元、山キャンパーが教える!キャンツー用のテントおすすめの選び方!+人気テントランキングTOP5
ここをキャンプ地とするって言いがち

世は空前のキャンプブーム!キャンプと言えばテントがなきゃ始まりません!
でも、実際キャンプツーリングに行くときのテントってどんなものを選べばいいの?重視しないといけないのはコンパクトさ?
なんだかちょっと悩んじゃうキャンプツーリングのテント選びについてご紹介!

テントってコンパクトじゃなきゃダメ?


キャンツーするにあたりギアのサイズって皆さんどう考えてますか?
僕はいきなりサイズを絞ってしまう必要はないと思ってます。

テントを選ぶ際、僕がまず気にするのは収納サイズ……ではなく居住性です。
テントの中がどれだけ広いか、テントの中だけでキャンプを楽しめるか。

実は、僕、結構山登りとかしていたタイプで、それも山小屋じゃなくてテント背負って、八ヶ岳を縦走するような人間でした。
山の天気というのは変わりやすく、下手したら一日雨というのも珍しくありません。というか雨ばっかでした。
そういう時はおとなしくテントで過ごします。カップ麺もテントの中で作ります。

そう、キャンプというのは自然を相手にするアクティビティで、天気についても予報通りとはいかないという遊びです。
そういった不測の事態でも楽しくキャンプするのに必要なのが、快適な居住性なのです。
特にバイクでは車と違い、避難する場所もありません。雨の日は荷物をテント内に格納するので、やっぱり広さは必要です。

わかりやすいテント選びのポイント!

それでは実際に僕が提唱したい、テントの選び方についてご紹介です。
大切なポイントは3つ!

サイズの選び方


どれくらいのサイズがおすすめなの?というとこれは選び方はシンプル。テントに泊まる人+1人サイズのテントを選ぶ!です。
1人用のテントというのは1人寝れるサイズ。それは必ずしも、1人快適に過ごせるサイズではありません。
でも2人用なら、最低限自分と荷物を置くスペースが用意できて文明的なキャンプが楽しめるのです。

そのためおすすめは2人用以上のテントになります。テントメーカーが公表している対応人数-1人が実際に快適に過ごせる人数と考えるのもよいでしょう。

高さもあった方が便利です

キャンプ時は、着替えもテントの中で行いますよね?
背が低いテントだと、着替えは座ってするほかなく、ちょっと煩わしい。
そこで、おすすめなのが、背が高めのテント。選べるのであれば背は高い方がいい。
ワンポールテントと呼ばれるテントであれば、身長180㎝の僕も立って着替えができるので、結構重宝してます。
そう、ワンポールテント、キャンツーにおすすめです。

収納サイズの検討は、ほどほどに


居住性が最も大事なのですが、バイクには積載スペースに制約があります。
これはキャリアのサイズやシートバッグなど環境によって異なりますのでご自身で一度測ってみるといいでしょう。

でもバイクというのは動力が付いた乗り物なので、重さに関してはおよそ4kg以内を目安に、バイクにある程度任せてよいでしょう。
また、トータルのパッキングに関しても、コンパクトが推奨されますが、ちょっと大きくても意外となんとでもなってしまいます。

極端に収納サイズが小さいテントというのは、畳み方もシビアだったりします。
僕は面倒が嫌いなので、雑に畳んでも入るゆとりあるサイズで撤収もスマートに行いたい派!

ところでみなさん、キャンツーの荷物を一人で持たないといけないと思ってませんか?
もし、友達と行くなら、大きなテント1個を共有してその分メンバーで荷物を分散して持ってもいいんじゃないでしょうか?
実際僕は山にある程度の人数で行くときは、大き目のテントをみんなで共有してました。
世の中、大は小を兼ねるという言葉がある様に、大き目のテントは快適キャンプに直結します。

僕が選んだテントは……

ロゴス|ナバホ Tepee 300


かわいい!
ここまで紹介したポイントを抑えつつも、最後はこの見た目にやられて買ったのがこのテントです。
このテントにしてよかったポイントは、ずばりワンポールであること。
平面の快適性は最大3人寝れるということでバッチリ。加えて180㎝の高さがあるので、僕はこの中で立って着替えられます。
反対に端っこは高さがないので、荷物置いてます。(不満を感じたことはない)

設営もその名の通りポールが一つなので、シンプル。半面ペグダウンの箇所が多いので、スピードは他とそんなに変わらないかな?

耐水性や耐風性に関してはそこまで気にしませんでした。
そもそも、バイクでキャンプに行くときは基本晴れですので、雨は避けられなくとも、豪雨を避けられないということはあまりないでしょう。
また、ワンポールは三角形の形状のため、雨水がどこかにたまるという心配はあまりありません。
そして、風に関しても高さこそありますが、ペグダウンする箇所が一般的なテントより多いため、テンションがかかり問題ありません。

と、メリットはいっぱいありますが、一番はこのかわいさ!
やっぱテントはお気に入りの一張りが一番ですよ!


テントと一緒にこれは買おう

テント選びが終わったら一緒に買いたいアイテムがあります。
これから紹介するアイテムがあるだけでテント設営は圧倒的に楽になる!

グランドシート

グランドシートとはテントと地面の間に敷くシートで、レジャーシートのようなものです。
このシートがあると、テント本体の底面が地面に直接接触しないため、傷つきにくくなります。
また、雨や湿度が直接テントに浸水することを防ぐため、テントが濡れにくくなるというメリットがあります。
テントは収納する際に乾かしてからしまうことが必須ですので、乾きにくい底面が濡れないというのは大きなメリットです。

テントメーカーが出しているシートを買うのが一番ですが、同じようなサイズのブルーシートでも代用可です。

設営や、撤収時の荷物置き場としても使えるので、あって困らないアイテムです。

鍛造ペグ


テントはどのような形状を選んでもペグダウンがほぼ必須です。
ペグダウンとはペグと呼ばれる金属製の杭で地面とテントをつなぐこと。

これがないと強風でテントが吹っ飛んだりします。

普通はテントに付属するペグですが、僕はまず付属品ではなく、重く頑丈で刺さりやすい鍛造のペグに変えてしまうことをお勧めします。
というのも純正ペグというのは、多くの場合、ステンレスの細い棒を曲げただけだったり、ジュラルミンプレートを曲げてペグの形状にしたような、ヤワな物が多いです。
これでは、湖畔キャンプ場など、地面が固い場合は刺さらない、刺さっても曲がる、折れるなど、ひどい目にあってしまうこともしばしば。

そうならないためにも重く刺さりやすく頑丈な鍛造ペグに最初から変えてしまうのがおすすめ。
鍛造ペグは、地中の石も貫通できるような強度を持っていて、まず折れません。

良いハンマー


ペグと一緒に用意したいのが良いハンマー。
これも付属品が軽量なハンマーやプラハンの場合は、アップグレードしておきましょう。
良いハンマーというのはある程度重量があり、打ち込みやすい形状のものです。
叩く面の反対でペグを抜けるようにしてある物もあるので、そういったものを選ぶと撤収も楽ちんです。

次のページでは、お待ちかねの人気テントランキングの発表です!
関連キーワード
キャンプに関連した記事