オイル交換のキモ! ドレンボルトの締めはじめは必ず手締めで
エンジン音が静かになりトルク感もアップし、銘柄や粘度によってエンジンの回り方にも違いが出るので、オイル交換を楽しんで実践しているユーザーは少なくありません。しかし慣れるに従って作業が雑になると、思わぬミスを引き起こす場合もあります。エンジン下部で見えづらいからといって、ドレンボルトを最初からレンチで締めていませんか?

オイルに迷ったら、メーカー純正品を選べば間違いなし


サイドカウルはブルー/シルバーの2ピース構成で立体感のある造形を演出。エンジン前方に回り込んでいるシルバー部分がエキパイやエンジンオイルドレンボルト、オイルフィルターなどを巧みにカバーしている。

エンジンオイル交換はユーザーが手軽にできる日常メンテナンスの最も代表的な作業です。ピストンやミッションの潤滑、燃焼で発生する熱の冷却、圧縮圧力の密封など、4ストロークエンジンにとってのエンジンオイルはコンディション維持にとっての生命線で、定期交換は原付バイクでもメガスポーツでも必要不可欠です。

使用期間や走行距離によって、エンジン内で酸化やせん断を受けるエンジンオイルの交換時期は、機種や使用条件によってまちまちです。あるいはオーナーごとの考え方によって異なるといっても良いかもしれません。高価なオイルを短い間隔で交換すればエンジンにとっては幸いですが、お財布への負担は大きくなります。安価なオイルを頻繁に交換すればコスパは良いでしょうが、オイルのクオリティによってはエンジン本体の耐久性や摩耗に影響を与えるかもしれません。

その点ではバイクメーカーの名称がついた純正オイルは、最も安全かつ安心といえます。メーカー純正というと「可もなく不可もなし」というイメージかもしれませんが、自社の冠を付けるオイルの品質や性能に問題があるはずはありません。潤滑、冷却、密封など必要な性能を確保しているのは当然、その上で過酷なテストに基づいた耐久性とリーズナブルな価格まで実現しているのが純正オイルの強み。

オイル選びに迷った時は、メーカー純正を選べばまず間違いはありません。

 
POINT
  • ポイント1・排気量や使用状況に関わらず、エンジンオイルは定期交換が必要
  • ポイント2・バイクメーカーの純正オイルなら、性能と品質は折り紙付き

オイル交換のタイミングは5000km、または1年ごと


サイドカウルは上1本、下部2本の六角穴付きボルトで固定しているので、下側の2本を先に外してから上を外す。雨天走行などで跳ね上げた砂利や汚れが六角穴に詰まったままレンチを掛けるとなめる可能性があるので、汚れを落としてから緩める。

250ccクラスの人気モデル、ヤマハYZF-R25のエンジンオイル交換は、新車時は初回1ヶ月または1000km、2回目は5000km、3回目以降は5000kmまたは1年ごとと指定されています。その際に必要なエンジンオイル量は、オイルフィルター交換を行わない場合は1.8リットル、オイルフィルター交換を伴う場合は2.1リットルとなっています。

この交換時期を短いと感じるか長いと思うかは、バイクの使い方で左右されます。頻繁にツーリングに出掛けるライダーにとって5000kmはあっという間かもしれません。逆に1ヶ月に数回しか乗らない週末ライダーは年間走行距離が5000km未満と言うこともあるでしょう。

いずれにしても、時期が来ればオイル交換が必要になりますが、部品や用品をネット通販で購入するユーザーが増えたことで、DIYで交換作業を行う例が増えています。確かに、廃油受けを用意してエンジンのドレンボルトを外し、古いオイルが流れ出たらドレンを締めて新しいオイルを入れるだけなので、メンテ作業の中でも簡単な部類に入ります。

しかし単純な作業の中に慢心が加わると、思わぬトラブルにつながることもあります。

 
POINT
  • ポイント1・走行距離が少なくても交換は最長1年ごとに行う
  • ポイント2・単純な作業だからこそ、慎重さが必要

エンジンオイルを抜く際はドレンボルトを目視確認


カウル同士の接合部分を破損しないよう、ツメ部分をスライドさせながらシルバーのカウルを外すと、エンジン下部のドレンボルトがよく見えるようになる。オイルパン底部に下向きに付くドレンボルトが多い中、YZF-R25は左端前方に向けてある。

エンジンオイルを抜くためのドレンボルトは、エンジン内のオイルができるだけ多く抜けるよう(エンジン内に古いオイルが残らないよう)、エンジンの低い位置に取り付けられています。エンジン下部の真裏から締め付けられている機種や、サンプル車のYZF-R25のように前方に向いている機種もあります。

どちらの場合でも、もっとも重要なのは「ドレンボルトの位置を正確に把握するために目で確認する」ことです。作業環境によっては、地面に直接寝転ぶのは避けたいこともあるでしょう。しかしボルトの位置を手探りで見当を付けて、メガネレンチやソケットレンチがボルトの頭にしっかり掛かっているのを確認せずに工具に力を加えると、ボルトの六角部を傷めたり工具が外れて自分自身が怪我を負う場合があります。


カウルを外すと、メガネレンチでもソケットレンチでも真横からセットできるので作業性が向上する。R25の場合、たった3本の六角穴付きボルトを外すだけなので、手間を惜しまずカウルを外した方が良いだろう。車体左側からドレンボルトを緩める場合、工具を手前に引くことになるので、力を込めて引いても外れないメガネかソケットを使用し、スパナは使わないこと。

YZF-R25はドレンボルトを隠すような場所にサイドカウルがあり、この状態でもカウルの奥に工具を突っ込めばドレンボルトを緩めることができます。しかしひと手間を加えて事前にこのカウルを外せば、ドレンボルトの位置が明確に把握できてソケットレンチでもメガネレンチでも容易にセットできるので、無用な事故を回避できます。

「もう少しでボルトが外れる」というタイミングも、緩めながら見ていれば分かるので、廃油受けの中にボルトを落下させずに済みます。

 
POINT
  • ポイント1・ドレンボルトを緩める前に、取り付け位置を目視確認
  • ポイント2・ボルトへのアクセス性を向上させる「ひと手間」を惜しまない

ボルトは渋くない? 最初の数山は必ず指で締める



古いオイルを抜いたら、ドレンボルトをパーツクリーナーで洗浄してガスケットを新品に交換し、ボルトの根元まで指先で締め付ける。目視作業の重要性はここにもあって、もし古いガスケットがエンジン側に張り付いていても、締め付け前の確認で発見できる。

新品のガスケットは、ボルトがオイルパンに接触してから自ら潰れることでオイル漏れを防止する。指先でねじ込んで止まったところから工具で増し締めすると、ガスケットが潰れる手応えがあり、潰れきったところでそれ以上締める必要がないことが分かる。

そしてオイル交換時にドレンボルトを目視できる最大の利点は、ボルト締め付け時にあります。どんなネジでも、締め付け時にネジ山が相手に掛かる最初の2~3山が重要です。この時点でボルトが傾いたまま工具で締めてしまうと、相手の雌ネジに斜めに入ってしまい、そのまま締め付ければ雌ネジをなめてしまいます。

そうしたミスを冒さないためには、ボルトの掛かりはじめは工具でなく指先で締めるのが鉄則です。指の力であれば、斜めに入りかけたボルトが進まなくなった時点で何らかの異状が発生していることが分かります。

しかしドレンボルトの位置が見えづらい、手で運ぶより最初から工具で締めた方が楽だからといった理由で、メガネレンチやソケットレンチなどボルトから離れた位置で力を加える工具を使うと、指で回すよりボルトに加わるトルクが大きくなるため多少の渋さに気づかず締め込んでしまい、いよいよボルトが食い込んだところで「しまった……」と青ざめることになるのです。

多くの機種では鉄製のドレンボルトに対してエンジン側がアルミ合金の組み合わせなので、ダメージを受けるのはエンジン本体の雌ネジとなり、オイルパン交換や雌ネジ再生など、面倒でコストの掛かる修理が必要となります。

そんな苦い思いをしないためにも、ドレンボルトは数山分は必ず自分の指で回して、それから工具をセットして増し締めすることを心がけましょう。

もちろんそれ以前に、ドレンボルトのガスケットは締め付け前に新品に交換し、ボルトのネジ山をパーツクリーナーで洗浄しておくことも重要です。




オイルフィルターを交換しない場合、オイルの所要量は1.8リットルなので1リットル缶を2本用意しておく。ヤマハ車純正のヤマルーブプレミアムシンセティックは、エンジンに過酷な夏場の渋滞路など高温高負荷状況下でも蒸発が少ない、バイク専用にブレンドされた高品質化学合成オイルである。2019年4月よりパッケージがリニューアルされており、画像は旧デザイン製品。


1.6リットルほど入れたら車体を垂直に立てて、エンジン下部のオイルレベルゲージで油面を確認する。上限と下限の刻み線の間に収まっていれば良く、上限まで注入する必要はない。エンジンを2~3分アイドリングさせてから再度確認して、油面が下限より下がっていたら注油しておく。

 
POINT
  • ポイント1・ドレンボルトの「締め始め」で工具を使うのは厳禁
  • ポイント2・ボルトは指で回して、引っかかりを感じたら一度外して確認する
関連キーワード
車種に関連した記事
オイルに関連した記事