400刀へ1100のカウルを装着!ワイドカウルカスタム【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたカスタムバイクを紹介!
今回は、GSX400S カタナに乗る「べり」さんのカスタムバイクをご紹介!

11/30までMOTO HACK!カスタムバイクコンテストエントリー受付中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!

車両と自己紹介

【自己紹介】
16歳で中型取得、父親のVT250Fを借りていました。
18歳で普通車免許取得HCR32を購入
24歳で結婚を機にHCR32を手放し400カタナを購入してリターンしました。

【バイク紹介】
スズキ:GSX400S カタナ

カスタムのこだわり

【目指す方向性】 通勤で毎日使っているので操作性や収納などの使い勝手の向上と純正のデザインをなるべく崩さないように意識して細かなパーツや細部をリファインしています。
あとは、純正パーツなどを流用してなるべく家計に迷惑をかけないように仕上げるよう努力しています。

【かっこいいと思うポイント】
1100をコンパクト化した400に再び1100のカウルを取り付けた事により、シャープさが増しました。
ワイドカウルの張り出しと切り込みが、刃金の切っ先によく似ていて純正以上にカタナ感が出ているように感じます。

【性能が変化したポイント】
400カタナはライトユニットが一回り小さく、レンズの選択肢が有りませんが、1100用のアッパーカウルフレームを加工したのでマルチリフレクター化も出来ました。
スフィアライトのRIZING2と合わせて夜間の視認性が大幅にアップしました。

カスタムポイント紹介

フレームカット、バックステップベース溶接
GRS刀鍛冶1100カタナ用ワイドカウル(廃盤)
WR‘S フルエキゾーストアップタイプ(廃盤)
スズキ純正GSF1200ステップ流用
スズキ純正GSF400Vバンディッドホイール流用
KOSO RX2+マルチLCDメーター
YSS Z362リアサスペンション
レイブリック マルチリフレクターヘッドランプ
スフィアライト RIZING2 LEDバルブ
デイトナ ハザード付ICリレー
自作アルミフェンダーレス
自作アルミシングルシート
シート下収納14リットルに拡張
シートロックを1100メットホルダー位置に移設

など


レイブリック:マルチリフレクターヘッドランプ 400カタナ念願のマルチリフレクターです。
一気に現行モデルのような雰囲気に近づきました。
ミラーやハンドル周りをもう少し揃えていきたい所です。


750カタナのシャープさをイメージしてカウルの取付位置を調整しました。
カウル側面の張り出しからタンク、シートへのラインがお気に入りです。


空冷の1100には無いラジエターが干渉するので、フレームを削ってパイピングの逃げを作りました。


400カタナのアッパーカウルフレームと同様にラジエターと接続する部分を1100用のフレームにも作りました。
人生で二度目の溶接作業です。
角度の調整が難しく何度もやり直しました。


タンクとサイドカウル、アッパーカウルのつなぎ目です。
アッパーカウルフレームも1100用は少し幅広いのでタイダウンで締め込んで幅を調整しました。


リアサス周りです。
YSS:Z362リアサスペンション
サブタンクなしのスッキリしたスタイルがお気に入りです。
プリロードとリバウンドの調整が可能。
価格的にも性能的にも街乗りには充分過ぎると思います。

タンデムステップはフレームカットして、GSF1200純正ステップを流用しました。
切っ先のようなヒールカバーかお気に入りです。
シートロックも1100のヘルメットホルダーを模して移設しました。


自作のアルミフェンダーレスと収納スペースです。

14リットルの容量があり、子供がランドセルを忘れて学校に行ってしまっても、5教科の教科書ノート、お弁当、水筒をシート下に収めて学校まで届ける事もできます。

コーヒーツーリングやラーメンツーリングも道具を丸ごと収納して手ぶらで出掛けれます。

収納物が落ちないようにサイドカバーが有るのでタンデム部をくり抜いたアルミ製の自作シートを取り付けています。
ボルト二本でサイドカバーを取り外して純正シート仕様にも戻せます。

外した状態でも8~10リットル程度の容量は確保しており、車載工具とバイクカバーをギリギリ収納できます。


多少トラブルでも対応出来るようにチョイスし直した車載工具と、バイクカバーを収納してもまだ余裕があります。
プラパーツの劣化が進みやすい旧車にとってカバーを積んで移動出来るのは心強くなりました。


KOSO:RX2+ LCDマルチメーター

速度、回転数、時計、水温、油温、電圧、の表示が出来ます。

燃料計は400カタナにセンサーがないので表示出来ません。

タコメーター側のバー表示(1)
スピードメーター側のデジタル表示(2)は
(1)燃料、(2)時計 ※追記
(1)燃料、(2)電圧
(1)燃料、(2)水温
(1)水温、(2)油温
の組み合わせで表示できます。
配線は汎用なのでそれぞれの車種に合わせてカプラー加工が必要です。


十五年以上の前の当て逃げされてフロントリア周りを全交換し、17インチ化した直後の画像です。
この頃と比べるとかなり印象が変わりましたね。

納車から18年、今年10万キロを達成。
これからも細かなリフレッシュを続けて末永く走らせて行きたいです。


ロングテール化の準備としてカウルを3cmズラして仮組しました。

干渉する箇所の確認、作り直すシートのイメージを固めていきます。
このシート合皮もミシンで縫いました。


僕のカタナ最大の個性。
シート下の収納スペースです、この状態でシートをロック可能。
妻から突然、買い出しを頼まれても問題ナシ!

現在はサイドカバーも付いたのでシート下の収納スペースを更に無駄なく活用出来ています。


純正のシートを剥がしてタンデム部分を切り抜きます。


2mm厚のアルミ板を曲げて天板を作ってベースにし、最終的にタンデム部分は全てアルミで作り替えます。
純正シートの樹脂部分はタッカーを打つのにアルミ板にネジ止めしておきます。


アルミ剥き出しの部分にウレタンスポンジを貼って、アルミのつなぎ目をごまかします。
ライダー部とタンデム部分の境目も前方に狭くなるようにスポンジを盛り付け全体的な形を整えます。


シートの合皮も形に合わせてミシンで縫っていきます。


自作のなんちゃってタンデムシートの完成です。
強度はかなりあるので座れない事もないですが、、、薄いスポンジを貼ってるだけなのでお尻へのダメージが心配です。
そもそも私のカタナは1人乗りなのでタンデムステップがありません(^。^;)


純正シートと裏側の比較です。
くり抜いた部分がそのまま収納スペースになりました。シートの剛性もアップしてコーナリング中もテールのたわみを感じません。

今後やりたいカスタム

ワイドカウルの次はロングテール化とスリムシートの作成を予定しています。
今年はイグナイター、スターターリレー、ピックアップコイル、レギュレーター、セルモーターの交換をしました。
カスタムと一緒にリフレッシュも欠かさず大切に乗っていきたいです。


べりさん、カスタムバイクコンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、べりさんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!


カスタムバイクコンテスト開催!


11/30までの期間限定で、MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってエントリーしましょう!
グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!もしも、選考に落ちても、ルールを守った投稿でもれなく500ptプレゼント!ウェビックマガジンで全世界に配信もします!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
外装に関連した記事