登山のレイヤリングを参考に保温と通気を重視!バイクを降りてもホカホカ【MOTO HACK】
ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!あったか装備コンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたあったか装備を紹介!
今回は、HONDA スーパーカブ50に乗る「ちり太郎」さんのあったか装備をご紹介!

車両と自己紹介


【簡単な自己紹介】
カブ主8年目。
冬はウインタータイヤに履き替えて楽しんでいます。

【車両紹介】
カブ主8年目。
冬装備として保温対策のグリップヒーターとハンドルカバー、防風対策のナックルガードを装着させています。

あったか装備のこだわり


【目指す方向性】
登山のレイヤリングを参考に、保温だけではなく汗冷えを防ぐ格好をしています。

【あったかいと実感するポイント】
着込む素材や順番を適切にすることで最大限の温かさを得ることができ、バイクを降りて動いても適度に汗を吸収してくれるので不快になりません。

製品紹介

1.icebreaker
・品名:260 テック ロングスリーブ クルー※外部サイトが開きます

肌に触れるベースレイヤーにはメリノウール100%のシャツを着ました。
肌触りが良く、厚手を選んだことで熱を逃がしません。

ただし冬でも汗をかく人や体を積極的に動かす場合、メリノウールでは汗を吸収しきれないため、素材を化繊に変更することをおすすめします。


2.MOUNTAIN EQUIPMENT
・品名:CONCORDIA JACKET※外部サイトが開きます

ミドルレイヤーには通気性を重視してフリースを選択しました。
バイクから降りないという方は、フリースより保温性のあるインナーダウンが向いています。


フリース素材で有名なポーラテック社のタグがありました。
肌触りが良く速乾性に優れ、軽くて暖かい生地です。


3.HYOD
・品名:ST-W NEO-iD D3O※外部サイトが開きます

最後にアウターレイヤーです。
アウターはプロテクターがあり走行風によるバタつきを防いでくれるバイク用ジャケットとなります。


4.ROUGE&ROAD
・品名:マルチネックゲーター


5.RSタイチ
・品名:RSU232 防風インナージャケット

気温の変化に合わせて首にネックゲーター、フリースの上に防風インナージャケット着て調整。
どちらも生地が薄いので持ち運びに便利です。


保温性と通気性が両立したウェアですが、欠点としては物が良いだけにお金が多く飛んでいきます。

今後狙っているあったか装備


下半身も3枚重ねですが、まだ寒さを感じるためグレードアップしようと思います。

⇒ 投稿された日記はこちら


ちり太郎」さん、あったか装備コンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、ちり太郎さんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
アパレルに関連した記事