ガソリンタンク内洗浄と同時に、積極的な「通気」確認も大切なメンテ

久しぶりにバイクに乗ろう!!動かしてみよう!!などと考えたときや中古車購入時などは、最初に行っておきたい点検が「ダソリンタンク内のコンディション確認」だろう。ガソリンが変質して悪臭を漂わせていないか?タンク内部がサビていないか?などなど、良いガソリンが流れてこない限り、最善のエンジンコンディションを得ることはできない。ここでは、ガソリンタンク内の点検とキャブレター内部にゴミやサビが流れ込んでいないか?積極的に確認点検してみたところ……

タンク内の覗き見が効果的

Roa02.jpg
Roa03.jpg

キャブレターなどの燃料系統トラブル時の原因、その根源になることが多いのが、ガソリンタンク内部のコンディションだ。タンク内部を覗き見できる形状のときには、懐中電灯の明かりを頼りに目視確認。内部通路の通気確認はロングノズルのエアーガンを利用するのもよい。スーパーカブのガソリンタンクや燃料ホースは点検しやすいので良い。

ジェットニードル針に段差摩耗が無いか?

Roa04.jpg

キャブレターの分解洗浄時には、最初にトップカバーを外してスロットルバルブを抜き取るが、そんなときにはスロットルバルブに取り付けられる針=ジェットニードルのコンディションを徹底的に点検しよう。針のバルブ寄り(スロットルバルブ全閉域)に段差摩耗があったりニードルが楕円になっているものは要交換。表面の汚れもエンジンコンディションに大きく影響する。

タンク内のサビ粉がキャブ内へ……

Roa05.jpg

現実的には、細かなサビ粉などは、ネットストレーナーの網をかいくぐってフロートチャンバー内へ達してしまう。その途中にフロートバルブがあり、そのバルブにゴミが付着するとバルブシートの閉じ(密閉)ができなくなり、ガソリン漏れ=オーバーフローの原因となってしまう

燃料コックとストレーナーの内部点検

Roa06.jpg
Roa07.jpg

この年代のスーパーカブはキャブレターボディに燃料コックとネットストレーナーが組み込まれる。ネットストレーナーの網目は想像以上に大きく、サビ粉は簡単に通過してしまう。サビ粉の汚れはこんな部分にも堆積するので、フロートチャンバー内にサビ粉を見つけた時には、キャブ内燃料通路を徹底的に洗浄しタンク内部も洗浄処理しなくてはいけない。

エアーガンでしっかりブロー&清掃

Roa08.jpg
Roa09.jpg

キャブレターの分解時は、単純に分解洗浄するだけではなく、徹底的なエアーブローを実践しないと、キャブ内通路に堆積したサビ粉などの汚れを吹き飛ばすことができない。汚れていないから、そのまま組み立て復元……では、同じトラブルが再度発生してしまっても不思議ではない。徹底的なエアーブローだけでも効果絶大だと考えよう。

キースター燃調キットでガスケット交換

Roa10.jpg
Roa11.jpg

キースター製燃調キットには、文字通り燃調=キャブセッティングするため各種パーツ以外に、オーバーホール要素用の各種ガスケットが含まれている。そんなガスケットを利用することで、単純なガスケット不良によるオーバーフローや燃料漏れ滲みを修理することができる。

真鍮フロートは穴あきに要注意

Roa12.jpg

旧車のキャブレター仕様車のフロートは、板金された真鍮部品をハンダづけで形成している例が多い。そんな真鍮フロートは、コンディション悪化や寒暖差や気圧の変化が起因して、パンクしてしまうことがある。パンクするとフロート内部にガソリンが流れ込み、フロートとして機能不全に陥り、オーバーフローが止まらなくなってしまう。フロートを分解したときには、耳元で振ることで「チャピチャピ音」の有無を確認しよう。

スムーズな吹け確認と試運転は必須!!

Roa13a.jpg

すべてを復元したらエンジン始動。まずはアイドリングが安定していることを確認したら、スロットルを軽く煽ってスムーズな吹け上がりを得られるか確認してみよう。普段、エアークリーナーエレメントを取り付けている車両は、エレメントとクリーナーケースのフタをしっかり閉じてから試運転しよう。普段と吸入系のコンディションが違うと、走りが変わってしまうのが旧車スーパーカブの特徴だ。

POINT
  • ポイント1・ キャブレターのオーバーフロー原因の多くがガソリンタンク内部にある。タンク内は常にコンディション良くしよう
  • ポイント2・部品を分解したら、各部品コンディションに「疑問」を持って徹底点検しよう

キャブレターからオーバーフロー(ガソリンが溢れて流れ出した)が始まった際には、その原因を突き止めないと、いつまた同じようにガソリンが流れ出てしまうかわからない。トラブルの根源は「キャブレター本体ではなく、その上流にある」ものだが、まずはガソリンの溢れを止めるのが先決だ。まずは燃料コックをOFFにしてガソリン落下を停止しよう。次に試してみる価値があるのが、ドライバーの柄などを使って、フロートチャンバー室周辺を、コンコン、コンッと小突くことだ。

オーバーフローの原因には、フロートバルブの閉じ不良がある。フロートアームが変形していて、キャブボディに触れてバルブを閉じきれないこともあるが、多くの場合は、ゴミや鉄粉がフロートバルブに引っかかったり付着してしまい、バルブが閉じていても隙間が生じてガソリンが落下し続け=ガソリンが溢れ出てしまうのだ。そんな症状のときに、フロートチャンバー室周辺をコツコッと小突くことで、振動でゴミが流れ落ちてバルブが正常に密着し、オーバーフローが止まることも実は多いのだ。

ここに実践しているのは旧型スーパーカブ。キャブ仕様車でオーバーフローが頻繁に起こったので、その都度、ドライバーの柄やハンマーの柄でフロート室やキャブボディを小突き、ガス漏れから回避していた。そんなある日、オーバーフローがなかなか止まらないので、意を決してしっかり点検&メンテナンスしてみた。その原因は、キャブレターよりも上流のガソリンタンク内にあった。旧型スーパーカブは、タンクキャップを外してタンクの底を作業ライトで照らすと、燃料ホースへつながる通路がよく見える。それと同時に、タンク内部のコンディションも確認することができる。ここでは、キャブ側の燃料ホースを抜き取り、ロングノズルのエアーガンを使って燃料通路をエアーブロー。さらにキャブを分解して内部確認してみると、思った通り、フロートチャンバー内には細かなサビ粉=鉄粉が残留していた。

つまりオーバーフローの原因は、ガソリンタンク内のサビである。臭いものにはフタではなく、元から断たなきゃダメ!!ってことで、後日、ガソリンタンクを取り外して、内部洗浄およびサビ取りを実践することにした。

 
今回紹介した製品はこちら
 
関連キーワード
20210625_garage_sale_point_336_280.png
車種に関連した記事
バイク用特殊工具,補修パーツ,メンテナンス小物に関連した記事