スポークホイールでも「チューブレスタイヤ」を組み込める?

出先や通勤途中やツーリング先で、得てして発生してしまうのが「パンク」である。一度でも経験したことがあれば、その厄介さには、誰もが閉口してしまうものだ。そもそも愛車のリムサイズに合致したタイヤサイズをチョイスしなくてはいけないが、組み込みたいタイヤサイズに、チューブレス仕様が無くてはお話しにならない。さらには「そもそもスポーク車だからなぁ……」なんて思うことも……。しかし、アルミ製ワイドリムを組み込む予定があるのなら、チューブレスタイヤをチョイスできるチャンスもある。

ラリー車やロングツーリング愛好家のあいだで密かに楽しまれているのが、スポークホイール車の「チューブレス仕様化」である。すべてのスポークホイール車が改造可能なわけではないが、やってみるだけの価値はある。


程度の良いアルミ製ワイドリムがベスト


キャストホイールからアルミ製ワイドリムに履き換えたり、タイヤチョイスの関係で、ワイドリムやタイヤ径の変更=タイヤインチを変更するケースは多々ある。そんなときに装着タイヤがチューブレス仕様なら、仮に、スポークホイールでも、チューブレス仕様にモディファイすることができる。まずは組み立て完了後のリムの内側、スポークニップル周辺をパーツクリーナーやアセトンで、確実に脱脂洗浄することから始まる。



丸く切り抜かれたブチル系テープをスポークニップルの上から貼り込む。このチューブレス化テープは、スポークホイールの専門店、フェイスのオリジナル商品だ。ニップルを中心に丸いテープをしっかり貼り付ける。


徹底的にエアー漏れ防止


エアー漏れ防止用の専用テープをニップル部分に貼り付けたら、ニップル外径に沿って凸凹部分や溝にシールテープを押込む。マイナスドライバーの先端で粘着部分をニップルに合せてしっかり押込むのが良いようだ。



エアー漏れを防ぐ専用テープをニップル周辺に張り込むとこのような感じに仕上がる。市販のチューブレスキットを利用しDIYでチューブレス化にチャレンジしているユーザーも多い。特に、アルミ製ワイドリムを装備するスーパーモタード系マシンでは、チューブレス仕様にするユーザー例が多いようだ。あくまで自己責任に於いてのカスタム事例となることを忘れずにいたい。

メッシュ入りテープで補強


ニップル部分からのエアー漏れを防止する専用丸テープを貼った後に、繊維入りで強い梱包テープをリムの内側、ニップル面外周に2周ほど巻き付けた。貼り込み時はテープに折れ目が付かないように、指先でしっかりテープを押し込みながらテープを巻いていた。



チューブレスタイヤを組み込んでしばらく走った後に、タイヤを外してテープを貼り込み改造した部分がどのようになっているか?確認したのがこの画像。リムビードに腐食などがなければ、エアー漏れすることはまず無く、チューブレス車として走ることができる。チューブタイヤのように、仮にクギが刺さっても、エアーがすぐに抜けてしまうこともないので、これなら安心だ。

アルミワイドリムならチューブレス


今回、チューブレス化の作業を進めたのは、アルミワイドリムの装着で個性を主張し、かっこ良くカスタムしたヤマハSDR。アルミワイドリムはエキセル製、ステンレススポークは、Dachi製ブランクをベースに、フェイスにてスポークベンダーで製作していただいた。Dachiのステンレススポークは高品質で靱性に富んでいるので、安心して利用することができ、しかもサビないのが嬉しい。

POINT
  • ポイント1・アルミワイドリムがベースならチューブレスタイヤ化は可能
  • ポイント2・チューブレス化する際には「チューブレス対応のタイヤ」を装着するのが基本条件
  • ポイント3・市販のチューブレスキットを利用して、DIYでチューブレス化も可能

新旧年式を問わず、カスタムマシン作りは楽しい!!バックミラー交換やウインカー交換がカスタムマシン作りの始まりで、その後、マフラー交換やハンドル交換、さらにはステップ交換を行い、ライダー自身の体格や好みのライディングポジションに合せてカスタム化は加速していくものだ。そして、足周りをいじり始めると、とにかく気になってしまうのが「前後ホイール」である。

70年代中盤以前、国産バイクはすべてチューブタイヤを採用していた。何故なら、ほぼすべてのモデルが、スポークホイール車だったからだ。そんな中、輸出仕様を皮切りにキャストホイールが登場し始めたのが70年代後半のことだった。その頃、すでにカスタムシーンでは、欧米製や国産でもキャストホイールが登場。しかし、当時はキャストホイール化のみで、まだチューブレス化になは至っていなかった。

そんな中、チューブレスタイヤを標準装備し、登場したのがホンダのコムスターホイール車だった。GL400やGL500、ホークⅡやホークⅢなどがコムスターホイール仕様で、チューブレスタイヤを標準装備していた。キャストホイールを採用していたメーカーでも、例えば、スズキの星形キャストホイール車は、80年代に入ってから登場したモデルでも、チューブ仕様を採用。まだまだパンクが多かったのが当時の道路環境。そんな時代を走ったライダーにとって「チューブレス化」は、大きな憧れでもあった。

ここに紹介するのは、3本スポークのキャストホイール仕様から、ワイドアルミリムにモディファイしたスポークホイール仕様のヤマハSDRカスタムである。スポークホイール仕様の美しさが好きだったので、キャストホイールからスポーク仕様へモディファイしたマシンオーナー。その際、タイヤの選択肢を増やすため、前後17インチホイールながらワイドリム化にもチャレンジ。そこで気になったのが「チューブレス化」だった。そもそもヤマハSDRの純正3本キャストホイール車は、チューブレス仕様だったので、尚更気になったのだ。

20世紀末の1990年代、世界的にスーパーモタードシーンが注目され、そのカテゴリーでの定番が、アルミ製ワイドリムを装着した前後17インチの極太ラジアルタイヤの装備だった。フロント3.00インチ、リヤ4.00インチのリム幅も当たり前で、そうなるとチョイスできるタイヤはチューブレス仕様が多い。当初は、海外のレースシーンでもチューブ仕様が一般的だったが、その後「チューブレス化」がトレンドになり、現在では、当たり前のようにチューブレス化が進んでいる。

そんなスーパーモタードシーンにおけるチューブレス化が、現在では、ロードバイクのスポークホイール車シーンでも普及し始めている。今回、作業依頼したスポークホイール専門店のフェイスでは、お客さんからオーダーがあれば、チューブレス化仕様へのモディファイを引き受けているそうだ。しかし、すべてのスポークホイールでチューブレス化が可能という訳ではなさそうだ。今回のモディファイでは、新品のアルミ製ワイドリムを使っているから問題は無いが、アルミリムでも、リムやスポークのコンディションが良くないときや、サビが発生するスチール製リムでは、チューブレス化はNGだそう。カスタマイズの世界も、日々進化していることを実感することができた。

個性的足周りで生まれ変わるカスタム車


3本スポークのキャストホイールから、アルミ製ワイドリムのスポークホイール仕様へモディファイしたことで、超個性的に仕上がったヤマハSDR。ステンレススポーク+黒アルマイトのアルミニップルがよく似合っている。このチューブレス化後、すでに2年以上ガンガン走っているが、エアー漏れが発生したことは一度も無い!!

関連キーワード
車種に関連した記事
足回り,タイヤ工具に関連した記事