暑い時期も快適に!普通の帽子をベースに、ヘルメットインナーキャップを作ったら快適!
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK ツーリングで使っているアイテムを語ろう」キャンペーンに、投稿いただいた中から、気になるあの人のツーリング事情をご紹介。
普段はなかなか見れない、他のライダーのお気に入りグッズをご紹介します!

今回は、ZX-14Rに乗る「よっすぃ~」さんのお気に入りのツーリンググッズ・アイデアをご紹介!

よっすぃ~さんのプロフィール


車両は12年モデルNinja ZX14R
土日の休みのどっちかは、朝イチから昼までの半日ツーリングに行く事が多い。
昼からは家族サービス。
高速乗ってロングツーリングってより、下道のワインディングを流したり、珈琲飲みに行ったり美味いもの食べに行ったりと、気の合う仲間と楽しく乗ってます。
お気に入りスポットは特にないけど、渋滞や信号待ちは嫌いなので、とにかく混んでない道を好んでツーリングのルートを決めています。

お気に入りのアイテムを教えてください


アイテム1: 帽子(サイズ調整の無い物)
アイテム2: グローブのインナー。
※帽子は、つばを切り取り、てっぺんのボッチを取った物を使用。
□ブランド・メーカーはおまかせ。

市販のヘルメット用インナーでもいいが、普通の帽子を加工した物の方が厚みがあり、圧迫感がないので被り心地が良くオススメ。

便利な使い方やお気に入りポイント


便利な使い方・裏技

普通にヘルメットとグローブをはめる時にインナーとして使用。
布団でいうシーツの役目で、暑い時期の汗や汚れから、お気に入りのヘルメット&グローブを守る役目。
暑い日なんかは汗でビタビタになっても休憩毎にインナーを乾かす事で常に快適に被る事ができる。
また髪がペタンコになったり、ヘルメットの内装の痕がついたりしないので、ヘルメットを脱いだ後の髪形が気になる方にオススメ。

まとめ


メリットとしては、ヘルメットやグローブを汗や汚れから守る事で清潔に保ち、長持ちさせる。
特に革製のグローブは毎回洗えないのでインナーはオススメ。
ヘルメットのインナーを使用する事で、ヘルメットの内装の凹凸痕がつかない為、バイクを降りた後の髪形を気にして、帽子などを被る必要がなくなる。
またインナーの保護によりヘルメットとの摩擦を軽減する事で頭皮に優しく、さらに清潔に保つ事で、抜け毛に悩む心配がかなり減る。

デメリットは、ヘルメット&グローブ装着時の手間が増える。

最後に、
ヘルメットやグローブの丸洗いは大変だけど、インナーなら毎回洗濯できて清潔。
暑い時期は暑苦しく思うかもしれないが、実際は汗を吸収し、逆に快適なツーリングを楽しめるので、検討してる人は是非ともインナーの使用を試してみてはいかがでしょうか。

よっすぃ~さん、貴重なツーリングHACKの投稿ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、よっすぃ~さんには、ウェビックで使える1,500ポイントをプレゼント!
 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
関連キーワード
アパレル,ヘルメットに関連した記事