プロが教えるドライブチェーンの調整のコツ!大切なのは適度なたわみ!
スクーターやシャフトドライブを除けば、原付からメガスポーツまでほとんどのバイクが、エンジンからの駆動力をドライブチェーン(以下チェーン)で伝達しています。
チェーンにはチェーンオイルの注油が必要なのは知られていますが、それと同様に重要なチェーンの張り具合、たわみ量の確認や調整も重要です。

チェーンのたわみがサスペンションの動きにも影響する!?


年式や排気量、オンロードやオフロードなどジャンルを問わず、動力伝達手段として、最もポピュラーなドライブチェーン。
原付に多い420サイズから大型車向けの530まで、さまざまなチェーンが使われています。
 
バイクのチェーンを長持ちさせるためには定期的な洗浄と注油が欠かせませんが、もうひとつ大事なことが「適度なたわみを持たせる」ということです。
ここでいう「たわみ」とは、前後のスプロケットの中ほどで、チェーンを上下に動かしたときの移動量を指します。
 
自転車では意識する機会が少ないチェーンのたわみが、なぜバイクには必要なのか?
その大きな理由のひとつが、リアサスペンションの存在です。
バイクのチェーンはスイングアームピボットを中心に上下に動くリアタイヤ、そこに組み付けられたドリブンスプロケット(リアスプロケット)と、エンジンに組み付けられたドライブスプロケット(フロントスプロケット)をつないでいます。
もし、ピボットシャフトとドライブスプロケットの中心が同一の位置にあれば、リアサスが動いてリアタイヤの位置が上下しても、前後スプロケットの距離は不変なのでチェーンのたわみは増減しません。
外付け変速機を持たない自転車と同じですね。
しかしほとんどのバイクのドライブスプロケットは、ピボットシャフトより前に取り付けられているため、リアサスが動いてタイヤが上下した際にドリブンスプロケットとチェーンの軌道にズレが生じてしまいます。
チェーンの適正なたわみ量は、このズレを吸収するために存在しているのです。

POINT

・チェーンメンテは清掃と注油、そして「適度なたわみ」が重要
・チェーンの軌道はタイヤの上下運動でズレが生じる。
「適度なたわみ」は、このズレを吸収するためにとても重要

リアサスが縮んでも,たわみが残っていることが重要



バイクの走行距離が増えてくると、一般的にチェーンのたるみは増加します。
スイングアーム下部でチェーンを摘まんで揺すって、上下にダルダルに動くのはたわみが大きすぎるサインです。
どの程度のたわみが適正かは、モデルごとの取扱説明書に記載されており、バイクメーカーによってはメーカーサイトで情報を公開している場合もあります。
 
ではそうした情報がない場合、どの程度のたわみ量に調整するのが妥当なのでしょうか?
ボルトやビスでは「緩まないように強めに締める」という気持ちが働くことがありますね。
それと同じように「緩めよりも張り気味の方が良さそう」と思うかもしれませんが、チェーンの場合は張りすぎは禁物です。
前後スプロケット間の距離と、スイングアームピボットからドリブンスプロケット間の距離の違いによって、サスペンションの縮み具合、つまりリアタイヤの位置によってチェーンのたわみ量が変化するのがバイク用チェーンの特長です。
 
そしてライダーの体重や走行状態によってサスペンションが縮むにしたがってチェーンのたわみは減少していきます。
つまり適正なたわみ量とはサスペンションがフルボトム状態でもなお、チェーンが突っ張らずたわみが残った状態であると言うことができます。
 
もし「緩めよりも張り気味の方が良さそう」という感覚で空車時のたるみ量を減らすとサスが縮むにしたがってチェーンの張りが強くなります。
前後スプロケット間のたるみがゼロになり、それでもなおサスに縮む余地があった時にはチェーンには過大な引っ張り力が加わって、一部分が伸びる「偏伸び」の原因になったり、ドライブスプロケットに大きな力が加わることで、エンジン本体に負荷を与える原因となります。
たわみ量が過大でもチェーンがスプロケットの歯を飛び越えたり外れるリスクがあり、また加減速の際にスイングアームに接触するなどの不具合もあるので、たるみ量が多ければ安心というわけではありません。
あくまで、機種ごとに設定された標準値内にセットすることが大切です。

POINT

・チェーンの張りすぎ「偏伸び」エンジン本体への負荷の原因になるのでNG
・チェーンの張りが緩いとスプロケットの歯を飛び越えたり外れたりするのでNG
・チェーンの張りは機種ごとに設定された基準値内にセットすることがとても大切

チェーンアジャスターは左右均等に調整する



チェーンのたわみ量を調整する場合、リアタイヤのアクスルナットを緩めた状態でアジャスター(チェーンプーラー)を動かします。
スイングアーム内部にアジャスターを内蔵する写真のバイクの場合、アジャストナットを時計方向に回すとたわみ量が減少し、半時計方向に回すと増大します。
この調整機構を採用するモデルの中には、緩み防止を目的にナットを二段重ねにした「ダブルナット」を使用している物もあるので、その場合は2丁のスパナを使って、下のナットを押さえながら上のナットを緩めます。
 

▲アジャストナットを緩める時は、下のナットを固定した状態で、上のロックナットを先に緩めます。ナットを締める時はその逆で、下のナットを締めてから上のナットを締めます。ダブルナットによって、振動などによるアジャストナットの緩みを防止します。

▲二段重ねのダブルナットの上段、ロックナットを緩めて調整している状態。アジャストナットを1/4回転回すだけでも、チェーンのたわみ量は顕著に変化するので、一回で大きく回さないようにしましょう。
 
アクスルナットを緩めてあれば、アジャストナットの回転によってチェーンのたわみ量の増減を確認できるはずです。
この時、スイングアームの左右でアジャスターの調整量が同じになるように、目盛りの位置を合わせることが重要です。
目盛りにもさまざまな仕様がありますが、このバイクはスイングアームの長穴の後端と、アジャスター本体に刻まれた線の位置関係で判断するタイプです。
 
さて、センタースタンドやメンテナンススタンドを使わず、リアタイヤが接地した状態で、たわみ量を調整すると、たわみ量を増やしたいときにリアタイヤがスムーズに前に移動しないことがしばしばあります。
アジャスターの刻み線は左右で揃っているのに、アジャストナット部分ではグラグラする。
このように調整部分に遊びがある状態でアクスルナットを締めると、走行中にアクスルシャフトがズレてしまう可能性があるので、たわみ量を調整した後には、アジャストナットを緩まないように締めつけることが重要です。
 

POINT

・チェーンアジャスターの調整量は左右で目盛り位置を合わせる
たわみ量を調整した後はアジャストナットが緩まないように締め付ける

軽く詰め物をして、アジャスター部分のガタを排除



チェーンアジャスターのナットを緩めた後に、アジャスター自体の位置を適正化するには、ドリブンスプロケットとチェーンの間にウエスやドライバーの軸をわざと食い込ませて、ゆっくりとタイヤを前進方向に回します。
後輪が浮いていなければ、バイク自体を、わずかに前進させてチェーンとスプロケットに食い込ませます。
食い込んだ時点でリアタイヤが回らなくなり、その反作用でアクスルシャフトが前進してアジャスターの遊びが取れるのです。
この時、左右のアジャスターは同時に前進するので、刻み線の位置が左右同一になっているかを、あらためて確認します。
この状態でチェーンのたわみ量を確認して、必要があれば再度調整を行います。
チェーンとスプロケットに手を近づける場合、チェーンに巻き込まれないよう細心の注意を払うことが大事です。
またアジャスターの遊びを取るだけにとどまらず、さらに大きな力でタイヤを回すと、チェーンやエンジンにダメージを与えるのでこの作業を行う際はくれぐれも用心して実施しましょう。

POINT

・リアスプロケットとチェーンの間にウェスなどを食い込ませて前進方向に回すとアジャスタの遊びが適正になる
・アジャスタの遊びを調整した後は、改めて位置が左右同一かチェック
・作業時はチェーンに手を巻き込まれないように細心の注意を払う
・大きな力でタイヤを回すと車両にダメージを与えるので丁寧に実施する

 

スムーズな走行とチェーンの寿命を延ばすためにドライブチェーンには適度なたわみが必要です。


たわみ量が多ければスイングアームやチェーンスライダーを傷つけ、少なければリアサスペンションの動きを阻害するなど、単純なようでいて奥が深いのがドライブチェーンのたわみ量調整です。
ただなんとなく、ではなく、たわみが必要な理由を理解することで、日常的なメンテナンスの重要性も理解できるはずです。
好調さを持続するためにも、自分でできるメンテナンスは自分でやってみましょう。

まとめPOINT

・チェーンの張り調整のコツは「適度なたわみ」
・チェーンアジャスターの調整量は左右で目盛り位置を合わせる
・作業時はチェーンに手を巻き込まれないように細心の注意を払う
・適度なチェーン張りで快適なバイクライフを!

 
Webikeでチェーンを見る
 
チェーンメンテアイテムはこちら
関連キーワード
車種に関連した記事
チェーンに関連した記事