マディを快適に走るためのオススメオフロードグッズ!

Webikeオフロード担当のコータローです。
今回はマディ対策商品のご紹介です!

練習なら今日は雨だし走るのやめておくか~が出来ますが、レースになるとそうはいきません。
対策をしっかりしてマディレースに挑みましょう!

マシン編

マディレースへの対策は雨&泥での滑りと、泥による車体重量の増加をどう対処するかがポイントとなってきます。
滑りは車体を押さえこめなくなったり、アクセルを開けようとしたら空回りしたり、そして腕上がりにつながって良いポジションにいたのにズルズルと順位を下げたりと最悪です(先日の実話)
また、水を含んだ泥の重さはバカにできません。泥の付着対策をした車両としていない車両では20kg近い違いがあるといわれています。20kgというとトレールとレーサーの車両重量の差とほぼ同じですよ!

DRC:ディーアールシー|スキッドプレートフォーム

7.jpg

車体の隙間という隙間に入り込む泥をブロックしてくれるのがこちらのアイテム。特にエンジンとアンダーガードの間にこのスポンジを詰め詰めしておくと効果は抜群です。
泥による重量増を防ぐだけではなく、レース後の洗車も楽になりますよ!


9.jpg

泥による重量増だけではなく、ラジエターの目詰まりを防止してくれるのがコチラ。
ラジエターに泥が詰まって冷却性能が落ちる→マディ路面でエンジンを回している割に速度が出なくて水温が下がらない→スタックしてイゴイゴしてしまい完全オーバーヒート→エンジンオシャカ→修理代のために3カ月もやし生活……
こんなことにならないように4stの車両でエンデューロを走るのであればエンジン保護のために付けておいた方がいいですよ!
結束バンドによる簡単な取り付けのため、加工次第でほとんどのオフロードバイクのラジエターに装着可能です!


EnjoyMFG:エンジョイ|シートカバー

11-1.jpg

マディレースで泥で滑ってしまって加減速時に体が遅れてしまったり、姿勢が作れなかったりした経験はございませんか?
EnjoyMFGのシートカバーはMoto-Tech社製のグリッパー素材で構成されており、また、座面にはリブまで付いています。お尻をすこーし犠牲することでグリップを得ることができます。
まあ、そういった性能云々よりもマシンがカッコよくなるので、純正のシートカバーが破れたら社外の高機能なものに張り替えちゃいましょう!


DIRTSKIN:ダートスキン|フォークシールスキン

11-1-1.jpg

フォークのオイル漏れって厄介ですよね。レース前や練習前に気づいて慌ててOHした経験がある方もいらっしゃるかと思います。
細かい泥がフォークシールのリップを傷つけることがオイル漏れの原因となります。
そんな厄介ごとが起きる確率を下げてくれるのがフォークスキン。マディ走行時にベルクロで簡単固定するだけでシールを保護出来ちゃいます!リアサス用もありますよ!


SKF:エスケーエフ|マッドスクレーパー

20200124_3048649.jpg

低フリクションで有名なSKFからもマディ対策用のアイテムが用意されています。
フォークシールに泥が入らないようにするカバーで、フォークを外すことなくクイックに脱着可能です。また、使い捨てではなく何度も利用可能です。
SKFだけあって、コチラの商品も低フリクションを実現しており、フォークの動作を妨げにくくなっています!


MotionPro:モーションプロ|LiteLoc リムロック

12-1.jpg

マディの時に手っ取り早く走破率を上げる方法、それは空気圧を抜きまくること!
0.2キロくらいにすると、どうやっても登れなかったサカがすんなり登れるようになった。なんてことはザラにあります。
あまり空気圧を下げすぎるとリアのタイヤとリムがスリップしてしまうので、0.5キロ以下にする場合はビードストッパーを2個取り付けた方が安心です。
1個だけの場合だと最悪の場合、リムからスリップしたタイヤにチューブも引っ張られて、バルブの口がもげてパンクします。

コチラの商品、普通のより高いじゃん!と思うかもしれませんが、軽い・小さいという特徴以外に、個別に買うと結構なお値段のするアルミのスペーサーとナットがついてくるので、なかなかコスパがよろしいです。


RENTHAL:レンサル|ウルトラタッキーグリップ

5.jpg

グリップが泥や雨で滑るならペタペタにして引っ付くようにすれば良くね?という頭が良いのか悪いのかよくわからない発想で作られたグリップです。
少ない力でグリップを保持できるので、疲れにくく、マディやエンデューロ等に最適です。
粘着性が損なわれても、水洗いし乾燥することで回復します!


RISKRACING:リスクレーシング|マッドグリップ

00-110-4.jpg

マディだからって専用のグリップに交換するのは正直めんどくさいですよね。
コチラの商品はグリップの上にかぶせるだけの簡単装着で泥の付着を減らすことができます!
山の中にあることが多いオフロードコースは天気が急変することが多々あるので、トランポに忍ばせておくと助かるときが来るかもしれません。


Z-WHEEL:ズィーウィール|ジグラムローター リア

10-1.jpg

マディレースの後にリアブレーキを確認したら、めちゃくちゃ減っていたor鉄パッドになっていた経験がありませんか?
それはローターのホールに溜まった泥が研磨剤となってしまい、パッドのライニング材が削られすぎてしまうのが原因です。
梅雨時期などの確実にマディレースの時にはホールのないマッドタイプのディスクに変更しておきましょう!


 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
アパレル,ハンドルに関連した記事