Webikeスタッフが選ぶ、オススメ最強ウインターグローブ10選【2020年冬】

ウインターグローブは操作性を取るか、防寒性を取るか毎回悩まされるWebikeスタッフのmiyaです。

10月に入って気温が一気に下がってきましたね。 とくに朝夕の冷え込みは薄手のグローブだと耐えられない……なんてことも。

徐々に迫る厳しい寒さに備えて電熱グローブ!と行きたいところですが、配線が切れる可能性、初期費用が高額だったりと結構購入を躊躇ってしまう方も多いのでは無いでしょうか。
そんな時こそ、電気に頼らないウィンターグローブの出番だと思いませんか!?

今回はウェビックスタッフが厳選した電熱を使わないウィンターグローブ10選を紹介します!

ホンダライディングギア:プロテクトウインターショートグローブ


充実装備とコストパフォーマンスを両立させたホンダライディングギアの「プロテクトウインターショートグローブ」。
カーボンプロテクトグローブ同様の3Dカッティングと内側にHiPORAR、外側にスライダーを装備することで、快適性とプロテクト能力を併せ持つことが可能になっています。
指先には被視認性を高めるリフレクタープリントが施されているので夜間走行でも安心。
親指、人差し指にはスマートフォン操作を可能にする特殊皮革を使用しているのでグローブを外す手間もかかりません。

ロッソ スタイルラボ:チェックリブウィンターグローブ レディース


レディースウェアとして絶大な支持を得ているロッソスタイルラボからは「チェックリブウィンターグローブ」を紹介します。
表地にナイロン・牛革、裏地にはボア・フリース・防水フィルムを使用。
チェック×レザーの組み合わせが非常に可愛く、女性人気が高いのも頷けますね。

デイトナ:HBG-057 国産内縫いウィンターグローブ


デイトナからは人気の「極上プレミアム」シリーズから登場したこちらのウインターグローブ「HBG-057 国産内縫いウィンターグローブ」を紹介します。
表地に上質な北米産デイリーステア、中間層に防水・防風・高透湿インナー、裏地は肌ざわりにこだわった生地「ベンベルグ」を使用し、「グローブの聖地」でもある香川県の熟練工によって仕上げられた贅沢なレザーグローブとなっています。
柔らかくしっとりとした装着感を実現させる為に、指内側には裁縫ラインを最小限にする「ガンカット」を採用
ライディング時にごわつく心配もありません。

クシタニ:レイヴンウインターグローブ


アーバンライクなテイストがお好みの方はクシタニの「レイヴンウインターグローブ」がオススメです。
杢調のストレッチ素材には防風透湿フィルムをボンディング加工で施すことで、装着感を損なわずに防風性、透湿性を高めています。
ナックルプロテクターとパームスライダーが装備されているのでプロテクション性能もバッチリです。

コミネ:GK-844 プロテクトウインドプルーフレザーグローブHG


操作性を重視されるライダーにオススメなのがコミネの「プロテクトウインドプルーフレザーグローブHG」です。
抜群の操作性を実現するために外縫い構造を採用し、手首から手の甲に走る補助ベルトを装着、これによりコンディションに応じたフィット感の調整が可能になりました。
立体裁断とシャーリング伸縮パネルを採用することで運動性を向上させ、プロテクターにはカーボン素材を使用。
まさに、冬でも走りを楽しむために作られたウィンターグローブと言えるでしょう!

エルフ:EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ


高い技術とテクノロジーが実績を示す信頼のモータースポーツブランド「エルフ」からは最高峰モデルの「エヴォルツィオーネロンググローブ」を紹介します。
プロテクターには軽量なカーボン素材を使用し、各部にはシャーリングを施して運動性を確保。ロング丈&裏起毛により圧倒的な極暖仕様のグローブに仕上がっています。
レーシンググローブの様なデザインもカッコよく決まっていてオススメです。

RSタイチ:RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ


ストリートユースに特化したグローブならRSタイチの「MOTO URBAN ウインターグローブ」がオススメ。
防水/透湿素材「ドライマスター」を使用し、雨の日でもしっかりとしたグリップ力を実感できます。
親指と人差し指にはスマートフォンの操作を可能にする「スマホタッチ」を内蔵。手袋をしたままでナビなどの操作が出来てしまいます。

KADOYA:P-SEVEN グローブ[K’S LEATHER]


とにかく革グローブがイイ!という方はKADOYAの「P-SEVEN グローブ」は如何でしょうか?
指からカフス部分まで、甲側の大部分にシャーリングを施したガントレットタイプのウインターグローブです。
安全性とアクセントとしてナックルガードを装着し、手首部分にはベルクロとZIPを採用する事で、機能面・デザイン面共に優れた一品に仕上がっています。
ウインターグローブでありながら、操作性を意識して内装はボアとフリースを使い分ける事で保温性と操作性を両立させています。

FIVE:WFX PRIEM GTX グローブ


グローブのスペシャリストが作り上げるFIVEの「WFX PRIEM GTX グローブ」は、FIVEのウインターグローブの中でも最高峰のモデルです。
特許技術である新PUモノコックプロテクターを採用し、快適な装着感を実現。これによりライダーのストレスを軽減することに成功しました。
ゴートスキンをインナー側に、ナイロンファブリックをアウターに使用し暴風と高グリップを両立しています。
手の甲側、掌側で厚さの違う生地を採用することで更なる装着感の向上を図っています。

GOLDWIN:GOREリアルライドウィンタグローブ GSM26052


ウインターシーズンと言えばGOLDWINは外せません! 「GOREリアルライドウィンタグローブ GSM26052」はGOLDWINでも人気のゴアテックス素材の防水グローブ。
特徴的なのは路面から伝わる振動を吸収する「アンチバイブレーションフォーム」、これにより疲労の原因にも繋がる振動を抑えます。
左手人差し指には柔らかいネオプレーン製のシールドワイパーが装着されているので、操作性を損なわず水滴を拭い落とすことも出来てしまいます。
手首には着脱が簡単に出来る「クイックロン」によるアジャスターを採用、グローブを手首にしっかりとホールドしてくれます。

手先を冷やしたくないなら早めに備えよう!

以上スタッフオススメのウィンターグローブ10選を紹介しました。
今回は各メーカーから1商品ずつの紹介になってしまいましたが、まだまだオススメしたいグローブがたくさんあるのです。
デザイン重視、プロテクション重視など各ブランドによっても個性が違うので自分にあったグローブを探してみると様々な発見があるかもしれませんね。
また、手先が冷えてしまうと運転にも支障が出てきてしまいますので、しっかりとしたグローブで保温してあげてくださいね。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
アパレルに関連した記事