必要なのは道具、そしてパワー!CBR1000RR-Rアクスルナットをチタンへ交換【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK 教えて!メンテナンスHACK」キャンペーンに、投稿いただいた中から、参考にしたいメンテナンス方法をご紹介。
もしかしたらマネしたくなるアイデアがあるかも!?

今回は、CBR1000RR-R FIREBLADEに乗る「SC82.jp」さんのメンテナンスHACKをご紹介!

車両とメンテ内容の紹介

車両について

1601380549846L-1.jpg

CBR1000RR-R SP

今回の作業

1601474365123L.jpg リアのアクスルナットとピボットナットのチタンナットへの交換

作業時間

10分

作業難易度

作業難易度は道具と物理的な力さえあれば簡単

使うアイテム

【パーツ】
・Titanium Flanged Axle Nut M18x(1.50mm) Swingarm Pivot (TINUT18150002Z3)
・Titanium Flanged Axle Nut M24x(1.50mm) Front Wheel (TINUT24150002Z1)
Nut M18x1.5 Pro-Bolt 24mm titanium head
ブランド:プロ-ボルト(Pro-Bolt)

【工具】
・ソケットM36・M32・M27・M24
・TRUSCO ソケット(12角) 差込角12.7 対辺36mm TS436W
・京都機械工具(KTC) ソケット 6角 B424 対辺寸法:24×差込角:12.7×全長:36mm
・京都機械工具(KTC) ソケット 6角 B427 対辺寸法:27×差込角:12.7×全長:39mm
・京都機械工具(KTC) ソケット 6角 B432 対辺寸法:32×差込角:12.7×全長:43mm
・出来るだけ長いスピンナーハンドル
・トルクレンチ
・グリス(Pro-Bolt付属)


作業について詳しく紹介

【作業工程】

1)締め付けトルクが大きいので、長いスピンナーハンドルを用意しましょう。 1601474365312L.jpg

2)反時計回りに回し緩める。 1601474365498L.jpg

3)外せたら齧り(かじり)防止にシャフトのネジ部にグリスアップ。 1601474365663L.jpg

4)チタンナットを取り付けて締め付ける。 1601474365831L.jpg

5)ある程度締めこんだらトルクレンチを使用して締める。 1601474366001L.jpg

6)規定値に締めこんだら完了。 1601474366179L.jpg

アドバイス

入れ替えるだけなので特に特殊な技量は不要。必要なのは道具とパワーですね。

チタンは固い材質なので、齧る(かじる)ともうどうにもなりません。
予防するためにはドライ締結は絶対に避けてください。
ウエット締結に使うグリスはPro-Bolt製品なら付属で付いてきます。
エンジン部以外なら普通のグリスでもいけるとは思いますが保証は出来ません。
締め付けトルクはメーカー指定の数値が無難だと思いますが、ウエット締結は数値が違う場合があります。
組みつけは自己責任ですよー
チタンを1度使うとハマりますよ!


【詳細動画はこちら】



SC82.jpさん、貴重なメンテナンスHACKの投稿ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、SC82.jpさんには、ウェビックで使える1,500ポイントをプレゼント!
 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
駆動系に関連した記事