ちょっとした工夫が明暗を分ける!バイクの冬眠でやるべき事【冬期保管方法まとめ】

冬は乗らない?そんな時は冬眠だ!でもその前に

真冬でも元気に乗るぜ!という方も多い一方、路面凍結、積雪、寒いのイヤ、などの理由で暖かくなるまで乗らないという方も居ます。
そんな時に心配なのが保管方法
変な保管方法で愛車が痛むのはイヤだし、春先に乗り出そうとしたら交換部品多数だったり消耗品が全滅してたりすると無駄な出費が嵩んでしまいます。

それは避けたい……。
そんな事にならない為にも保管準備方法を学び、安心して冬眠させておきましょう!

今回は意外な盲点や、ちょっとした工夫も交えてできるだけ愛車を労わる冬眠方法をまとめました。
「そんなの知ってる」という方も復習を兼ねて確認してみてください。

ガソリンは満タンの方が良いのか空の方が良いのか?

まずは超基本のガソリンタンク内のガソリンの処置から。
バイクの冬眠方法を解説している他サイトの記事を見ると「満タンにしておく」というのを推奨している方が大多数です。
コレ、間違っているとは言いませんが、時と場合によってはイマイチな事も……。

満タン式の良い点はタンク内で空気と接触する部分が減るので結露による水分混入が減らせる事。
ガソリンが少ないとタンク内の壁面が空気中に丸出しとなるので朝晩の温度差で結露し、場合によってはタンクの底に沈殿したりします。
水分沈殿に気付かないとタンク底に穴が開いたりしますし、そこまで行かなくても春先に始動しようとしたら燃料コックが吸うのは水ばっかりで全然始動しないなんて事もあります。
タンク内側は未塗装なので水分が入ると信じられないくらいサビますから、冬眠前にはガソリン満タンにしておきましょう!という話。

でも、満タンにしていてもタンク上面の内側は空気に触れているのでサビます
ガソリンが減っている状態よりは断然良いので、満タンにしておくのは基本ですが……。

ではもっと良い方法は無いのかと言うと、実はあります
それはガソリンを全部抜いて内部を完全に乾燥させておく事。
満タン方式の正反対。

この場合、タンクキャップは開けたままにするので、今度は空気中の湿気が常時出入り可能になってしまいます。
ですので、乾燥したガレージ(乾燥した納屋とかでも可)で室内保管してあるのが条件。
乾燥していない単なる空気中だと思いっきり内側がサビます(やってしまった経験アリ)。
つまり、『屋外でバイクカバーを掛けて保管』とかだと使えない手法です。

条件が厳しいですが、乾燥した屋内保管場所がある方はお試しあれ。
2stオイルを溶かした混合ガソリンを入れた後に車体を揺すってからガソリンを抜くと、タンク内面がオイルでコーティングされた状態になるので更にサビにくくなります

オイルはどうする?抜く?入れっぱなし?

4ストロークの場合、エンジンオイルを抜いておくべきか?というのも悩む部分でしょう。
これまた諸説紛々あるようです。
古いオイルが変質しないように抜いておく派、春先の乗り出し前に交換するのだから抜かないでOK派、一旦安物の新品に交換してから保管し、春先にもう一回本番オイルに交換派などなど、本当に様々。

オイルを抜く場合、困るのは冬眠中のエンジン始動が出来ない事です。
後述しますが、冬眠中も定期的にエンジンを始動したい場合にコレは問題です。

抜かない場合は古いオイルが長期間そのままになるので気分が良くないかもしれませんし、古いオイルがシール類を痛めるのではないかと不安になるかもしれません。

しかし、冬眠直前まで使っていたオイルが、何もしないのに半年程度でガンガン劣化して変質するとは思えません。
冬眠用として安い新品に交換しておくのは必要性の根拠が薄い気がします。
また、冬眠しているだけでシール類が痛むのであれば、解体屋さんで何年も屋外放置している廃車などから勝手にオイルが漏れ出すはずですが、そんな車両は見た事がありません。

そこで、私は「抜かずにそのまま越冬して春先の乗り出し時に交換する」をオススメします。
ガソリンタンク内の結露と同様に、エンジン内にも結露はするものなので、春の乗り出し時にオイル交換しましょう。

もちろんこの方法が唯一正しいと断言できる根拠も無いので、皆さんも何が一番良いのか考えてみてください。
一つだけ確実に言える事は、古いオイルを抜かずに春までそのまま入れっ放しだったとしても、オイルが原因でオイルシールが傷んだりはしません。

燃料コックはオフ!しかしコックが無い場合は?

燃料コックは必ず「OFF」にしましょう。
これは基本の基本、絶対です。
負圧コックなどで「OFF」が無い場合は「PRI」以外にしておきましょう。

……という話はよく目にすると思いますが、その理由は何でしょう?
冬眠中にエンジン始動しないならガソリンが減ったりはしないし、どの位置でも関係ないような気がしませんか?

じつはコレ、何もしていないくてもガソリンが減る事の対策です。
全く乗らなかったとしても、キャブレターは内部のガソリンが揮発して減っちゃうのです。

もし燃料コックがOFFになっていないと、キャブレター内のガソリンが揮発して減る → 減った分だけ少しガソリンがキャブレターへ送り込まれる → また揮発して減る、これを繰り返してしまい、最終的には濃縮されたガソリンの残骸がキャブレター内に溜まって大変な事になります!
満タンにしたはずのガソリンタンクも何時の間にか満タンではなくなってしまうのでサビが発生して大変な事になります!

更に、何らかの理由でキャブレター内部のチェックバルブ(キャブレター内のガソリン流入を制御している部品)などが破損すると、「ON」や「PRI」ではガソリンタンクが空になるまでガソリンを垂れ流してしまいます。
そんな事態を防止する為、タンクから下流にはガソリンが流れないようにしておくのが燃料コックの基本というワケです。

「ON」と「PRI(プライマリーの意)」は問答無用でガソリンが流れるコック位置なので、その位置はは絶対ダメ!
「OFFがあるならOFF」、「OFFが無いならPRI以外」、これでバッチリです!


ところで、最近のインジェクション車などはそもそも燃料コックがありません。
インジェクションは燃料をポンプで圧送する構造なので燃料コックは無いのが当たり前です。
どうすれば良いのでしょう??
これは何も気にしないで大丈夫です。
インジェクションの利便性は冬眠でエンジンを動かさない場面でも光ります。

キャブレターのガソリンは抜く!インジェクションは?

上でガソリンが揮発すると書きましたが、燃料コックをOFFにしたらキャブレター内のガソリンも予め抜いて空にしておきましょう

キャブレターにはドレーンボルトと呼ばれる「フロート内のガソリンを排出するボルト」が相当な確率で有ります(ややこしい事に無い物もあります……)。
これを緩めるだけで(完全に外さなくても良い事が多い)キャブレター内にあるガソリンを排出できるので、ぜひ実行しておきましょう。

これをやらなかった場合、内部のガソリンが腐ったり、劣化してタール状になった物がジェット類の穴を詰まらせてしまう確率が急上昇します。
キャブレターのオーバーホールをバイク屋さんに依頼するとかなり高価な工賃が掛かってしまうので、無駄な出費を抑えるためにも絶対やっておいた方が良いです。

インジェクションの場合はドレーンボルトはありません。
基本的にガソリンを抜くようにはできていない密閉性が高いシステムです。
と言うことは?
これは何も気にしないで大丈夫です。
半年くらい経過してもインジェクション内部のガソリンが変質したりはしません。
そのくらい密閉性が高いのです。
余計な儀式を一切必要としないのはインジェクションの地味な利点の一つです。

メンテナンススタンドが有ればタイヤを浮かす!無ければどうする?

冬眠で保管中は全く動かさないので、タイヤが転がる事もありません。
すると、タイヤと地面の接地している部分のトレッド面が凹んでしまう事があります。
ちょっとくらいなら冬眠開けに走って温めれば元に戻りますが、重量級の車両の場合はタイヤそのものが変形してしまう事も……。

高価なタイヤを使い切らないうちに廃棄するのは忍びないので、保管中は変形を防ぐためにも出来るだけタイヤを浮かせるようにしましょう。

後輪はメンテナンススタンド(レーシングスタンド)を使うのがベスト。
シーズンオフは保管用アイテムとして、シーズン中は通常のメンテナンス用アイテムとして大活躍するので、もし持っていないなら早めに購入してしまう事をオススメします。
ホントに整備の世界が大きく変わるので、冬眠する/しないに関わらず全員購入した方が良いです。

後輪用のメンテナンススタンドはそこまで高価では無いので何とかなるとして、問題は前輪。
ステムスタンドを使用するのが一番ですが、高価な事と未使用時に嵩張る事から未購入の方も多いです。

でも、やはりフロントタイヤも浮かせるべきです。
なにしろ車体重量の半分はフロントに乗っているのですから。

車体の下にジャッキを入れて浮かす方法もありますが、短期ならともかく長期的にエキパイ下にジャッキは当てたくないでしょう。
エキパイによっては普通に凹んだりするので、そんな事になったら泣くに泣けません。
できるだけステムスタンドを購入するようにしてください。

でもやはり資金が……という場合は次の項目へ!

タイヤの空気圧は高めに入れる、でもどのくらい?

保管中はタイヤの空気圧を少し高めておきましょう
冬眠中に車重でタイヤが変形するのを出来るだけ防止するのが狙いです。

メンテナンススタンドで車体を持ち上げてある場合は関係無さそうですが、冬眠で数か月経過すればかなり空気圧は減るものです。
春になって乗ろうとしたらほぼパンク状態で困った!という事態にならないために、冬眠前はいつもより高めに空気を入れておく事をオススメします。

ではどのくらいの空気圧にすべきでしょうか?
これは2パターンが考えられます。

1つ目はスタンドでタイヤを浮かせている場合
この場合、タイヤの変形は気にしないで済むので、純粋に乗り出し時の空気圧を考慮するだけで済みます。
月に5%落ちるとすると(タイヤや状態によって異なりますが、最大で5%程度ではないかと予想)4か月で元の86%まで減ってしまうので、通常より10%ほど圧を高めておけば概ね問題無いでしょう。

もう一つはスタンドが無くてタイヤが直接地面に接地している場合
この場合は空気圧が減る事よりもタイヤが変形したままクセが付いてしまう事を防止したいので、限界まで空気圧を高めておきたいところです。
とは言え、無茶な空気圧だとタイヤがバースト(破裂)したりエアバルブが壊れたりする可能性もあるので、上限は20%増といったところでしょうか。
もちろんタイヤメーカーは指定空気圧の20%増でも大丈夫とは絶対に言わないので、全て自己責任になります。

あと、出来れば冬眠中も車体を前後に動かして、1か所が接地し続ける事を避けたいものです。
適正空気圧のまま保管するのなら尚更です。

バッテリーのマイナス端子を外しておく、出来ればバッテリーごと外す

バッテリーは出来れば車体から外して室内保管したいところです。
そこまでしないにしても、バッテリーのマイナス端子は外しておきましょう

というのも、最近はイモビライザーなどでイグニッションがOFFでも微妙に電気が流れている事が多く、そのままだと春までに干上がってしまう可能性があるからです(暗電流と言います)。
イモビライザーのような装備が無い車両でも、意外なところで意外な電気を消費したりしている事があるので、元から絶っておけば確実です。

バッテリーを外す時はマイナス端子から外し、装着する時はプラス端子から結線します。
回線ショート防止の為なので、これは覚えてしまいましょう。

トリクル充器を繋ぎっ放しはアリかナシか?

上記のような暗電流や自然放電によって減った電力を回復させる「トリクル充電」という機能を持った充電器があります。
「繋ぎっ放しでOK」と謳っている充電器はコレ。

微弱な電流を流し続ける機能なので、繋ぎっ放しにしてこそ生きる機能です。
最近のトリクル充電はバッテリーの状態を監視しながら必要分だけを微弱充電するので、繋ぎっ放しにしても大丈夫!
というより、繋ぎっ放しにしてこそ真価を発揮するものです。

大昔、トリクル充電なんて充電方式が登場し始めた頃にはバッテリーの状態に関わらず一定間隔で微弱電流を流し続けるだけの物もありましたが、今の充電器でそんな野蛮な物はありません。
ただし、電気を流す以上、常に発火などの心配はあるので、もし発火しても被害の出ないように配慮しておきましょう。

安全性まで考慮すると、バッテリーを車体から外して単体でトリクル充電掛けっ放しにするのが一番良いです。

バイクカバー問題を考える

屋外で冬眠させる場合の永遠の課題、それがバイクカバー。

風雨に直接晒らせるのを防止するのと、直射日光や紫外線による劣化を防止するためにバイクカバーを掛けたいところ。
バイクカバーは間違いなく風雨と紫外線劣化から愛車を守ってくれます

問題はカバー内に湿気が溜まってしまい、カバー無しの場合よりも腐食が進んでしまう場合がある事。
地面の水はけが悪かったり常に湿度がある場合は大問題で、アスファルト舗装の駐輪場以外では常に湿気との闘いになります。

土の上に風呂場のスノコを敷いてからバイクを停め、バイクカバーを2重に掛けて保管していた事があるのですが、雨の翌日などは周りは乾いているのにバイクカバーの内部はビショ濡れな事が何度もありました。
無視してカバーを掛け続けていたのですが、なんと『メンテナンススタンドが内部からサビて折れる』というスゴイ事になってしまいました。

かと言ってバイクカバー無しの車両は目に見えてツヤが無くなりますし……。

そこで、オススメなのは『カバーは掛けるけど下は捲っておく』方式です。
風雨と紫外線はカバーでガードしつつ、湿気はカバーの下から出しちゃおうという作戦。
これだと車体の下の方はガード出来ませんが、湿気が篭ってしまう問題からはほぼ解放されます。

たまにカバーを外して干してあげるのが一番良いのですが、面倒臭くてなかなか実行出来ないので。

たまにはエンジンを掛けた方が良いのか?

冬眠中もたまにエンジンを掛けた方が良いという話があります。
エンジン内にオイルを循環させて腐食を防ぐ、熱で湿気を飛ばす、ピストンリングやカムシャフトやバルブスプリングが一か所だけ当たり続けるのを防止する、といった効果が期待できます。

ですが、これは短時間ではダメです。
少なくともエンジン内で結露した水分が飛ぶくらいは熱を入れ続ける必要があり、走らずに実現しようとすると結構な時間が掛かります。
水温が上がる程度では全然足りません。
まして、その時間ずっとアイドリングさせているのは、実は油圧が上がらずエンジンにダメージを与えているだけの可能性も有ったり無かったり……。

特に寒い時期はオイル粘度が高く、オイルポンプ的には簡単に油圧が上がるのでリリーフポート(油圧が高すぎる場合に油圧を開放する部品)がサッサと開いてしまいます。
でも実際には油圧は上がっておらず、カムシャフトなどの重要な部分の潤滑は不十分だったりします。
アイドリングの低い油圧ならなおさら。

ですので、個人的には油温が十分に上がって水分を飛ばせる時間が無かったり、始動直後から3,000rpm前後を維持して油圧を高めた状態を確保できないなら、定期的な始動なんかしない方が良いと思います。
これは結構微妙な問題なので、皆さまが何を信じるか?になりますが……。

オイルコーティングは超有効

しばらく乗らない間に車体の各部がサビてしまっていたら悲しいですよね。
でも屋外保管だとホントにサビやすく、困ってしまいます。

特にインナーチューブなどは点サビが発生しやすく、一度発生してしまうと根本的解決は新品交換しかありません。
とても高く付いてしまいます。

そこでオススメしたいのがオイルコーティングです!

これはそういった素晴らしい製品があるとかではなく、単純に部品にオイルを塗りまくる事を指しています。
廃油を使えば費用は0円!

やり方は簡単で、サビて欲しくない部分にオイルを塗りまくるだけ!
薄っすらコーティングなんて生易しいレベルではなく、ベットリ垂れるほど塗ります。

当然ベタベタになるので、そのままでは乗れないレベル。
でも、そのベタベタのオイルが確実にサビを防いでくれます。
インナチューブとか、鉄フレームとか、アルミ素材剥き出しのスイングアームとか、そういう場所には超有効。

春に再び乗り出す時はベトベトになったオイル洗い流さなければいけないのでかなり大変ですが、一旦洗い流せば冬眠前の姿をしっかり復活してくれます。
私は廃油をスプレー容器に入れて長期保管確実な車体に丸ごと噴霧していましたが、数年後、廃油にホコリが付いて真っ黒になっている車体を洗い流すと見事に復活しました。

半年近く長期保管の必要がある場合はオススメです。

PEA(ポリエーテルアミン)はイイぞ

ガソリンタンク内のガソリンが長期保管中に劣化してしまうのも心配ですよね?
そんな時にオススメなのがガソリン劣化防止剤(ガソリン添加剤)です。

そんなの効果あるの?と思うかもしれませんが、効果あります
ガソリン劣化防止を謳う製品のラベルを見ると、主成分に「PEA」と書いてあるはずです。
これは「ポリエーテルアミン」という物質の略称で、還元作用(酸化の逆の作用)が非常に強い物質です。

通常はタンクに入れて運転する事で燃焼室やピストントップや吸排気ポートに溜まったカーボンを分解して洗い流すための添加剤ですが、長期保管の際にガソリンと混ぜておくと確実にガソリン劣化を防止できます。

また、ガソリンタンクの水抜き剤という製品も(条件付きで)オススメです。
水抜き剤の主成分は「イソプロピルアルコール」あるいは「2-プロパノール」ですが、ようするにアルコールです。
アルコールはガソリンと水の両方に親和性があるので、ガソリン内に混入した水分と結合した後でガソリンとも結合する事が可能になり、タンクの底に結露した水分が沈殿するのを防止する事が出来ます。

完璧に思えますが、ガソリンパッキンの一部にはアルコール耐性の弱い物もあり、長期保管では悪影響が出るかもしれません。
特に90年代よりも古い車両ではアルコール耐性が低い可能性が高いので(90年前後からアルコール混合燃料が一般化し始めたため)、旧車の保管時に混合するのは向いていないかもしれません。

まとめ

POINT
  • ガソリンは満タンが基本
  • できれば完全に空にして乾燥させておく
  • オイルは抜かず、春先に交換するのがオススメ
  • 燃料コックはOFF(またはPRI以外)
  • キャブレター内のガソリンも抜いておく
  • インジェクションの場合は何も気にしないでOK
  • 出来ればスタンドでタイヤを浮かせておく
  • 空気圧は少し高めにしておくのがオススメ
  • バッテリーはマイナス端子を外しておく
  • トリクル充電器は繋ぎっ放しでOK
  • バイクカバーは通気性確保が重要
  • たまにエンジンを掛けるのは難易度高め
  • オイルコーティングはサビ防止に有効(でも大変)
  • ガソリン添加剤は有効(水抜き剤も場合によって有効)
以上、冬眠前にしておきいたい事でした。
けっこう大変……。
でも、ここでちょっと頑張っておくと、春の乗り出し時に余計な出費を抑えられて幸せに繋がります。
それでは良い冬眠生活を!

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
保管に関連した記事