カウルの派手さは想定外!? 差し色のイエローが際立つ GSX-R1000【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたカスタムバイクを紹介!
今回は、GSX-R1000に乗る「K1」さんのカスタムバイクをご紹介!

11/30までMOTO HACK!カスタムバイクコンテストエントリー受付中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!

車両と自己紹介

【自己紹介】
27歳の時に中型免許証を取得。
29歳で大型2輪免許を取得。
今現在45歳ですが、絶えずバイクに乗っているバイクバカです。

バイク歴は
CB400SF(初代VTEC)→CBR954RR→GSX-R1000(K6)→イナズマ400→GSX-R1000(K7)
と、なってます。

【バイク紹介】

いま、保有しているうちの1台がメインであるGSX-R1000(2007年式)です。
何気なく寄ったお店でそのまま何気なく買っちゃいました(笑)
いままでCBR954の時もK6の時もそんな感じで買っちゃっていたんですよね。
スズキのフラッグシップSSで歴代GSX-R1000シリーズで唯一の油圧クラッチ(笑)
すでに13年経過していますがまだまだ元気な車体です。

カスタムのこだわり

【目指す方向性】
コテコテしないシンプル(どノーマルと間違えられそうな)なカスタムを目指してます。
外装は社外に換装してますが、これは例外で(笑)

【かっこいいと思うポイント】
外装を換装して引き締まったシルエットになるようにしたのがかっこいいポイントかと思います。

【性能が変化したポイント】
やはりブレーキカスタムとマフラーですかね。

カスタムポイント紹介



・ブランド:ニッシン
・品名:鍛造ラジアルブレーキマスターシリンダー
量販店などで販売している物とは別物です。
握れば握った分だけしっかり作動するし、当たりが毎回変わることもありません。
イタリア製品とか有名ですが私は日本製が一番だと思っています。
写真のレバーはアントライオンのレバーに交換済みの物です。
交換した理由はニッシンのレバーは指が届かないのと見た目ですかね
(鍛造用のニッシンの純正レバーが15,000円もするので折りたくないのも理由の1つです)



・ブランド:スズキ純正
・品名:GSX-R1000(K9)純正キャリパー

K8までは普通のキャリパー、K9以降はモノブロックキャリパーなんです。
しかもK6やK7にはポン付け可能。
剛性あがるは、軽量化になるわで、良いことずくめです。


・ブランド:ヤマハ純正
・品名:YZF-R1純正スロットコーン

これにより少しだけハイスロになります。
街中でも快適に操作できるし、握り直さなくても1回でフルスロットルできます。
なお、これグリップも付いてきますので左ハンドルのグリップもヤマハR1純正グリップに交換してます。


・ブランド:プーチ
・品名:レーシングスクリーン

やはり風防も大切かと思い購入。
安物の無メーカーと違い歪みや歪みも無くいいです。
あと、スクリーンボルトはL7純正のボルトを付けてます。
理由はアルミ製で頭がフラットなんですよ。
空気抵抗や重量を考慮したネジが純正であるなんて感動して購入しちゃいました。


・ブランド:KOSO
・品名:Mini3デジタル空燃比計 【スズキ系】


あとで紹介しますが、ストライカーのスリップオンサイレンサー
無名メーカーの中間パイプ
パワーコマンダーIII
なのでパワコマの吊るしマップがそのまま使えません。
空燃比計とにらめっこしながらPCつないで微調整しています。
商品説明ではアドレスV125以外の適合保証は無しとかかれていましたが、K7にはポン付けでした。


・ブランド:ストライカー
と、無名メーカー

・品名:チタンオーバルサイレンサー
と、中間パイプ

とある中古量販店で見つけたストライカーのチタンオーバルサイレンサー。
即購入しました。
それまではヨシムラなカーボンサイレンサーを付けていたのですが音がイマイチ。
SSには軽量で高音のチタンオーバルと、勝手に決めつけている自分の純粋な気持ちに従順しました(笑)
中間パイプは密林サイトで購入。
サイレンサースプリングの位置をサイレンサー側を変更してます。


・ブランド:ダイノジェット
・品名:パワーコマンダーIII(USB)

マフラーを変更したらアフターファイアーが頻繁に鳴り出したので購入。
取り付け後、アクセル開度をPCに覚えさせるため後輪浮かして全開をしますので、かなりな近所迷惑をおかけしちゃいました(笑)


・ブランド:無名メーカー
・品名:外装セット

密林サイトで購入しました。
このカラーリングは2007年当時のSBK(世界スーパーバイク選手権)に参戦していたアルスタースズキのカラーリングです。
メインスポンサー名が映画ワイスピでも有名になったビール会社ですが、今年初めから流行した新型コ◯ナウイルスと名前が被っちゃいまして少し周囲の視線が気になります。

カウル精度はそこそこよい感じです。
しかし派手なのを選んだつもりじゃないと思っていましたが、予想以上に目立つ車体になってしまいました。

あとは写真掲載数の関係で掲載できませんでしたが、
スズキ純正:K9純正ウインカーミラー
nao:アーチドステップ(バックステップ)
R&G:サイレンサーステー
も取り付けてます。

あと、ノーマルリアサスだと車高調整ができないのでデカイワッシャーをリアサスとフレームの間に噛ませて、タイヤを190/55にして上げています。

今後やりたいカスタム

FフォークをK9以降のBFPに換装したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



K1さん、カスタムバイクコンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、K1さんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!

カスタムバイクコンテスト開催!


11/30までの期間限定で、MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってエントリーしましょう!
グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!もしも、選考に落ちても、ルールを守った投稿でもれなく500ptプレゼント!ウェビックマガジンで全世界に配信もします!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
マフラーに関連した記事