薄手にUSBモバイルバッテリー対応も!バイクで使いたいおすすめ電熱ベスト集

昨今はひと昔に比べてバイクに気持ちよく乗れる期間が劇的に減ったなとよく感じます。

お花見シーズンの降雪、毎年報道される観測史上最大の台風ニュース、連続○日目の猛暑日報道……。

ライダーにとって“暑すぎ”と“寒すぎ”は天敵ですよね。

でも気持ちよく乗れる日がないのなら、作ればいいじゃない

暑さはもうクーラーの効いた4輪に乗るしか方法はないとして、寒さはしっかりとした防寒対策でどうにかななりそうです。

というわけで今回は電熱ベストをご紹介していきますよ!

数ある電熱アイテムの中で何故“ベスト”なのか

電熱ジャケットに、グリップヒーターと今や電熱グッズには様々なバリエーションがあります。

しかし数あるあったかアイテムから、今回ご紹介するのは電熱ベストです。

なぜベストなのか、なぜベストを尽つくしてベストを紹介するのか。至極の電熱ベスト達を紹介する前に少しお付き合い下さい。

①防寒対策のポイントは『層』

防寒対策の最重要ポイントといっても過言でもないのが『重ね着(レイヤリング)』です。

地肌からアウターレイヤーまで、何枚着ているかによって暖かさは変わります(素材にもよります)。

その何枚も重なっている中間層に発熱するベストを着用することによって、アウタージャケット内部に暖かい空間を作り出せます。

ジャケットを防風性のあるものにすれば、常に暖かい状態でバイクに乗ることができるでしょう。

②バイクに乗る以上、防水性が気になる

バイクに乗るからにはウィンターシーズンでも、雨対策はしっかりしておきたいですよね。防水機能の無いジャケットで冬の冷雨にさらされるなんて、考えただけで風邪をひいてしまいます。

しかし、残念ながら防水性を兼ね備えた電熱アウタージャケットというものは見当たりません。

バッテリーと繋がるDCジャック部分を雨にさらしたくないですし、感電のリスクを考えるとやはり電熱ウェアはインナーウェアとして使用したいですね。

③着膨れないからこそファッションが楽しめる

前述でも触れた通り、冬場は着る服が嵩みがちでシルエットも寸胴体型となってしまいよね。

電熱ベストを着ることで暖かさを保てるようになるので、着用枚数を減らすことだって可能。着ぶくれをおこさずおしゃれを楽しむことだってできちゃいます。

Rible(リブレ):CROSS HEAT ヒートインナー中綿ベスト

まず紹介するのがリブレの電熱ウェアラインナップ『CROSS HEAT』のべストです。

インナーベストとして販売されながらも、撥水効果と防風性を兼ね備えていてさらには暖気が逃げにくい襟付き。

また熱源素材にカーボンが使用されており、遠赤外線効果で身体の奥から温まれるのもいいですね。

DCジャック部分を濡れないようにすれば、洗濯していつでも清潔に着用することができます。

ちょっとそこまでの街乗りをする際は、アウタージャケットいらずで出かけられそうです。

商品詳細はこちら

 

Warm & Safe(ウォーム&セーフ):ヒーテッド・ベスト

なにやらブランドの名前からして暖かさが伝わってきますが、それもそのハズ。アメリカ生まれの電熱アイテム専門メーカーです。

バイク&スノーモービル用の電熱アイテムを多数ラインナップしており、また高い品質によりアメリカ、スウェーデンの白バイ部隊にて採用されている実績あるブランドです。

ベストの他にもグローブ、パンツ、ソックスなども展開されており、付属のYケーブルを使用すれば複数の電熱アイテムを1バッテリーで可動することができますね。

オプションも豊富なので、ウォーム&セーフブランドで電熱アイテムを揃えてみるのはいかがでしょうか。

商品詳細はこちら

 

コミネ:JK-558 エレクトリックヒートベスト

こちらはコミネの電熱ベスト。立体裁断となっており、脇腹部分のシャーリングと合わせて良好なフィット感を実現しています。

内側は起毛生地なので肌触りもGOOD。熱源は首まわりとお腹まわりに配されているので、効率的に温まることができますね。

商品詳細はこちら

 

ミズノ:サーモブリッドリップルキルトベスト

“ベスト”といえば中綿が豊富に入っていて……と想像しがちですが、スポーツ用品メーカーミズノ(MIZUNO)の電熱ベストは違います、そう、『ブレスサーモ』のニット素材が使用されているんです!

ブレスサーモとは、汗を吸収し熱へと変えるミズノ独自開発の特殊素材で、発汗を発熱へ変える素材と電熱機能だなんて鬼に金棒もいいところですね。

ベスト自体も着ぶくれを起こしにくいスタイリッシュなものとなっており、冬場のスポーツにも活用できそうです。

商品詳細はこちら

 

Heatech(ヒーテック):HeatMaster 5V Heatインナーベスト

電熱ウェアでどうしても気になるのが駆動時間。バイクの電源ソケットから給電するのがいいのでしょうが、乗り降りをする度にコネクタを抜き差しするのは億劫ですよね。

HeatMaster 5V Heatインナーベストは、スマホなどでお馴染みな5V/2.1Aモバイルバッテリーで使用できるので使い勝手がよく、比較的安価で予備バッテリーを用意できるのがポイントです。

商品詳細はこちら

 

まとめ

気になる電熱ベストはありましたでしょうか??

筆者も電熱ベストを愛用しているのですが、そろそろ今年も押入れの奥から出そうかなと考える今日この頃です。

ウィンターシーズンに快適バイクライフを実現できるようになれば、春先にバッテリーがあがっていた……なんて悲劇も減るハズ。

車種に関連した記事
アパレルに関連した記事