性に優れるオイルを泡状に噴射するのが特徴で、ネバネバの強い油膜が完成します。そのおかげで耐摩耗性が高く、厳しい条件での使用にも適しています。
容量も500mlと大容量なのでコスパも高く、油膜も比較的長持ちするので、通勤車両や、距離を乗るツーリングライダーにオススメ!


第5位 WAKOS(ワコーズ)|CHG チェーンガード


ドライタイプで飛び散ることが少ないというインプレッションが多く寄せられるのがこのCHG チェーンガード。
長持ちするので、メンテナンスをマメにできない場合は良い選択肢になるでしょう。
色は白なので、カラーチェーン派は要注意!


第4位 KURE(呉工業)|スーパーチェーンルブ


こちらも白色で飛び散りの少ないチェーンオイルです。
価格が安く、実はホームセンターなどにも置いてある手に入りやすいのも特徴。
コスパも高くベーシックなチェーンオイルです



第3位 円陣家至高(エンジンヤシコウ)|CPO R(シーピーオーアール) 高性能チェーンオイル


チェーンメンテ上級者は使ってる!一度使ったら戻れなくなる、一言で表すとタイヤの回転が軽くなるチェーンオイルです。

Webikeのインプレッションにも200件以上のインプレッションが寄せられ、実に90%以上が満足した人気チェーンオイルです。
容量500mlですが、ボトルタイプで垂らすように使うタイプなので、実は結構長持ちするというのもポイント。


第2位 Vipro’s(ヴィプロス)|レイキッシュ


第9位のグレサージュが誇る潤滑性能はそのままに、飛び散りや、汚れの付着が少なくなるよう開発されたてい粘度タイプのチェーンオイル!
オイルの飛散は気になるけど、ドライの潤滑性には満足できない!というライダーにオススメ!
グレサージュに比べ油分少な目でチェーンやスプロケットをコーティングするイメージで使えます。
低粘度でべたつきが少ないので、ベアリング・スプロケットに加えワイヤーなどの潤滑にも使えます。
こちらもリピート買いが多く、こだわるライダーに選ばれるチェーンオイルの1つです!


第1位 WAKOS(ワコーズ)|CHL チェーンルブ


第1位はワコーズのCHLチェーンルブ!
これはハーフウェットタイプのチェーンオイルで、塗ると、薄くクリアな被膜を形成します。
つまりカラーチェーンでも美しくなるということ。
伸びも良く、チェーンによくなじみ、それでいて飛び散りも少な目といつも使うチェーンオイルにもってこい!
水置換性があるので、チェーンに付着した湿気を追い出して防塵・潤滑被膜を形成します。

地味に逆さでも噴けるスプレーというのが、メンテをやりやすくしてくれるポイント。


定期的なチェーンメンテで、快適なバイクライフを!


チェーンメンテは難易度が低いわりに、わかりやすく効果を実感できるメンテの1つです。
ガサガサのチェーンでは、異音のほかにも、アクセルのレスポンスが悪く感じられたりという走りのフィーリングにも悪影響が出がち。
もちろんチェーンの寿命を急速に縮めてしまうことにもなります。
正しいスパンで正しくチェーンをキレイにすれば、快適な状態で経済的に楽しめるので、この週末はチェーン清掃しよう!!


関連キーワード
チェーン,ケミカルに関連した記事