ヤマハらしい上品さを追求!2スト愛を込めたR1-Z【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたカスタムバイクを紹介!
今回は、R1-Zに乗る「SHOGO」さんのカスタムバイクをご紹介!

11/30までMOTO HACK!カスタムバイクコンテストエントリー受付中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!

車両と自己紹介

【自己紹介】
MT50⇒初代RZ250R⇒RG250γIII型(W.W.)⇒RZ250⇒盗難にて長期休止⇒RZ250(4U0仕様)⇒現車
バイク好きと言うよりツースト好き。

【バイク紹介】

YAMAHA R1-Z

カスタムのこだわり

【目指す方向性】
一見ノーマルかライトチューンに見える違和感のないカスタム。

【かっこいいと思うポイント】
ヤマハらしい上品さを感じるデザイン。

【性能が変化したポイント】
色々有るけどやっぱりエンジン。
わかりやすいのはブレーキ。
面白いのはOSR-CDI。

カスタムポイント紹介

■フロントブレーキ周り

コンセプトは軽量化と構造の単純化による整備性・経済性のアップ。
TZR(1KT)サイズの320mmローターでシングル化。
ブレンボとディスクのピンは色に拘った。

制動力自体も古い純正より良くなった印象だがじわっとしっかり効くフィーリングが格段にアップ。

サンスター・プレミアムレーシングディスクローター
ブレンボ・キャスティングキャリパー
プライベートブランド・キャリパーサポート
ACパフォーマンスライン・ブレーキホース


■フロントホイール左側

RZ250用のカバー(リビルト品)を装着。
ホイール左側のディスク穴は初期型RZ用がぴったり合う。


■フロントサスペンション&ハンドル

ハイパープロのスプリング&オイルを使ってオーバーホール。
硬くはないが踏ん張り感が増した印象。

セパハンは歳を考えパイプハンに。
色々試してアクティブのミディアムに落ち着いたが、もう少し狭くて低めでもいいかな。

トップブリッジは初期型RZでも使っていたNプロジェクト製に。
剛性感は問題ないのだが、角張っているのがデザイン的に少し不満。

ハイパープロ・フロントスプリング
Nプロジェクト・トップブリッジ
アクティブ・ROAD アルミハンドル ミディアムタイプ


■ハンドル右側

TMX30を引くためにハイスロ化。
アクティブのタイプIIの方がかっこ良いのだが、40ミリメートルのホルダーを入れたときの整備性の悪さにうんざりしてタイプIIIに買いかえ。

ウェビックモードのスイッチはデザイン・幅共にグッド。
但しR1-ZではRUN/KILLの配線を逆に付け替える必要が有った。

レバーをカワサキの調整式にしたくて最初はゼファー750用のマスターシリンダーを使っていた。
シングル化に伴い14mmのDAEG用に変更。

ウェビックモード・OW-01タイプハンドルスイッチ 右
アクティブ・アルミスロットルホルダー TYPE-3
カワサキ純正・DAEG用ブレーキマスターシリンダー


■ハンドル左側

カワサキのレバーにするとアフターパーツの選択肢も増える。
結局レバーはSSKの可倒式に行きついた。

但しカワサキのホルダーには純正ケーブルは自由長が足りず使えない。
RZRR用のケーブルなら問題なく使えた。

カワサキ純正・ゼファー750用クラッチホルダー
SSKスピードラ・アジャストレバー可倒式
RZ250RR用クラッチケーブル

■エンジン回り

エンジンはマウント加工でRZR用に換装。

ヤマハ純正・バンシー用リードバルブ
アクティブ・ミクニTMX30キャブ
パワーフィルター仕様

低速トルクもピークパワーも充分に有るが軽快感がない。
RZ系のエンジンではよく整備されたノーマル4L3が一番楽しいと思う。

■チャンバー

KPのワンオフメッキチャンバー。
磨けば光るしメッキはげや錆もほとんどない。
ノーマルマウントで取り付け精度もしっかり出ており素晴らしい出来栄え。
二度と手に入らない貴重品なので転倒が怖い。

■電装系

ヤマハ2ストの救世主 OSR-CDI
キット状態で譲って頂いたが、ハンダ付けが大変だった。
点火時期やVPVS開度を自由に変更でき楽しい。
トラブルなく動いているが念のため元のCDIも積んで走っている。

ウオタニ SP-IIパワーコイルキット
購入時から装着されているので効果のほどはわからない。 OSR-CDIと相性が悪いとの噂も有り純正に戻すか思案中。

■リアスイングアーム

TZR(1KT)用 作成者さんのブログを見つけ加工依頼したもの。
・サスペンションの逃げ加工&補強。
・サスペンションリンク取り付け部を切削したあと新設。
・ターンバックル式リンク調整。
などポン付けするために抜かりのない作りになっている。
ターンバックルで簡単にリンク長が調整できるので(レバー比が変わってしまうが)簡易的な車高調整が可能。
少しケツ上げ気味に調整し装着。

スプロケットは落ち着いた色合いのISA。
チェーンは車体色に合わせEKのレッドをチョイス。
EK QXリングシールチェーン 520SRX2

・入れ替えてみてわかったこと
恐らく古いスイングアームは左に曲がっていたらしい。
軽量化はもちろんのこと全く違和感のないシンプルなルックス。
スイングアームの構造が単純化されチェーンを切ったり、キャリパーのバンジョーを外したりしなくてもスイングアームが外せるようになったのも有難い。

■リアサスペンション

純正新品を購入しハイパープロ・リアスプリングをアクティブのスプリング交換サービスで装着。
しなやかさがアップしつつしっかり感が出た。

ハイパープロ・リアスプリング

■サスペンションリンク下回り

頑丈なターンバックルとスイングアームに新設されたリンク装着部が見える。

■リアブレーキ

ブレンボ・新カニキャリパー
・プライベートブランド・キャリパーサポート
・SWAGE LINE・イージーオーダーブレーキホース 

リアもフロントと同色のカニに。
バンジョーの取り付け方向が違うので、ノーマルに使っていたホースは使えない。
こんな時はバラ売りのイージーオーダータイプが便利。
425ミリメートルのホースに両側ストレートバンジョーで問題なく装着できた。

今後やりたいカスタム


エンジン換装の状態で手に入れ足回りとブレーキ系はこれでフィニッシュ。
エンジン自体は快調だがエンジンとチャンバーのポテンシャルを発揮できていない気がするので今後はセッティングを主としたファインチューニングを。
ついでに白の外装セットが揃ったので着せ替え人形を楽しみたいと思う。

どうしても納得のいくミラーに巡り合えない。
都合5本ほど購入したが角度調整が上手くできなかったりデザインがしっくりこなかったり。
ベストミラー探しの道は続く。



SHOGOさん、カスタムバイクコンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、SHOGOさんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!

カスタムバイクコンテスト開催!


11/30までの期間限定で、MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってエントリーしましょう!
グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!もしも、選考に落ちても、ルールを守った投稿でもれなく500ptプレゼント!ウェビックマガジンで全世界に配信もします!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
足回りに関連した記事