部品の組み忘れに注意!!エンジンを快調に保つオイルフィルター交換で気をつけるポイント

エンジン内部を循環するオイルに混ざる汚れを除去するオイルフィルターは、一般的にはオイル交換2回に1度交換するのが良いとされています。現在では交換が簡単なカートリッジタイプが主流ですが、エレメントをエンジン内に収める内蔵タイプも少なくありません。その内蔵タイプではいくつかの部品を組み合わせている機種もあるので、汚れたオイルで見失わないように確認することが重要です。

オイルフィルターは不純物や異物を取り除くために不可欠

オイルフィルターカバーボルトを緩めると、カバーの外周から雨だれのようにオイルが流れ出してくる。Z2のようにフィルターカバーにもドレンボルトが付いている機種もあるので、その場合は先にドレンボルトから抜いておく。カバーの周囲から流れ出るオイルをこぼさないよう、面積の広いドレンパンを準備しておくと良い。

社外マフラーのエキパイレイアウトが幸いして、マフラーを外さずエレメントを取り外すことができた。フィルターカバーやオイルフィルタープレートの端部は鋭いので、指や手を切らないように注意しながら取り外そう。

メーカーから出荷されたばかりの新車のエンジンの中には、クランクケースやミッションなどの内部パーツを加工した後に除去しきれなかった金属のバリが残っている可能性があります。また走行ゼロkmから走り始めれば、さまざまなパーツの端に残っていたゴミや切り粉が脱落したり、パーツ同士に初めて熱が加わって作動することで、摩耗や摩擦が発生することもあります。

そのためおろしたての新車は最初から全開走行をせず慣らし運転を行い、初回オイル交換は1000km程度と短い距離で行うことが推奨され、同時にオイルフィルターの交換も行います。カートリッジタイプのオイルフィルターは内部を見ることができませんが、フィルターエレメントをエンジン内に収めてカバーを被せるタイプの内蔵タイプの場合、細かく折り曲げられたエレメントのヒダの奥に金属の破片が見える場合もあります。

オイルフィルターがキャッチするのは新車製造時の切り粉だけではありません。走行距離を重ねることでオイルやガソリンが変質して生じる硬いカーボンデポジットはメタルやベアリングに悪影響をもたらす可能性がありますが、オイルフィルターがキャッチすることでトラブルを未然に防いでいます。また、添加剤好きのライダーの中には取っ替え引っ替えいろいろな製品を試している人もいますが、場合によっては添加剤の成分が反応してゲル化してしまうこともないとはいえません。そんな時にもオイルフィルターが防波堤になってくれます。

ただ、異物をキャッチし続けてエレメントの濾過面積が少なくなり、通過できるオイルが少なくなると問題が生じます。オイルフィルターはオイルポンプで送り出されたオイルが最初に通る場所ですが、人間の血管がコレステロールなどで詰まってくると血圧が上昇するのと同じようにここで詰まりが生じると油圧が上昇します。フィルターが詰まるとエンジン内部の潤滑が滞り大きなトラブルの原因となるため、オイルフィルターには油圧が一定以上に上昇するとフィルターをスルーしてエンジン内部にオイルを送るバイパスバルブという逃がし弁が組み込まれています

そのおかげで、極端に言えばフィルターが全部詰まってもエンジン各部の潤滑がいきなり失われることはありません。しかしフィルターを通過していないため、汚れも一緒にエンジン各部を回ることになります。そんなひどい状態になるにはオイル管理が劣悪なまま相当の距離を走る必要があり、バイクが好きなライダーの愛車ではそんな事態に陥ることはまずないはずです。

とはいえオイル交換だけを続けていれば良いわけではなく、トラブルを未然に防ぐ予防的な意味からもオイルフィルターも定期的に交換すべきなのは間違いありません。

マフラーやオイルパンに付着したオイルをパーツクリーナーで洗浄して、フィルターケース内のオイルも拭き取っておく。カバー外周のOリングが接する座面も同様。

POINT
  • ポイント1・新車の慣らし運転時だけでなく、走行距離を重ねたバイクでもオイルフィルターの働きは重要
  • ポイント2・オイルフィルターが目詰まりするとバイパスバルブからフィルターを通さずオイルが循環してしまう

内蔵タイプには誤組やオイル漏れの可能性があるので要注意

GPZ400Fやゼファーはオイルフィルタープレート(プレスで成型されたカップ)がオイルフィルターカバー側、つまりフィルターの下側に付く。カバーボルトの根元にフィルターエレメントをエンジン側に押しつけるスプリングがあり、そのスプリングとエレメントのゴムグロメットの間に左手でつまんでいる薄いワッシャーが入る。このワッシャーが無いとスプリングがグロメットに食い込みスプリングの張力が逃げてしまう。カバーボルトからエレメントを引き抜いた時にグロメット側にワッシャーが貼り付き、それに気づかずエレメントを捨ててしまうのはありがちなミスなので気をつけよう。

オイルパンのドレンボルトから抜けたオイルには透明感があったが、オイルフィルタープレート底のオイルは黒ずみ、粘度のように付着している。このエンジンではプレートがフィルターエレメントの下側にあるので汚れが分かりづらいが、フィルターの上にプレートが被さるエンジンではこうした汚れもフィルターエレメントに付着する。

パーツクリーナーや灯油で各パーツを洗浄する。フィルターボルトは中空で横穴がいくつか明いており、内部にスプリングとスチールボールの組み合わせからなるバイパスバルブが組み込まれている。オイルポンプから送り出されたエンジンオイルはフィルターエレメントの外周から中心に向かい、フィルターボルトを通ってエンジン各部の潤滑に使われる。

クランクケースの外側に装着するカートリッジタイプと、エンジン内部に収める内蔵タイプでは部品の構成こそ異なりますが、オイルフィルターの機能としては同じです。時代の流れで見ると、1980年代以前に登場した絶版車や旧車は内蔵タイプが多く、それ以降ではカートリッジタイプが主流となっています。また不整地や林道走行が多いトレールモデルはエンジン外部に付いたフィルターの破損リスクを軽減するため内蔵タイプが多いようです。

内蔵タイプにも2つのパターンがあります。ひとつはヤマハSR400やセローのように、フィルターエレメントをカバーで押さえるだけのタイプ。そしてもうひとつがZ1/Z2やGPZ900Rなどカワサキ系で一般的な、フィルターカバーとエレメントの中心を貫通するボルトで固定するタイプです。CB750フォアやCB750Fはフィルターカバーが深いカップ状で、クランクケースの外側に付くようになっています。

ここで紹介するクランクケース底面に取り付けるGPZ400Fタイプのオイルフィルターは、Z1/Z2からGPZ900R、ZZR1100、ZRX1100など歴代4気筒モデルにずっと採用されてきました。4気筒だけでなくGPZ250RやZZR250などの2気筒エンジンもこのタイプです。一方で4気筒でもZZR400やZXR400/750、ニンジャ250はカートリッジタイプを装備しています。

ケース底面のカワサキ内蔵式オイルフィルターは、純正マフラー以外の集合管を装着すると干渉して外せない=マフラー脱着が必要だったり、フィルターカバー中心のボルトを緩めるとフィルターケース内のオイルが外周から滴り落ちるなど、カートリッジタイプとはひと味異なる特徴があります(社外マフラーの種類によってはカートリッジタイプでも着脱が難しいものもありますが)。

その上で、このタイプのカワサキのフィルターは部品の組み合わせに注意しなくてはなりません。取り外したオイルフィルターからエレメントを取り外すと、貫通するボルトにはスプリングやワッシャー、エレメントに被さる浅いカバーがついています。スプリングとワッシャーはエレメントとフィルターカバーの間にあるため、無意識にエレメントを外すと組み立て順序が分からなくなってしまうことがあります。エレメントの中心部分にもゴム製のグロメットがはめてあるので、ちょっと考えればスプリングとグロメットの間にワッシャーが入るのが合理的であることは分かるはずです。

しかしエレメントを外した際にグロメットにワッシャーが貼り付いていることに気づかず、新品のエレメントにワッシャーを付けずに復元してしまう例は少なくないようです。また薄い鉄板をプレス成型したカップ(ゼファーのパーツリストではオイルフィルタープレート、GPZ250Rはオイルフェンスと記載されています)は、機種によってフィルターの上下どちらに付くかが異なるため注意が必要です。GPZ400Fやゼファーは下に付きますが、ゼファー750やZRX1100は上に付きます。複数のオーナーの手を経てメンテナンスの履歴がよく分からない中古車を購入した場合には、パーツリストやサービスマニュアルで部品の構成を確認しておきましょう。

さらにこのタイプのオイルフィルター交換時には、カバー外周やカバーボルト根元のOリングも新品に交換しなくてはなりません。見た目や触感で変形がなく弾力があっても、このOリングからオイルが漏れるとエンジンにとって致命傷になりかねません。またリアタイヤの前にオイルが垂れれば転倒につながる原因にもなります。

こうした手順の多さから、カートリッジタイプのフィルターに比べてメンテナンスが面倒だと感じるかもしれません。特にこのカワサキタイプは作業が要注意ポイントが多いフィルターであることは確かです。ただ先に述べたようにオイルフィルター次第でエンジンのコンディションが左右されるので、手間を惜しまず定期的な交換を実践しましょう。

フィルターカバー外周の径の大きなOリングとカバーボルトのOリングは必ず交換すること。スプリングとエレメントの間の薄いワッシャーも、もし入っていなければ純正部品を注文しておく。

デイトナ製スーパーオイルフィルターは純正よりフィルターの折目を増やして濾過性能を向上させた、旧車や絶版車に適した製品。異物を効率的に取り除くことでエンジン内部の摩耗を抑制する働きがある。フィルターカバーのOリングを交換したので、Oリングの丸い断面がリング溝から盛り上がっている。長期間オイルパンに押しつけられて平らに変形したOリングは面圧が低下してオイル漏れを引き起こす場合がある。

カバーボルト根元のOリングも新品に交換する。このOリングは潰れてシール性を発揮するので、フィルターカバーに差し込む際には抵抗がある。脱脂されたOリングを挿入するとゴムがねじれて切れるおそれがあるので、グリスを薄く塗ってからセットすると良い。

POINT
  • ポイント1・内蔵タイプのオイルフィルターを外した時は内部部品の組み立て順序を確認する
  • ポイント2・パーツ構成や組み立て順序が不安な時はパーツリストやサービスマニュアルで確認する
 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
車種に関連した記事
消耗品に関連した記事