足つき性と快適性の両立したシートを自作してみた!KLX125で快適ツーリング【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたカスタムバイクを紹介!
今回は、KLX125に乗る「TT-R」さんのカスタムバイクをご紹介!

11/30までMOTO HACK!カスタムバイクコンテストエントリー受付中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!

車両と自己紹介

【自己紹介】
バイク歴は本当に長い。公道以外で乗り始めた小学4年から数えると半世紀以上だ。何台乗り換えたのかは数えらないほどだ。筋金入りのバイクマニアであり、家人からは、死んでも治らない「不治の病だ」と言われている。

【バイク紹介】

KLX125は買いたいと思っていたオフバイクだが、小径ホイールゆえに買うのをためらっていたが、XR230のセカンドオフバイクとして、購入した。もっぱらアタック系廃道ツーリングに使っているが、暑くてしょうがない夏場は舗装路も走る。
小排気量バイク同士でプチツーリングにも出かけるが、このツーリングにはKLX125は向いていない。
その理由はオーナーならご存じであろうが、「三角木馬」のごとき拷問シートにある。
KLX125は小径ホイールの125のくせにシート高はXR230よりも高い。しかし、足つき性はXR230よりもいいくらいだ。その秘密が細いシート幅にある。
つまりKLX125のシート幅は足つき性を確保するためにとても細いのである。その細さゆえに長距離を走ると(いや長距離を走らなくても)ケツに食い込む。KLX125でツーリングをしようとすると拷問シートに耐える修行の旅となる。

カスタムのこだわり


画像をご覧あれ。これがKLX125のシート幅である。
この拷問シートをもう少し快適なシートにしようと思う。
一番簡単なのは後期型のやや幅広シートに交換することだ。1万円程度でカワサキ純正部品が買えるので、交換するだけ。
ただし、足つき性は当然悪化する。
アタック系廃道ツーリングでは足つき性はとても重要だ。足を着いた場所が窪地というこはよくあって、運が悪いとバイクの下敷きなってしまう。
純正部品と交換するだけというのは能がないし、折角足つき性を優先したシートなのだから、その性能は確保した上で快適性を上げたい。

【目指す方向性】
目指す方向性は足つき性と快適性の両立である。格好は無視したい。
ヒントはDT1などの古いオフロードバイクにある。
往年のライダーならご存じあろうが、あの頃のオフバイクのシートは足つき性に影響する前部は絞り込まれていて、後部は広がったシート形状であった。
つまり、シートの前部はそのまま、乗車位置に当たる後部だけシート幅を広げようというわけだ。

【性能が変化したポイント】
狙い通り、足つき性は悪化せず、座り心地は改善された。
2時間座り続けても平気である。

カスタムポイント紹介


まずはシートを身ぐるみ剥がす。 次に、横に広げたい部分にくっつけるシートスポンジを用意する。


次に、このスポンジをボンドなどの接着剤でシートに貼り付ける。
シートの曲面に沿ってスポンジが着くように、しっかり接着するまでは、がんじがらめに縛っておく。
一昼夜ぐらい放置した後、シートの整形に移る。このシート整形が乗り心地を左右するのでよく考えて慎重に行いたい。
カッターの刃を何本も用意して、切れなくなったらすぐに新品に付け替えてスポンジを整形していく。
柔らかいスポンジではあるが、カッターの刃はすぐに切れなくなる。切れ味が落ちるとカットがうまく行かなくなるので、すぐに新しい刃と付け替えよう。


画像は整形後のシートスポンジとシート表皮である。
横に膨らんでしまったシートには元のシート表皮は当然着かない。
新たにシート表皮を作ることにする。
シート表皮用の生地を買ってきて、まずは型取りをする。
複雑な形状になったシートはどんなに伸びる生地を使っても1枚張りは不可能だ。正面と左右の3枚の型を取る。ここは大まかで良い。後でカットはいくらでも出来るから大きめに切るのが良い。
仮縫いの段階で形状を詰める。


大まかに型取りをしたシート生地ができたら、シート形状に合わせながら 、仮縫いをする。
シートを貼るときは、引っ張るので、シートよりも少し小さめに仮縫いをするのがコツである。
ちなみに「伸びるシート生地」を購入しても、伸びには方向性があって、伸びる側とあまり伸びない側がある。シートを貼るときどこを伸ばしたいのか考えて、型取りをすることもうまく貼るコツとなる。
仮縫いが終わったら、ミシンで本縫いだが、家庭用のミシンでもビニール皮革は縫える。
ただし、針をデニム用とか皮革用とか厚手の生地に対応させることが重要である。
ミシンがけが得意でない人は、ミシンがけのうまい人に頼むのも一つの方法である。


縫製して作ったシート表皮は縫い目があって、そこから水が浸入する。
だから、防水シートでスポンジを覆ってからシート表皮を貼る。
防水シートは専用でなくても良い。私は園芸用の黒マルチを使っている。
防水シートを貼ったら、シート表皮を貼る。
コツは寒い日を避けて、なるべく暑い日にやることだ。
ビニール皮革は温度が高い方が良く伸びるからだ。寒いときはファンヒーターの前などでやるのがいいと思う。


完成図↑↑

シート表皮を貼って、完成した改良シートである。
使ったパーツだがスポンジはwebikeでも扱っているものだ。
ai-net アイネット:シート補修用スポンジ(アンコ)2cmである。

ここのは安いのが長所だが、集合材なので、加工用にはあまり向かない。
少し高くてもウレタンの単一製品が良い。
使ったことはないが、NTBのシートスポンジが良さそうな感じだ。
NTB エヌティービー:シート補修用スポンジ


取付図

他にKLX125の問題点として振動が多いことがある。
林道ではアドレナリンが出まくっているから、振動なんか無視できるが、淡々と走るツーリングでは振動は辛い。
特に60km/hぐらいになると振動が増えるので、これがクルージングの妨げになる。
そこでギヤ比を上げてみた。
KLX125のFギアは14Tであるが、15Tにしてみた。
同じエンジン回転数でも5km/hほど速度が下がるので、60km/h巡航時の振動が減らせる。
気になる加速の悪化や発進時のもたつきだが、これがほとんど気にならない。
トップギアで登る登坂路ですこし気になるが、あとはギア比が上がったことに気が付きにくい。オーバードライブ感はなく、少なくともXR230の6速で走っているときよりもマシである。
その代わり、最高速も変わらなければ、燃費もほとんど変わらない。
交換するギアは以下の通りだ。
キタコ・ドライブスプロケット 15T


TT-Rさん、カスタムバイクコンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、TT-Rさんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!

カスタムバイクコンテスト開催!


11/30までの期間限定で、MOTO HACK!カスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってエントリーしましょう!
グランプリ獲得で10,000pt獲得のチャンス!もしも、選考に落ちても、ルールを守った投稿でもれなく500ptプレゼント!ウェビックマガジンで全世界に配信もします!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
外装に関連した記事